年上女性が好きな男性の心理。なぜ年上女性が好きなのか

最終更新日:2015年8月17日

年上の女性ばかり狙う、年上好きの男性いますよね。

そんな人は、年上女性のどんなところに惹かれているのでしょう。

今回は、年上女性好きの男性の心理についてご紹介します。

1.甘えん坊で年上女性に甘えたい

年上の女性と付き合う最大のメリットは、男性が心置きなく甘えられるという部分ではないでしょうか。

甘えたり甘えられたりは、男女の年齢差など関係なく、男女交際に付き物なのですが、敢えて年上の女性を好む男性は、自分が甘えられるのはそんなに好きじゃないけれど、自分は相手に思う存分甘えたい、という人が多いようです。

ある意味、自分の彼女にも、母親のような愛を求めてしまうという深層心理もあるでしょう。

母性は誰にでもありますが、やはりそれが強く出やすいのは、年上の女性の方です。

年上好きの男性は、恐らく甘え上手な性格の人が多いはずです。

そんな自分の性格と相性ピッタリだからこそ、年上の女性にばかり惹かれてしまうのですね。

ある意味、マザコン気質とも言えるでしょう。


2.大人になり切れない

ある方面では、現代の男性が持つ精神年齢は、実年齢の0.7掛けした数字である、と言われています。

つまり、精神的に未熟な男性が昔よりも増えているという説がまことしやかに囁かれているのです。

ただでさえ、このように精神が未熟だと言われているのに、その中でも特に幼い気質を持つ男性も、ある程度は存在します。

そんな少年のような心を持つ男性を受け入れてくれるのは、やはり包容力のある年上の女性です。

年下男性×年上女性の組み合わせなら、最初から男性側の方が幼いという心構えを持って交際を始めるため、付き合ってから女性に「意外に幼いな、この人」と思われて破局を迎えることが少なくて済みます。

年上女性と交際している限り、いつまでも少年の心を捨てずにいられるということも、彼らにとってのメリットのひとつなのかもしれません。


3.精神年齢が高い

先ほどとは真逆の理由ですが、精神年齢が高く、同世代とは話が合わない男性も、年上の女性を好みます。

子供時代に大人とばかり接していたり、周囲より早く社会的地位を得た人などは、年下の女性はもちろん、同年代の女性も幼く感じてしまい、物足りないと思ってしまうようです。

そんな人は、年上の女性と付き合って初めて、話も合うし対等な関係を築くことができるため、年上以外は眼中に無くなってしまいます。

また、その精神年齢の高さから、若い男女の付き合い方のような、その時楽しければ良い付き合いを好まないという性質もあります。

そのために、落ち着いて堅実な付き合いができそうな、年上の女性を狙うという理由もあるようですね。


4.色々なことを教えてもらいたい

年上の女性の方が、男性よりも数年は長く生きているのですから、人生においての先輩という見方もできます。

そのため、男性から見て、自分が知らないことや、まだ経験していないことを年上女性の方がたくさん知っているわけです。

その知識や経験を教えて欲しいがために、年上の女性を好む男性もいるようです。

知識の深い異性に魅力を感じるのは、男女関係なくあり得ることですが、その知識欲が特に強いと、恋人選びのポイントとして、相手の知識を得られるかどうかを重要視する傾向があります。

このような理由を持つ男性は、真面目で、双方にとって有意義な男女交際をしたいという合理的な考えを持つ人が多いようです。

男女交際も、楽しいばかりではなく、自分の糧にしたいという考えから、より色々な知恵を得られる相手を選んでしまうということですね。


5.性的嗜好が熟女に向いている

性格の相性やスペックなどを抜きにして、純粋に熟女好きであるために、年上の女性にしか性的魅力を感じないという男性も、もちろん存在するはずです。

この性的な嗜好というものは、思春期の性への目覚めのきっかけになった媒体が何かによって決まると言われています。

ですから、思春期に熟女系のアダルト媒体が身近にあった人は、年上好き、それもやや年齢差がある女性を好む大人になってしまう可能性があります。

性的な好みは、恋愛感情と密接につながりがあるものですから、そんな理由で年上を好む男性がいたって、何も不自然ではないし、不潔なことでもありません。

むしろ、純粋に本能から相手に魅力を感じて恋しているのだと思うと、納得がいきますよね。

年上女性が好きな男性の気持ちを知っておこう

年上の女性を好む男性の心理を、5つご紹介しました。

もちろん、年上好きの男性から見れば、ここでご紹介した以外の理由も存在するとは思いますが、この5つの中のどれかは、必ずと言ってよいほど当てはまるのではないでしょうか。

男女の交際に年齢なんて関係ないという説もありますが、やはり、年齢差を加味した方が上手に付き合える場合もありますよね。

あなたの周りの年下男性に、こんな傾向が見られたら、アプローチしてみるのも良いかもしれません。