頭頂部の薄毛が気になる時の対処法(女性編)

最終更新日:2015年12月6日

薄毛は気になるけれど、ヘアスタイルは楽しみたい。

今回は女性の頭頂部の薄毛が気になる時の対処法をご紹介します。

1.分け目を変えてみる

いつも同じ場所で髪を分けていると、いつもそこに紫外線などのダメージを受け続けていることになります。

地肌への負担も蓄積されていき、それが薄毛の原因になっていることもあります。

ときどき髪の分け目を変えましょう。

そうすることにより、根元が立ちあがりやすく、地肌が見えにくくなる効果もあります。

ちなみに、髪をあまり強く引っ張って結ぶことも避けたほうが良いでしょう。

大切なことは、頭皮の同じ場所にストレスをかけ続けないことです。


2.ポンバドール風の髪型にする

ヘアアレンジで薄毛を隠す方法の一つです。

前髪をまとめて頭頂部を覆い、ヘアクリップなどで留めます。

そうすることによってつむじあたりの薄毛を隠すことができます。

3.ドライヤーで髪を立ち上げる

頭頂部の髪に水を付け、上向きに引っ張り上げながらドライヤーの熱風で乾かします。

乾いたら、そのまま冷風を十秒ほど当てて、冷まします。

これを、ボリュームを出したい部分の髪に少しずつ行います。

最後に、ミストスプレーなどで立ち上がった髪を固定すると良いでしょう。

ただし、スプレーが頭皮にあまりかからないようにしてください。

頭皮の毛穴を詰まらせないようにするためです。


4..ヘアバンドを付ける

物理的につむじなどの頭頂部を隠してしまう方法です。

帽子を被れば解決しますが、帽子だと取らなくてはならないシチュエーションになってしまうことがあります。

また、取ったときにヘアスタイルが乱れてしまう危険性もあります。

少なくなった髪が乱れてしまうとそれは悲惨な事態になってしまいます。

ヘアバンドならそんな心配はありません。

薄毛を気にしているどころかむしろ積極的におしゃれを楽しんでいる人になりましょう。

ヘアバンドファッションを楽しみましょう。

3.明るい髪色にする

思い切って髪の色を明るく変えてしまいましょう。

イメージチェンジにもなります。

髪が細く薄くなってくると、目立ってしまうのが髪の隙間から覗く地肌の白さです。

つややかな黒髪もいいけれど、黒の中に白、はとても目立ちます。

髪色を明るくしてみましょう。

また、ウィービングやメッシュもオススメです。

髪色に変化を付けると、さらに地肌の色が目立たなくなるでしょう。


4.ヘア・ピースを使う

カツラ、と聞くとおばさんになってしまったような気分にもなりそうですが、いわゆるカツラではなく部分的に髪を増やすヘア・ピースを付けてみましょう。

ドラッグストアでもネット通販でも手に入ります。

気を付けることは、髪質や形、そして色の選び方。

自分の髪質や気になる範囲を考え、髪色と合わせて選びましょう。

また、人毛でできたものには自分の髪と同じようにカラーリングしたりパーマをかけたりできるものもあります。

上手に選んで、気になるつむじを見えなくしてしまいましょう。

5.ヘア・パウダーを振りかける

ヘア・ピースだと取り付けるのにコツが要りそう、万が一取れてしまうのが心配、というときは、ヘア・パウダーを気になる部分に振りかけましょう。

一昔前は男性専用のイメージがありましたが、今ではコスメの一つとして、女性用におしゃれなものがいくつか販売されています。

鏡を見ながら、白く透けて見えている部分に直接色を付けてしまうのです。

もちろん、自分の髪色に合わせたものを選びましょう。

大切なことは、仕上げにミストスプレーなどでパウダーをしっかりと髪に定着させることです。

寝る前にはきちんとシャンプーで洗い流しましょう。


6.頭皮マッサージをする

これは即効性のある対策と言うよりは長期的な対策になりますが、毎日頭皮をマッサージしてみましょう。

血行が悪くて堅い頭皮だと、健康な髪が育たなくなる恐れがあります。

そしてその結果、抜け毛が増えてしまう可能性かあります。

日ごろのスキンケアに頭皮のケアもプラスしましょう。

育毛剤を使うのも良い方法です。

潤いを与えて、頭皮を柔らかくすることが大切です。

頭頂部の薄毛でもオシャレをしていこう

顔も頭皮も、同じ肌です。

丁寧にお手入れをすれば、手ごたえを感じられることでしょう。

薄毛を気にしすぎると、せっかくオシャレをしても消極的になってしまいがちです。

薄毛対策しっかりして、積極的に外へでましょう。