タオルが臭い時の原因と対処法5つ

最終更新日:2016年2月23日

一度使ったタオルを使おうとした時に、思わず臭いと思った人は多いでしょう。

タオルは色々な頻度で使うものですから、嫌な臭いのするものは使いたくないものです。

タオルの臭いの原因となるものには、いったい何があるのでしょうか。

1.数時間のタオル放置が臭いの元

家でも様々な用途で使用しているタオルですが、その頻度によっても臭いが出やすいものがあります。

風呂上りにはバスタオルを使ったり、手を洗った後には手拭タオルを使用します。

料理の時にはまた別のタオルで手を拭いたりしますが、用途と頻度によっても臭いの元が違ったりします。

しかしいずれの場合においても、タオルを放置することでタオルについている雑菌が繁殖することによって、臭いを発生させることになります。

例えばバスタオルを使う時には、2~3日に1回の頻度で取り替える人もいますし、毎日交換する人もいます。

1日2回シャワーを浴びる人もいるので、バスタオルを毎回用意するのは大変です。

1度使っても乾かせば大丈夫だと思って使用していれば、タオルについた雑菌がいつのまにか繁殖してしまいます。

ですから次に使おうとした時に、嫌な臭いを発するタオルになってしまいます。

できればどのタオルも毎日の交換をして洗うのがオススメです。


2.なかなか落ちないタオルの雑菌

タオルが臭う原因は、雑菌がタオルで繁殖した事のよるものです。

一度使ったタオルを放置することで、雑菌が繁殖することを助けているのと同じです。

また同じタオルを使い続けていると、タオルに臭いが染み付いてしまっていて、なかなか落ちないことがあります。

タオルの繊維の中にまで雑菌がこびりついてしまうことが原因で、普通に洗濯機で洗ったくらいでは雑菌が落ちないで残ってしまうことがあります。

臭いだけではなく、汚れもタオルの繊維にこびりついてしまうので落ちないで残ってしまうので、衛生面的に見てもあまり良いとは言えません。

一度使ったタオルならば、よく乾燥する場所において置くことで雑菌の繁殖を抑えることもできます。

臭いの原因が生乾きや濡れた状態での放置なので、風通しの良い所に置いておくと繁殖しにくくなります。

3.タオルに蓄積した菌が原因

タオルを使用したあとには、ただタオルが水で濡れているだけではなく、様々な菌がついていることが多いです。

例えばバスタオルでは、風呂上りにキレイになった体を拭くものですが、髪の毛から足の先まで拭きます。

洗い残しがあったりすれば、それがタオルについて臭いの原因となってしまうことになります。

皮脂や体の油分がついたタオルを使っていて、それを次に使う時には半日から1日後になりますので、その間に菌が繁殖することになります。

お風呂に入っての完全に汚れを落とすことは難しいので、洗い残した部分がどうしてもタオルについてしまいます。

またフェイスタオルや手拭タオルも同様で、少なからずの汚れが付着することになります。

菌は半日もすれば繁殖をしてきますし、手拭タオルなどは半渇きのまま放置していることが多いので、菌が繁殖しやすいく、臭いの原因ともなってしますので、注意が必要です。


4.使い続けているタオルが原因

タオルが臭う原因は、濡れたタオルを放置することで雑菌が繁殖し、それが臭いの元のなることでした。

しかし毎日洗い続けていても臭いが取れなかったり、すぐに臭いが気になってしまうタオルがあります。

原因はタオルを使い続けることによって、水の吸収性がアップしますが、同時に雑菌を吸収する力もアップすることにあります。

タオルの繊維に雑菌がこびり付きやすい状態になっています。

これが毎日洗濯をしたり、乾燥をさせていても臭いを発する原因となってしまいます。

ですから、使用したタオルはすぐに洗うことも大切ですが、古くなったタオルを処分することも考えなければなりません。

見た目にはキレイでも、雑菌が付いているタオルで体を拭くのはやはり、衛生面的に見てもよろしくはありません。

5.洗濯機が臭いの元かも

洗濯機は見えている表面はキレイでも、ドラムなどの外側にはカビが大量に発生していることがあります。

タオルの臭いの原因として、雑菌が挙げられますが、この雑菌が洗濯機であらうことで付いてしまうかもしれません。

洗濯機には洗剤の残りカスやゴミなどがたくさん溜まっています。

しかも水を使うので、乾ききっていない所には当然カビが発生していまうのです。

便利グッズなどで掃除道具が販売されていますが、表面の汚れは落ちてもなかなか内部の汚れまでは落とせないのが現実です。

キレイに使用としている洗濯機が、実はカビで覆われていたとなっては本末転倒です。

臭いを発するものがタオルでも、元の原因を直さないと臭いを間然することはできません。

月に1度でも定期的にメンテナンスをすることをオススメします。

タオルの臭いを解消しよう

タオルの臭いの元は、タオルに付いた雑菌が原因でし。

毎日使うタオルですが、目的によっても使用頻度が変わってきます。

一度使ったタオルを乾かせば大丈夫だと思っていても、実際は雑菌が繁殖していることがあります。

できれば使ったタオルは毎日洗濯をして、常に乾いた状態にしておくことが望ましいです。

せっかくキレイにした手や体を、臭いのない清潔感のあるタオルで拭きたいところです。