冷たい態度をとる男性の心理とは。なぜ自分に冷たくそっけないのか

最終更新日:2015年12月12日

男性がなんだか冷たい態度をとってくるといった経験はあるでしょうか。

男性に冷たくされるとなんだか怖いと感じてしまいますし、何か嫌われることでもしたかな?と感じる女性も多いのではないでしょうか。

男性は基本的に女性に対して優しくしてくれる人が多いのになぜ女性に対して冷たい態度をとるのでしょうか。

そこで今回は冷たい態度ばかりとってくる男性の心理をご紹介します。

1.異性として気になっている

小学生や中学生の男子生徒が気になる女の子をいじめてしまうのと同じように、精神的に未熟な男性と言うのは気になる女性に対して冷たく当たってしまうことがあると言われています。

なぜ、気になる女性に対してこのように冷たい態度をとってしまうのかというと様々な心理があるようです。

一つは単純に「話すことが恥ずかしい」と感じており好きな人の前に来ると上がってしまって話せなくなり格好をつけたいので「お前とは話したくない」というような態度をしてしまうことがあるそうです。

次に、わざと冷たい態度をとっているのは「彼女に注目されたい」と感じてるからということがあるそうです。

よく、アイドルなどに顔を覚えてほしくてわざと「嫌い」などといってアンチ活動を行う人と同じような心理です。

他の男性にちやほやされている女性は同じようにちやほやしてくれる男性よりも一人だけ自分に振り向いてくれない男性がいれば「冷たい人」としてですがその男性を意識してしまうのです。

そのように女性に注目してほしいがためにわざと冷たくしているのかもしれません。

また、好きな女性が他の男性といい感じになっているのを目撃してしまったりするとその女性に対して冷たい態度をとる男性も多いようです。

男性は好きな女性に対してわざと冷たい態度をとることがあるようです。


2.好きになるのが怖いから

既婚者の男性や彼女持ちの男性はできるだけ浮気をしたくないと思っている人が多く、そのために女性を自分からけん制することがあるそうです。

女性に優しくしていて自分のことを好きになられても困るし、女性に優しくして自分が彼女や妻以外の女性を好きになってしまわないようにしているのかもしれません。

安直な考えではありますが冷たい態度をとって仲良くする気がないという意思表示をすればその人を好きになる人は少ないでしょうし、食事にも誘わないでしょう。

それをわかっていてわざとそうしているのかもしれません。

さらに、自分とは釣り合わない女性と思ったり、恋愛をしたくない時期などは、好きになってしまいそうな女性に対してあえて冷たい態度をとり身を守ろうとしているのかもしれません。


3.苦手だから

男性が女性に冷たくするのは「好意から」と前項でご紹介しましたが、そうでない場合ももちろん存在するようです。

例えば、面倒くさいタイプの女性が苦手でかかわらないようにしていたり、人として苦手な女性がいたり…。

女性にも整理的に苦手な男性がいるように、男性にも生理的に受け付けない女性やどうしても関わりたくない女性も存在するのです。

そのため、男性が冷たい態度をとってくる場合に、男性から嫌われている・女性側が何か男性にしてしまったなどの原因があることが多いようです。

また、学生時代にギャル系の女性から激しいいじめを受けていてギャル系のメイクやファッションの女性が苦手だったり、清純系の彼女に浮気をされたなどとしてそういった女性が苦手になってしまったなど男性の過去の体験によっても一定の女性に冷たい態度をとってしまう・距離を持って接しようとすることもあるようです。


4.脈なしだと理解した

ずっと優しくしてくれていたのに急に冷たい態度を取り出した場合、女性が他に好きな男性がいたり彼氏ができた・脈なしだとわかった時に優しくするのをやめてしまっている可能性があります。

急に冷たい態度を取ったのではなく、自分にとっても利益のない女性に優しくする必要はないと考えてのことなので、こういった男性はあまり良くない人かもしれません。

そもそも女性に優しくしていたのは女性を自分のものにするためなのか、一晩すごすためなのか定かではありませんが、優しい姿は偽りであることがほとんどなので女性に対して冷たい態度をとってしまう性格は問題ありでしょう。

自分だけに優しく彼氏持ちのじょせいには冷たい男性がいたらこのような心理かも知れないので付き合ったり食事に行ったりと関係を深める前に一度彼の人間性を確かめたほうがいいかもしれません。

男性が女性に冷たい態度をとる理由を知ろう

男性が女性に対して冷たい態度をとってしまうのはシャイな男性と合理的な男性とに分かれるようですね。

冷たい態度を人に対して取れてしまうというのは少し危険な部分もはらんでいるので注意しましょう。