女性の手を触る男性

手を触ってくる男性の心理とは

最終更新日:2016年11月3日

あなたの手を男性が触ってきたらドキッとしますよね。

ドキッとしているのは自分だけなのか、お互いなのかとても気になります。

触る方は一体どんなことを考えて触ってきているのでしょうか。

いくつかのパターンをご紹介します。

1.あなたが好き

手を触るのは様子を伺いながらも、あなたに触れていたい気持ちの現れかもしれません。

本当はもっと距離を縮めたいけれど、照れ臭かったりあなたの気持ちが読めなかったり、少々の不安を抱えながらも一歩踏み出した結果が手に触れることだったのではないでしょうか。

本当は顔や頭などにも触れたいし、抱きしめたいなど色々考えている可能性が高いです。

付き合いたてのカップルや、付き合いそうな関係に多く見られるかもしれませんね。

相手は勇気を出して頑張ってくれているのであなたもその男性に好意があるならば、その勇気に答えてあげましょう。

次はもう一歩進めるはずです。

二人で仲良く歩み寄ってくださいね。


2.繋がっている証をアピールしたい

手に触れたときの状況が周りに人が居て触れてきた場合、周りに誰がようと繋がっている。

という事をアピールしたかったのかもしれません。

絆を再確認したのでしょう。

または、側にいるんだというアピールだったかもしれません。

そんな状況、誰だってドキドキしちゃいますよね。

あなたも側にいる事を感じ取れて心地良い気持ちに慣れたのではないでしょうか。

そんな心地良さを見て、男性も心地良く思えているはずです。

二人の間に微笑ましい雰囲気が流れていることでしょう、


3.手の感触が好き

男性の手は割とゴツゴツしている人が多いので、女性の手は柔らかくふんわりと感じられるのかもしれません。

これは手だけに限らず体の作りが男女で差があるため、ないものねだりをしているのでしょう。

人間誰でも無いものねだりはするものです。

女性から見ても、ゴツゴツとした男性の体つきは魅力を感じますよね。

それと同じで男性も女性の柔らかさに魅力を感じているのです。

お互いに無いものを与え合うことで満足感が得られるのでしょう。

いつまでも、お互いに求めていきたいですね。

そんな二人の関係になれたら仲の良いカップルや夫婦で居続ける事ができるでしょう。

ずっと手を触れ合うような素敵な関係を築いてくださいね。

とても幸せなことですね。


4.あなたの頑張りを認めている

あなたは頑張り屋さんではありませんか?

一言に女性の手は柔らかいと言っても職業や環境によって感触は様々です。

細くスベスベな手がいいとは限らないのです。

あなたが水仕事をよくしていたら荒れている手にもなるし、デリケートなお肌なら多少乾燥している手になるでしょう。

そんな頑張った赤司が現れている手を触ることで、あなたを労う気持ちになっているのかもしれません。

優しさに溢れている行動です。

男性は、あなたの手だからこそ触りたくなるくらい好きですのでしょうね。

手荒れや乾燥など気になる部分ではありますが、そこはこのパターンではさほど重要ではないのかもしれませんね。

そんな時はありがたく甘えてみてはいかがでしょうか。

あなたも気が楽になるはずです。

たまには力を抜いて頑張り過ぎないようにしてくださいね。


5.男性が甘えている

あなたと手が触れていることで安心できるのかもしれません。

手はただの手にすぎませんが意外と安心するパワーがあるもの。

「傷を手当する」の手当てとは元々手を当て治してている状況を言っているのです。

ヒーリングですね。

体温も感触も心地よく安心するパワーが宿っているのかもしれません。

そんな時は甘えさせてあげるのがいいのではないでしょうか。

あなたのヒーリングで男性は癒やされていることでしょう。

何か不安な事でもあったのかもしれません。

あなたも不安な時に誰かの手に触れていると落ち着きますよね。

なにがあったかを確認するよりも、まずあなたの手を求めている男性の心をぜひ手当してあげましょう。

あなたがそう思いながらそばにいることで男性はよりいっそう安心できるに違いありません。

ヒーリングなんて信用できないなんて思う人もいるかもしれません。

けれどその手で癒やされたいと思って触れ合うことで癒やされていると脳が感じれば立派なヒーリングになるのではないでしょうか。

優しく見守ってあげましょう。

手を触れ合うことは愛情の証

手というものは、ある意味キスや抱き合うよりも気持ちがなければできないものだったりします。

ですから、どのパターンにおいても大前提であなたが好きです。

好きでないなら触られた瞬間不快になりますよね。

不快になる事なく上記のパターンのどれかに当てはまるといいですね。

手に触れてドキドキできるのなんて最初のうちだけですので、今しか思えないドキドキです。

その触れ合いをお互いに大事にしてください。