スマホが故障したらどうすれば良い?まずは冷静になろう

最終更新日:2017年7月21日

スマホを長く使っていると、変な動作をしたり、読み込みが遅くなったりと「故障かな?」と感じることも多くなるものです。

もしくは長く使っていなくても、初期不良などで突然使えなくなってしまうこともあり得ないことではありません。

スマホは現代人にとって大事な生活ツールの一つですから、故障したときどうすればいいのかの方法は把握しておきたいものです。

今回は、スマホが故障したとき、取るべき行動についてご紹介します。

1.再起動を試み、改善しないか様子を見る

故障と言っても、実は少し様子を見れば改善し、今までどおりに使えるようになる場合も多くあります。

スマホは精密な機械なので、何かのきっかけで急に変な動作をすること、絶対にないことではないのです。

そんなとき「故障だ。困った」と慌てず、まずは様子を見ることを試みてみましょう。

まず具体的にできることとしては、電源の入れなおし、つまり再起動をしてみることです。

再起動することで、妙な動作をしていたプログラムが強制終了され、元通りになることがあります。

例えばスマホで電話ができなくなり慌てて携帯ショップに持って行ったのにも関わらず、ショップの窓口で再起動を試みただけで直ってしまった…ということはよくあることのようです。

故障かもしれないとはいえ、修理に出すとなるとなかなか骨が折れるものです。

修理に出すことを避けるためにも、一旦再起動をして様子を見ることが大切です。

2.パソコンなどで症状を調べる

実際問題、再起動しても改善しない場合ももちろんあるでしょう。

もしくは、再起動すれば解決するような問題ですらない場合もあります。

例えばタッチ操作がきかなくなってしまったり、電源が入らなくなってしまったときなどがあげられますね。

その場合は確かにどこかが故障してしまっている可能性は高いでしょう。

しかし、それでも自分でなんとか解決できる場合もあります。

スマホが使えないのではネット検索もしようがありませんが、パソコンを持っている人は、一旦落ち着き、パソコンで自分のスマホに起こっている症状について検索してみましょう。

同様の症状で困った人の話や、そうなったときの対処法などが見つかることも多いでしょう。

パソコンを持っていたり、仕事用のスマホがあったり、ネット環境が故障したそのスマホ以外にもある場合は、それをフル活用して解決できるようにもっていけるとベストです。

3.修理に出す

故障ですから、やはり自分ではもう調べても何をしても八方ふさがりで解決しない場合も多々あるものです。

その場合は、早めに携帯ショップへ持っていき、修理に出す手続きをするようにしましょう。

何をしてもスマホが直る気配がない場合は、実際問題スマホが使えなくて自分自身も困りますから、早いうちに修理に出すのが一番です。

故障内容によっては、修理に時間がかかる場合もあるので、早いことに越したことはありません。

修理工場がお休みになるお盆シーズンや年末年始も注意が必要です。

初期不良で自然に壊れてしまった場合は基本的に無償で修理してもらえるはずですが、自分の過失で壊してしまった場合は、修理代もかなり高くついてしまうことがあります。

予定外出費でつらいでしょうが、受け入れざるを得ません。

4.補償サービスを使い、新しいものに取り替える

最近は、スマホに対する補償サービスも携帯各社で充実しています。

毎月一定額の「保険料」ともいえる料金を支払うことで、故障したときになるべく安く新しいものに取り替えることができます。

ただ、注意が必要なのは、機種変更ではなくあくまで同じ機種の新しいものに取り替えるということです。

ですが、修理代金が高額の場合、補償サービスに加入していることで通常よりも安く取り替えができるので非常に便利です。

また、このサービスは利点は他にもあります。

修理に出すのであれば、一定期間、スマホを預けなければいけません。

修理内容によっては何週間もかかってしまうこともあるほどです。

しかしこの補償サービスを利用した場合は、基本的にすぐ新しいものと取り換えられることがほとんどです。

スマホが故障して使えなくなっては非常に困る人も多いでしょうし、そのための補償サービスです。

加入している人は積極的に利用しましょう。

5.機種変更をする

故障し使えなくなってしまったら、修理に出すことが一般的ではありますが、これを機に機種変更してしまうことも一つの手です。

スマホを使っていれば、どこかのタイミングで機種変更はするものでしょうから、早いか遅いかの違いだと思えるのであれば、思い切って機種変更してしまうこともありでしょう。

機種代に関しては分割できることがほとんどでしょうし、実際のお金は相当かかってしまっても、その時の出費は最小限に抑えることもできます。

修理に出すよりも、補償サービスを利用するよりも、一番早く新しいスマホを手に入れることもできます。

タイミング的にちょうど良ければ、機種変更も考えてみましょう。

スマホが故障したらまずは冷静になろう

スマホにはたくさんデータを入れる人も多いでしょうし、その分使いすぎて故障してしまうこともあるものです。

普段いつでも使うからこそ、水没させてしまうこともあるでしょう。

そんなときは焦らず、まずは様子を見ることです。

しかしそれでも改善しない場合は、携帯ショップに持っていきましょう。

そこで修理に出すのか、補償サービスを利用するのか、機種変更をするのか、ショップの窓口で相談してみるのも良いかもしれません。