占い依存症の人の特徴。占いにハマる人には共通点がある

最終更新日:2016年10月7日

占いは楽しいものですがまりすぎてしまうのは怖いですよね。

そこで今回は占い依存症となる女性の特徴をご紹介します。

1.自分の意見がない

占いに依存しやすい人というのは、自分の意見がない人が多いと言わています。

占いでは自分の運命を占いますよね。

例えばその日のラッキーアイテムのような気持ち次第のものであったり、結婚は30歳ごろがいい家の方角は○○が良い…など人生にかかわるようなことまであるでしょう。

普通は一つのアドバイス程度に聞いておいて、結局は自分の欲望を優先します。

ですが、自分の意見がない人というのは占いで言われたことを素直に聞き入れてその通りにしてしまいます。

占い師の言うとおりにしてしまうと、悪い占い師にカモにされてしまいます。

最初はアドバイスだけだったのが、商品を交わされるようになったりお金を出せば運気がよくなると言われたりしてそれを信じ込むようにマインドコントロールさせてしまうこともあります。

自分の意見や考えがなく、自分で決断ができない人というのは、占い師のいうことを聞くことによって、占い師がいなければ何も決められない様な状態になってしまいます。


2.お金がある

芸能人などでも占いに依存してしまって洗脳されてしまうのはたいてい「お金がある人」です。

というのも、占いに通うためには余分なお金が必要になります。

占い師の言葉をそれなりの金額を出して買うのですから余裕がないと中々踏み出す気にはならないですよね。

ましてや、占いに依存するということは様々なことを占ってもらうことになるので何十万という膨大な金額がかかってしまうこともあります。

お金があればあるだけ占いに通う確率も増えて占いに通えば通うほど依存する確率も高くなってしまうということです。

さらに、お金を持っているともっと幸せになりたいと欲が出てしまったり、トラブルに巻き込まれて困ることも多くあるようなので精神的に追い詰められて占いに頼らざるを得なくなる人も多いのかもしれません。

占い依存症になるとお金を吸い取られて借金してしまう場合も多くなります。

占い師が悪質ではない場合の占い依存の女性というのは基本的にはお金や定期的な稼ぎが多くある人のようです。

3.霊的なものを信じている

占いというのは神秘的なものです。

科学的には証明されていないものなので占いを信じない人も多くいるでしょう。

それでも、世の中にお化けや幽霊を信じる人がいるように占いが本気で当たると信じる人も多くいるのです。

占い師というのはコールドリーディングという細かな仕草や言葉遣いなどから相手の性格や癖などを読み取って的確なことを言い当てたり、誰にでも当てはまるようなことを言いながらお客の特性を見出してその人の当てはまるようなことをアドバイスします。

その技術を霊的なものやカード、生年月日などで神秘的に装うことで一種のエンターテイメントとして楽しむものです。

そのため、話半分にエンターテイメントを楽しむ分には問題ありませんが、霊的なものを本格的に信じていると占い師が本気で霊的な力があると信じ込んでしまい、その人のいうことを聞いていれば間違いないと思ってしまい依存してしまうようです。

そのため、占い依存をしている人の多くは霊的な力や呪いなどを信じる人が占いに依存してしやすいようです。


4.精神的に弱い

人はどうしようもなくなったときに神頼みをすることがあります。

辛いときや誰も助けてくれないときに神様にどうか助けてほしいとお願いをすることも多いのではないでしょうか。

精神的に弱い人というのは自分の失敗や実力不足を認めることがなかなかできません。

自分が上手くいかないのは自分のせいではなく「悪い運勢の時期だから」「悪い霊がついているから」と占いで言ってもらえれば心が救われるでしょう。

また、何かを判断しなければならないとき、精神的に弱い人は自分の判断で失敗してしまうことを恐れます。

ですが、占いである程度方角を導いてもらえれば失敗したとしても占いのせいだと自分を責めずに済むでしょう。

自分の精神の弱い部分を占いや占い師が埋めてくれることによってその人にとって占いはなくてはならない存在になり、最後には依存に陥ってしまいます。

どの依存症にも言えることなのですが、占いに依存してしまうのはやはりどこか精神的に脆かったり弱かったりする人になります。

占い依存症の人の特徴は共通している

占い依存症の特徴が当てはまっていましたでしょうか。

一つでも当てはまるのであれば占いはあまり行かないほうが良いでしょう。

あくまでも一つのエンターテイメントとして楽しめるのであれば娯楽として話を聞きに行くのもいいでしょう。
参照:占いに依存してしまう人の心理とは