結婚式の受付をする女性に最適な服装5つ

最終更新日:2016年2月21日

結婚式の受付を任されてどんな服装で参加すればいいのか迷っている女性も多いでしょう。

式の参加者始めに合うのが受付に立つあなたになります。

服装に気を配り、結婚式の楽しい雰囲気を表現したいですね。

1.パンツスーツとドレッシーなブラウスを合わせる

結婚式の受付をすると意外と待ち時間が長かったり、動き回ったりすることも多いものです。

そんな時に薄手のワンピースだと寒い場合や動きにくいこともあります。

そんな心配がある場合は、パンツスーツで受付をするのが良いでしょう。

ただ黒を選んでしまうと、リクルートスーツのように見えてしまう可能性もあります。

黒以外で、クリーム色やネイビーなどのパンツスーツを選びましょう。

またスーツの中は、ワイシャツは避け、フリルやレースの付いたドレッシーなブラウスを着用します。

それから首元にはキラキラ光るアクセサリーや、胸にはコサージュを付けるなどして、結婚式らしい華やかさをプラスすることも忘れないようにしましょう。


2.フェミニンなデザインのワンピース

結婚式の中には参加者のドレスコードが決まっていない場合も結構あります。

そんな時は、やはり結婚式の会場の雰囲気を優先するとフェミニンなデザインのワンピースを着ていくと良いでしょう。

ミニスカートは避け、膝丈のワンピースを選びましょう。

また肩が露出し過ぎているのも受付には適していません。

露出を抑えたフェミニンなワンピースを選びましょう。

事前にどんな会場が結婚式で使われるのか調べてみると良いでしょう。

ホテルやレストランなど会場の雰囲気に合わせて、色も選びましょう。

パステルカラーやネイビーであると目立ちすぎず華やかさも充分に出るのでオススメです。


3.和装

結婚式の受付で、上品に振る舞いたい場合は、和装がオススメです。

受付での仕草の美しさも引き立つのは和装です。

ただ和装に慣れてない場合は、着物を着ているうちに苦しくなってしまったり、疲れてきたりしてしまうので気をつけましょう。

着付けを美容院などでプロに頼み「結婚式に参加する」ということをあらかじめ伝えましょう。

着崩れしにくく、動きやすく苦しくならない着付けを心がけてくれるはずです。

結婚式に適しているのは、結婚をしていない女性であれば振袖で行くと良いでしょう。

振袖は鮮やかな色の物も多く、お祝いの場である結婚式に花を与えてくれます。

他にも訪問着を着ていくのもオススメです。

色は着物なのである程度派手な赤や緑の物を選んでも良いでしょう。

また柄が季節感に合っているか、なども気をつけて和装を選びましょう。

髪型やメイク、ハンドバックも和装に合わせてコーディネートしましょう。


4.エレガントなサロペット

最近の結婚式では、サロペットやオールインワンスタイルで参加する女性も増えてきました。

背中が開きすぎていたり、チューブトップだったりするような露出の激しいサロペットを避けることは大切ですが、サロペットを受付の際に着用すると、エレガントでクールな印象を与えることができるので、オススメです。

サロペットの色は、ベージュやネイビーなど大人っぽい色を選ぶと良いでしょう。

黒や白は結婚式では着ないようにしましょう。

また素材も大事です。

エレガントに見えるシフォンやコーデュロイの生地を選びましょう。

光沢がある素材であるとワンピースと同じぐらい華やかさが出てきます。

またサロペットに合わせて、長めの大ぶりのネックレスや、大きな飾りがついたイヤリングやピアスを付けるのも良いでしょう。

足元はハイヒールを合わせると、スタイルが良く見えます。


5.シンプルなデザインで派手な色のワンピース

受付では「派手な色のワンピースは着られない」と思い込んでいる女性もいるかもしれませんが、シンプルなデザインであれば派手な色のワンピースも受付には適しています。

赤、ピンク、紫など派手な色のワンピースでもフリルやレースが付いていなければ、下品にも見えません。

できるかぎり、シンプルで飾りのないデザインの物を選びましょう。

派手な色のワンピースには、高めのヒールを合わせましょう。

ヒールにもラメやリボンなど派手な飾りが付いていない、シンプルなヒールを選びましょう。

履きなれていれば、ピンヒールもスタイルが良く見えるのでオススメです。

サンダルやブーツは結婚式には適さないので絶対にやめましょう。

受付で派手な色のワンピースを着れば、洗礼されたオシャレな女性だと思われるはずです。

結婚式の受付を優雅にこなそう

結婚式の受付に適した服装は、動きやすく長時間着ていても辛くない服装を選びましょう。

さらにフォーマルでエレガントに見える服装であれば「この人に受付を頼んで本当に良かった」と結婚式の主催者側から思われるはずです。

だらしなく下品になってしまわないように気をつけましょう。

場に合った素敵な服装を選び、お祝いの場に華を添え、明るい場を作れるように努力しましょう。