スマホが反応しなくなった時の原因と対処法。フリーズ状態を解決しよう

最終更新日:2015年7月26日

いつもと同じように使っていたスマホが突然反応しなくなってしまった。

ということを経験した方も多いのではないでしょうか?これは「フリーズ」という現象です。

パソコンを使っている方なら一度は聞いたことがあると思いますが、俗にいう「固まる」という現象。

これはスマホでも起こり得ることです。

ここではそんなスマホが反応しなくなったときの原因と対処法についてご紹介します。

1.反応がしなくなりフリーズする原因

スマホが反応しなくなる原因は様々ありますが、一番多い原因が「RAMオーバー」です。

RAMとはスマホがアプリや機能などを動かす作業容量の事です。

例えるならキッチンの作業台の広さと思ってください。

この作業台は機種によって作業できる容量が決まっています。

この作業台で作業できる容量を超えたときにフリーズしやすくなります。

例えば、お使いのスマホの作業台(RAM)の容量が10あるとします。

基本的にスマホは、電源が入っているだけでもいくつかのシステムが動作するので、この時点で作業台の要領10のうち2くらいを使ってしまうのです。

キッチンの作業台に例えると、料理を作るために材料を切ろうとまな板を作業台に置く・・・。

この時点で作業台の3分の1くらいのスペースを使うと思いますが、スマホでもこのイメージと同じことが行われているのです。

では、どんなことをすると「RAMオーバー」になるのでしょう?もっとも多いのは、「実行中のアプリが多いこと」です。

スマホは機能の全てをアプリで実行します。

電話をかけるのも、メールをするのも、写真を撮るのも、全てアプリが動いています。

そして、そのアプリは完全に終了しないと、「バックグラウンド」という見えないところで、次に同じアプリを使うときにスムーズに起動できるように常に待機しています。

つまり、作業台にずっと残っている状態です。

これらの数が増えていき、最終的に作業台が全部埋まってしまうとスマホが反応しなくなり、フリーズが起きてしまいます。


2.スマホが反応しなくなり、フリーズした時の対処法

機種によってまちまちですが、フリーズしてしまった時は、まずはそっとして置くことです。

それでも直らない時は電池パックを外します。

電池パックはスマホの背面のカバーを取ると装着されているので、誰でも簡単に外せます。

ただ、注意していただきたいのは、最近のスマホ(Android)は電池内蔵型のものが増えています。

この場合、電池パックは修理工場でないと外すことはできません。

電池内蔵型のスマホの場合は電源ボタンを15秒以上長く押すことで、強制的に電源を切る仕組みになっていますので、この方法でフリーズを解消することができます。

しかし、機種によっては電源ボタンの他に音量ボタンを一緒に長押しする機種や、見えにくいところにリセットボタンがある機種もありますので、電源ボタンだけで改善しなかった場合はお近くのショップやインフォメーションセンターにご相談されることをオススメします。

iPhoneの場合は電源ボタンとホームボタンを同時に長押しすると強制的に電源を切る仕組みとなっていますので、フリーズした時は試してみてはいかがでしょうか。

しかし、ここで注意点があります。

それは、電池パックを外したタイミングや電源を切ったタイミングで、スマホのデータが消えてしまう可能性があるということです。

必ずしも消えるという訳ではありませんが、リスクがあるということだけは考えておいたほうが良いでしょう。


3.フリーズさせない為の防止策

先にご紹介した通り、「RAM」がフリーズを起こすか起こさないかの鍵となっています。

フリーズをさせない為には、マメに使ったアプリを完全に終了させることです。

だいたいのスマホは「設定」→「アプリケーション」→「実行中のアプリ」で、現在動いているアプリが一覧で確認できます。

その中から終了させたいアプリを選択して停止ボタンを押すとそのアプリは終了します。

しかし、どのアプリを終了させたら良いか解らないという方もいると思います。

そんな時は「タスクマネージャー」を利用をしましょう。

タスクマネージャーを使用すると、システム的なアプリは表示されず、機能的なアプリ(電話、メールなど)だけが表示されるので簡単です。

それでもちょっと自信がないという方やタスクマネージャーを使っているがRAMが減らないという方には、定期的に電源を再起動することをオススメします。

電源を一回切ることで実行中のアプリを終了し、再度電源を入れることで必要最低限のアプリだけを起動することになりますので的確です。

スマホが反応しなくなっても慌てないことが大切

スマホが反応しなくなっても慌てず落ち着いて操作しましょう。

慌てて色々な所を押したり操作しようとすると逆効果です。

また、万が一に備えて、定期的にスマホのデータのバックアップ(別のところにコピーして保存)をしておくことを強くオススメします。

大切な思いでは失ってからでは取り戻すことなできないのです。