スマートフォン液晶が割れた時の修理方法

最終更新日:2015年7月27日

今やスマートフォンは私たちの日常生活に最早欠かせないものとなっています。

日々使うものだからこそ、うっかり手を滑らせて落としてしまったり、画面上に物を落としてしまったりして液晶を割ってしまったことがある方も多いと思います。

割れたまま使用しているとガラス部分が手に刺さることもありますし、なによりひび割れが進行して本体に重大な損傷を与えかねません。

今回は液晶が割れてしまった時に早急に対処できる修理の方法をご紹介致します。

1.Androidの場合は契約しているキャリアに修理を依頼する

先にデータのバックアップを取っておくと手間も時間も省けますので、ご自宅等で済ませておくことをオススメします。

現在契約しているキャリア(docomo・au・SoftBankなど)の窓口に持ち込みます。

キャリア契約がないMVNOの場合でも、キャリア販売のものであれば保障があります。

修理の他に、有料の保険に加入している場合はどちらかを適応することになります。

どちらも選択肢がある場合には、補償には年に2回しか使えない場合が多いので修理をオススメします。

補償は水没など修理では効かなくなった場合などに適応しましょう。

別途センターに出すことになりますので、その後の代替機なども窓口で手配してくれて大変楽です。

修理の場合、差がありますが修理期間が1週間~と長いことがデメリットとなります。

受け取りは希望したキャリアの窓口や自宅に届けてくれるサービスもあります。

その他には直接窓口に出向かなくてもオンラインで修理を依頼できるサービスもあり、上記の作業全てネット申し込みで可能です。

引き取りや代替機の到着までに若干日数は掛かりますが、自宅で全て利用出来るので時間がない方には大変便利なサービスになっています。


2.iPhoneの場合はAppleに修理を依頼した後、キャリアでの手続きを

iPhoneの場合、キャリアでは修理を受け付けていません。

Appleストアに持ち込むか、オンライン手続きなどで郵送の手配が必要になります。

Appleストアを利用する場合はGeniusBar(ジーニアス・バー)というサポート窓口になります。

事前にネットの予約をオススメします。

予約なしも可能な店舗があるようですが、基本予約のキャンセル待ちに割り込む形になるので時間が掛かってしまいます。

その日に受付すらできないこともありますのでご注意ください。

液晶修理だとその場で修理してくれることが多いです。

ただ本体も曲がってしまった場合は本体交換となりますのでデータのバックアップを忘れずに。

そして本体交換だと料金が大きく変わってきますので、支払の準備にも備えましょう。

配送修理サービスを申し込む場合はApple公式サイトかAppleサポートに電話して依頼しましょう。

iPhoneのシリアルナンバーが必要になりますので、契約書か本体などで事前に確認しておきましょう。

Apple指定の配送業者が受け取りにきてくれますので、自宅にいながら修理に出せます。

ここで注意したいのがSIMカード。

必ずApple側からも促されますが、抜き忘れてしまうと補償してもらえません。

必ず自身でSIMカードを抜いておきましょう。

わからない場合はキャリアショップに持ち込めば抜いてもらえます。

あとはiPhoneが手元に戻ってくるまで、代替機を借りましょう。

修理中だと伝えると手続きしてもらえますので、抜いたSIMカードを持って行きましょう。


3.Android・iPhone.修理に出さずに安く済ませたい場合

保険に入っていない場合は修理費も高く、修理に出してしまうと手元にない期間が長く不便なこともあると多いと思います。

手っ取り早く直してしまいたい場合には、非正規の修理業者に依頼することもできます。

こちらは本体交換はないのでデータが消えることがありません。

郵送での修理を受け付けているところが多いので、自宅にいながら修理を依頼できます。

持ち込みの場合、予約しておけば1時間ほどで作業してくれるところが多いです。

料金も公式に比べると格安で受け付けてくれます。

ただデメリットとしては非正規で修理してしまうと、今後公式でのサポートが受けられなくなります。

費用面のメリットと今後のデメリットを考えて選択しましょう。

液晶が割れたら早めに修理をしよう

以上が代表的な液晶修理の方法になります。

他にもオークションで部品を購入して自分で修理する手段などもありますが、知識がないとかなり難しいですし今後公式のサポートを受けられなくなりますので気を付けましょう。

今は直接店舗に向かわなくても修理を依頼できて、大変便利になっています。

配送代金などもキャリアがサポートしてくれる場合がほとんどです。

修理後も再発防止のために保護パネルや携帯カバーの使用をオススメします。

生活に欠かせないアイテムだからこそ、日頃の扱いに気を付けていきましょう。