女性のスネを触りたがる男性心理とは。エロ目的だけじゃない

最終更新日:2016年6月30日

男性には「○○フェチ」と言われるものがいろいろありますが、中でも「女性のすらっと伸びた足が好き」という「足フェチ」は多いのではないでしょうか。

そんな男性の中には女性のスネを触りたいと思っている人もたくさんいるでしょう。

女性にとっては、誰にでも簡単に触らせるようなパーツでもないからこそ、男性は「女性のスネを触ってみたい」と思うのかもしれませんね。

そこで今回は、女性のスネを触りたがる男性の心理についてご紹介します。

1.とにかくすべすべ感がたまらない

男性のスネといえば、すね毛がぼうぼうで、骨がごつごつしていることが多いですよね。

男性のスネなんて、触りたいと思う人のほうが珍しいでしょう。

見た目も決して美しいものではないため、最近ではわざわざ大金をかけて、エステなどですね毛を脱毛する男性もいるとか。

そんな男性からすれば、一本も毛が生えておらず、つるつる、すべすべの女性のスネは最高にセクシーで美しいものに見えるはずです。

すね毛が生えていたり、筋肉や骨でごつごつしている自分の足のスネと比べて、そのすべすべしたスネを思わず触りたくなってしまうのも無理はないでしょう。

自分にないものを女性に求めてしまう男性心理はごくごく当然のものだからです。

女性のよく手入れされたスネは、むくみもなく、ツヤや潤いもあって、発光しているかのように輝いています。

普段、けむくじゃらの自分のスネに見慣れている男性からすると、とにかく憧れの対象でしかありません


2.自分だけの彼女だというアピールがしたい

腕や肩、髪の毛などは、ただのボーイフレンドでも気軽に触ってくるパーツですよね。

しかしながら足のスネについては、どうでしょうか。

特別な関係でないと、やすやすと触らせる女性はいないのではないでしょうか。

ですから、女性のスネに触ってくる男性の中には「僕だけが彼女のスネを堂々と触れる」という思いを持ちながら触っているという人もいるはずです。

自分だけが彼女のスネを触らせてもらえるということは、彼女からの愛の証でもあると考えているため、彼女のスネを触ることで安心感を得ているのかもしれませんよね。

大勢の仲間と一緒にいるときに、男性があなたのスネを触ってきたりした場合、周りの男性に対して「こいつは俺の彼女だから手を出すなよ」とアピールしたいのかもしれませんよ。

何だか、単純で可愛いですね。

3.彼女の体に常に触れていたい

体にはいろいろなパーツがありますよね。

腕、頭、肩、膝、お腹、背中…そんなにたくさんのパーツがあるのに、スネを触る男性は、とにかく彼女に対して性的な魅力を感じまくっているためできるだけいろいろなところに触りたいと思っている可能性があります。

自分の欲望が抑えられない状態にまできているのかもしれません。

普段のコミュニケーションでは、男性が女性のスネに触ってくるということはめったにないからこそ、女性にとってもスネを触らせるなんて特別なことなはず。

それなのに、一方的にスネを触ってくるような男性は、あなたのことを体目的という目で見ている可能性もありますよ。

もしあなたが、さほど好きでもない相手から体のあちこちを触られたあげく、その手がどんどん足のほうに伸びてきてスネまで触られたら、ちょっと警戒しなくてはなりません。

その男性はおそらくあなたに対して大きな下心を持っているはずですよ。


4.まだまだ一緒にいたいという思い

気になっている男性や、愛する彼氏があなたの足のスネを触っているという状態を思いうかべてみてください。

女性としては、その手をはらいのけて、すぐに席をたつこともしにくいですよね。

男性は、もうすぐにバイバイしてしまいたいと思っている女性のスネをサスサスと触ったりはしません。

女性に対して「まだまだ一緒にいたい」「名残惜しい」「このまま時間がとまってしまったらいい」と思っているからこそ、無意識のうちに女性の足を触って、彼女が立ち上がってどこかへ行ってしまうのを妨害しています。

愛する彼が、あなたの足のスネをさすってきたり、もみもみしてきたりしたら、彼が「もう少し一緒にいてね」と甘えてきているサインかもしれませんよ。

あなたが「もう少し一緒にいてあげる」と言えば、きっと無邪気に大喜びするはずです。

愛情や好意のある相手から足のスネを触られるのは、愛情を感じることでもありますから、なんだか嬉しいことでもありますよね。

女性のスネを触りたがる心理を知ろう

女性のスネを触る男性だなんて、なんとなくエッチな男性かなと思ってしまいがちですが、実は、そこにはいろいろな心理が隠れているのが分かりました。

あまり知らない男性や、初対面の男性、知らない男性からは絶対触られたくないスネですが、大好きな彼から愛情をもって触られたら、とても幸せな気持ちになるかもしれませんね。