運転免許証の氏名を変更する手続きの仕方

最終更新日:2016年8月10日

結婚をした時等氏名が変わった時は、必ず免許証の氏名変更をしなければなりません。

身分証明書にもなるものですので、氏名変更を忘れると大変な事になりかねません。

ここでは、運転免許の氏名変更手続き方法についてご紹介します。

1.免許証とは

運転免許証とは、自動車等の技量が必要なものの運転が許可されているという事を示す公文書です。

公文書とは、権利等を証明するとても大事なものです。

公に証明されているという事ですので、身分証明書にもなります。

身分証明書として色々な場所にコピー等を提出した事がある方も多いでしょう。

小さいカードですが、様々な情報が入っており、免許証を見るだけで色々な事が分かります。

ですので、紛失をしたら大変な事になってしまいます。

数年前にICチップが導入され、その中に様々な個人情報が入るようになり、さらに便利になりました。

また、ICチップを導入する事で偽造が難しくなり、安心、安全に使えるようになりました。

重要なものですので、氏名が変わったらすぐに手続きをするようにしましょう。


2.なぜ氏名変更をしないといけないのか、忘れるとどうなるのか

氏名が変わると、免許証の氏名変更は早めに行わなければなりません。

氏名変更は14日以内に行うのが原則ですが、それ以上していなくても罰則はありません。

ですが、免許証はそれだけで身分を証明する事ができます。

ですので、氏名変更をしていないという事は身分を証明できなくなってしまうという事です。

そうなると生活をしていく上でかなり不便になってしまいます。

特に氏名は変更していないと免許証の氏名と記入した氏名が違う事になってしまい、それでは身分証明書としての役割を果たす事ができなくなってしまいます。

また、氏名変更をする時に一緒に色々な届け出をしなければなりませんが、その時に免許証と氏名が一致していないとかなり不便な事になってしまいます。

ですので、免許証の氏名変更は必ず一番最初にしておきましょう。

3.基本的な氏名変更方法

運転免許証は、免許センターや警察署、運転免許試験場で行う事ができます。

原則として14日以内に行う必要があります。

氏名変更が終わったらすぐに変更するようにしましょう。

警察署については場所によってはできない場合ある場所があるので、必ず事前に電話かインターネットでできるかどうかの確認をしておく事をオススメします。

また、免許センターや運転免許試験場でも時間や日によってはできない場合がありますので、こちらも必ず忘れないように確認をするようにしましょう。

必要な書類は、今使っている免許証と本籍の入った住民票です。

市役所等で住民票を交付してもらう時に必ず「本籍地の入ったものを」と言う事を忘れないようにしましょう。

後は印鑑が必要になります。

基本的にはこの3つがあれば約20~30分で再交付できますが、万が一の事を考え、変更をしにいく場所に電話で他に必要なものが無いかを聞いておくと二度手間にならずに一度でしっかりと氏名変更をする事ができます。

また、免許証の更新と氏名変更の時期が重なった場合は忘れずに氏名変更をするようにしましょう。

4.結婚等で県外で氏名変更をする場合

結婚等で県外で氏名や住所を一度に変更する場合も、同じく免許センターや警察署、運転免許試験上で変更をする事ができます。

この場合も念の為に確認を忘れないようにして二度手間になるのを防ぐようにしましょう。

新しい住所と氏名を確認する事ができる本籍地の住民票と印鑑が必要です。

後は印鑑と6ヶ月以内に撮った証明用の写真も必要です。

大きさは縦3センチ、横2.4センチですので間違えないようにしましょう。


5.免許証の氏名変更をした後は

免許証の氏名を変更した後は、いつも通り免許証が身分証明書になりますので、氏名変更をしたら各所で氏名変更の手続きをする事ができます。

この時、印鑑は常に忘れずに持っておくようにする事と、万が一のために変更をする場所へ電話で問い合わせを忘れないようにしましょう。

まずは銀行やキャッシュカードの手続きはすぐにすませるようにしましょう。

パスポートを持っている場合は、都道府県庁で変更の手続きをしましょう。

海外旅行にいく時にうっかり変更を忘れていたという事になると、旅行そのものにいく事ができなくなってしまう可能性があります。

忘れずに他の手続きを行っているのと同時に変更しましょう。

住所も一緒に変更した場合は他にも様々な手続きが必要になる場合があります。

一つ一つしっかり確認して抜かり無く変更するようにしましょう。

運転免許証の氏名を変更しよう

運転免許の氏名変更手続き方法についてご紹介しました。

運転免許の氏名変更手続きは、基本的に住民票と印鑑を持って警察署や免許センター、運転免許試験場にいく事でスムーズに行う事ができます。

免許証は、運転をする時に必ず必要ですし身分証明書にもなる重要な公文書です。

上記を参考に、氏名が変わったら必ずすぐに変更するようにして下さいね。