すね毛の上手な処理方法。ムダ毛のないキレイな足にしよう

最終更新日:2015年8月20日

夏の時期になると露出することが増える「すね」ですが、女性らしい白くて細くて無駄毛のないつるつるなすねを手に入れたいですよね。

自己処理をするとなると剃刀負けや剃りのこしなどでうまくキレイにすることができずに悩んだことはありませんか?

そこで今回はすね毛の上手な処理方法をご紹介します。

1.お風呂では処理しない

多くの女性がムダ毛を処理するのはお風呂のようですが、お風呂でムダ毛を処理するのは実はあまりよくないんです。

というのもお風呂は湿気が多く雑菌が繁殖しやすいですよね。

雑菌が繁殖している環境で剃刀負けなどを起こしてしまうと雑菌が傷に付着しやすくなって肌に痒みがでたり湿疹が出たりしてしまうのです。

また、お風呂は暖かく体の毛穴が開いた状態になり、肌は水を含んでふやけて柔らかくなっているので剃刀負けしやすく、開いた毛穴に雑菌が入りやすくなってしまうのです。

この二つを踏まえると、お風呂での剃刀を使った脱毛はあまりよくないということになりますね。

なので脱毛クリームなどのお風呂で使用することを促しているものでない限りはお風呂で入浴中に行うのではなく、入浴後などにすることで雑菌が入りにくく剃刀負けしにくくなるかもしれません。


2.せっけんやボディーソープでムダ毛処理をしない

ムダ毛を剃刀で処理するときに、身体を洗う時に使う「せっけん・ボディーソープ」を使っている女性は多いようですが、実はそのせっけんやボディーソープを使っての剃刀脱毛はNGだそうです。

せっけんやボディーソープは肌の汚れや角質を落とすために作られていて肌を柔らかくする効果があるものが多く、せっけんやボディーソープで肌が柔らかくなっているところに剃刀を滑らせると肌の表面を傷つけてしまい、かゆくなったり炎症を起こしたりしてしまいます。

また、せっけんやボディーソープの多くが余分な油分を落とすように作られているのですが、肌の油分は剃刀から肌を守ってくれる役割を果たしているのでせっけんやボディソープを剃刀の潤滑剤に使ってしまうと肌を守ってくれる油分を落としてから肌の上を剃刀が通ることになるので剃刀負けを起こしてしまうのです。

なので、剃刀負けを起こさないためにはせっけんやボディーソープを潤滑剤に使う事なく、剃刀用の専用ジェルやシェービングローションを利用して肌を最大限に保護しながら行いましょう。

3.剃刀の刃をこまめに変える・風呂場に放置しない

すねのムダ毛に剃刀を使っている女性は多いようですが、剃刀で肌トラブルを起こさないために必要なのが、剃刀の刃の状態を常によくしておくことです。

剃刀の刃が古くなっていたり使用を重ねていたりすると、切れ味が悪くなって何度も肌の上を滑らせなくてはいけなかったり、横滑りして最悪の場合は肌を切ってしまうことがあります。

かみそりのパフォーマンスを最大限に生かすためにはこまめに剃刀の刃を新しくして傷んでいる刃を使わないようにします。

また、気を付けてほしいのは、ムダ毛処理用の剃刀をお風呂場や洗面所などの湿気の多く残る場所に放置しないことです。

湿気の多い場所に放置してしまうとカビが付着したり、剃刀についたムダ毛・肌の角質などから雑菌が繁殖しやすくなります。

雑菌やカビが繁殖している剃刀でムダ毛の処理をしてしまうと肌や毛穴を傷つけながら雑菌を塗りこむことになるので肌荒れしやすくなります。

そのため、ムダ毛処理用の剃刀は使用後はしっかりと洗ってから清潔なタオルでしっかりと拭いて湿気の少ない場所に保存するように心がけましょう。

このように剃刀の方のケアをしっかりとしてあげることで剃刀負けや肌荒れを防ぐことができるかもしれません。


4.脱毛クリームを使う

剃刀負けをよくしてしまう人は脱毛クリームを試してみてはいかがでしょうか。

脱毛クリームは家でも簡単にできる脱毛で、すねにクリームを塗って放置し、スポンジなどでかるく流すだけでムダ毛をキレイに脱毛することができるクリームで、ドラッグストアなどで購入することができます。

さまざまなメーカーが販売しているため自分に合ったメーカーの物を選んでみましょう。

肌の弱い方は一度パッチテストを行って大丈夫なら脱毛クリームでムダ毛処理をしてみてはいかがでしょうか。

ただし、脱毛クリームを使う場合は注意事項を守って使うことをオススメします。

場合によっては剃刀よりもひどい炎症を起こす可能性もあるので不安な方は医師や薬剤師に相談しながら使用しましょう。

5.サロンで脱毛する

ムダ毛を毎日剃刀で処理するのは面倒…という方は一度、専用サロンに言って脱毛をすることをオススメします。

ブラジリアンワックスのように根毛からゴッソリ脱毛するタイプのものや、レーザーを使った永久脱毛など自分に合った脱毛を選ぶことができるますし、何よりも専門家と相談しながら行えるので安心ですよね。

キレイに脱毛したいと思う方は自己処理ではなく専門家に任せてみてはいかがでしょうか。

すね毛を上手に処理していこう

以上、5つをご紹介しました。

普段行っているムダ毛処理が実は間違っている…ということもあったかもしれませんが、これを機会に麻以外を修正してキレイなすねを手に入れましょう。