アンチエイジングに効果的な食べ物まとめ

最終更新日:2015年7月26日

女性の1つの願い、それは「いつまでも若くいたい」内側から、健康にキレイでいる為に、日常取り入れる食べ物はとても大切ですね。

今回は、アンチエイジングに効果のあると言われている食べ物をご紹介します。

1.大豆

大豆製品には、大豆イソフラボンという成分が含まれています。

近年、こちらの大豆イソフラボンが、腸内の細菌の働きによって「エクオール」という成分に変わる事が注目されています。

エクオールという成分は、女性ホルモンに似た働きが期待出来る様で、骨粗鬆症や、美肌効果、更年期障害の予防に効果があります。

アンチエイジングを考える方には、まず、取り入れてもらいたい食べ物ですね。


2.オリーブオイル

日常使う油を植物油から、オリーブオイルにしてもらう事をオススメ致します。

オリーブオイルに含まれるオレイン酸は、腸内に溜まった便の滑りを良くする効果があると言われています。

女性の多くが悩む「便秘」便秘によって腸内の働きが滞ると身体中に毒素が回り、むくみや、吹き出物、様々な身体の不調を引き起こします。

細胞のアンチエイジングの為にも、しっかりと栄養を取り入れたら、それを消化、吸収、排泄という一連の流れをスムーズに行える事がとても大切です。

いつまでも若々しくいたいと願う方にとって腸内環境を整える事は大切です。

3.亜麻仁油

亜麻仁油には、不飽和脂肪酸という細胞の働きを正常に保ち、細胞の若返りにも効果のある成分が含まれています。

ドコサヘキサエンサンDHA、エイコサペンタエンサンATP、これらが不飽和脂肪酸に当たる成分で、亜麻仁油にとても多く含まれています。

こちらの成分は残念ながら体内で作り出せない為積極的に日々の食事から摂取する事が必要です。

油であれば、スーパーで手軽に手に入り、サラダ等にかけて食べて頂く事で、簡単に日常の食卓に取り入れていけます。

忙しいけれど、細胞の老化を抑えたい、肌のハリを保ちたいという方には、細胞レベルからしっかりケアしていく事が大切です。


4.ムチンを含む、オクラや、なめこ

日々こういったねばりのある成分を食事に取り入れているでしょうか?

これらの食べ物には、私達の胃や、腸の粘膜を保護してくれる働きをするムチンという成分が豊富に含まれています。

胃弱の方や、お腹を壊しやすい方は、どうしても栄養の吸収がしづらくなります。

ムチンという成分によって内蔵を保護する事が出来れば、食べた物をしっかりと消化、、吸収出来るようになります。

腸は、免疫や、自律神経と深く関わりを持つ臓器で、腸内を正常に保つ事が、更年期障害の緩和にも繋がります。

肌ツヤを保ちたい、免疫アップも期待出来る食べ物の1つである為、毎日を若々しく、健康でいたい方は、ぜひ取り入れていきましょう。

5.ヨーグルト

ヨーグルトには、乳酸菌が豊富に含まれています。

腸内環境には、善玉菌、悪玉菌、そしてどちらにも属さない日和見菌という菌が存在します。

腸にとって、良い物を取り入れていくと、当然善玉菌が増えていきます。

しかしなが、善玉菌、悪玉菌だけを、増やしたり、減らしたりするだけではなく、日和見菌をどちらの味方にするかが実は腸内環境を整え、身体のアンチエイジングを保つには大切な事になります。

腸内の善玉菌が増えれば、日和見菌も善玉菌の味方となり、逆に悪玉菌が増えれば、悪玉菌の味方となる、というように日和見菌は変動する菌です。

この日和見菌が、善玉菌や、悪玉菌と違って、より多い7割を占めていると言われます。

肌のハリを保つ為にも、常日頃から、乳酸菌を取り入れて、腸内環境を継続的に良くしようと維持する事こそ、日和見菌を良い方向に働かせる1つの方法と言えます。


6.魚介類

魚介類にも、先程紹介した、DHA、EPAの成分がとても沢山含まれています。

魚は、ヘルシーであるのに、豊富にタンパク質も含み、身体を作る元となってくれる食べ物です。

肉等は、食べすぎるとどうしても脂質が多くなりがちですが、魚であれば、その心配もありません。

なかなか取り入れずらい魚を日常の食卓に取り入れて頂く事で、骨粗鬆症の予防にもなりオススメです。

色々な魚をぜひ食べるようにしていきましょう。

アンチエイジングを日頃から意識していこおう

ほんの少しの気遣いで、アンチエイジングの効果を高める事は可能です。

日常食べる物が私達の身体を作っていますから、1日1日しっかりと良い食べ物を取り入れていくように意識をしていきましょう。

5年後、10年後日々の積み重ねによってきっと違った結果が出てきます。

皆さんの毎日が良い物に変わるように、身体の中からキレイを保っていきましょう。

アンチエイジングは、1日にして成らずです。