脇がかゆい。脇のかゆみを抑える方法

最終更新日:2015年7月13日

気温が高くなるとノースリーブなど脇や腕を涼しく快適に過ごせる服を着る女性は多いのではないでしょうか。

ですが脇は血管や神経が集中しており汗が溜まることもあってか痒くなってしまった経験があると思います。

人まで脇をボリボリ掻くのはもちろんのこと脇の皮膚が傷つくと無駄毛の処理ができずに夏を快適に過ごせなくなってしまいます。

そこで今回は脇がかゆいときにかゆみを抑える方法をご紹介します。

1.制汗剤・スプレーで汗を乾かす

脇がかゆくなってしまう原因としてあげられるのが汗によるムレ。

脇汗が気になる方が多くいるように脇は汗をかきやすく、その汗がしっかりと蒸発せずに肌についたままになってしまうとムレてベタベタし、そのベタベタに服の繊維や糸くず、空気中のほこりや菌などが付着してかゆみを引き起こします。

そこで汗をさらさらと乾かして汗を抑え、気になる匂いの悩みまで消し去ってくれるが制汗剤・制汗スプレーです。

これらは市販のものがおおく手軽なお値段で、コンビニやスーパー、ドラッグストアや量販店などでも数多く取り揃えており、自分の体質に合ったものを選ぶことができ、また香りも豊富ですのでその時の気分によっても使い分けることができてまるで香水のように使用することができます。

ただし注意してほしいのが、この制汗剤・制汗スプレーにも用法・用量があることです。

頻繁に使用していると脇の汗腺にトラブルが生じたり、使用しすぎで成分が余分に付着してしまいかゆみやニキビ・吹き出物の原因になってしまうこともあります。

ですからこれらを使用の際は、自分のあだにあったものを選び、用法・用量をしっかりと確認した上で使用しましょう。

制汗剤は汗の匂いの応急処置にもなるので暑い日にお出かけの際は小さいサイズのものをカバンに入れておくといいかもしれませんね。


2.保湿をする

脇がかゆくなってしまう原因として考えられるのは脇が乾燥肌になってしまっていることです。

多くの汗が流れることによって肌の中の潤いまで蒸発してしまったり、無駄毛処理による摩擦で肌が傷ついてしまっており乾燥肌になっていたりと乾燥肌を引き起こす原因は生活の中に多くあります。

そんな乾燥肌はかゆみを引き起こし、かいてしまうと皮膚炎やあせもができてしまってかゆみから痛みに変化してしまうことも。

乾燥肌になるのを防ぐためには肌の保湿をしっかりとおこない肌が傷つかないようにしっかりとプロテクトし、肌が正常にターンオーバー(再生)できるように促す必要があります。

脇のかゆみが気になる時は、普段顔のお肌にしているように脇にもしっかりとケアをしてあげましょう。

乾燥が気になりなおかつ傷がない場合は化粧水や乳液などでしっかり保湿し、洗う時は泡でやさしくを心がけます。

また無駄毛を自分で処理する場合は剃刀負けしないように保護ジェルなどを使って肌に負担のかからないように行います。

脱毛クリームなどを使う場合は肌にあったものを使用しましょう。

無駄毛の処理を行った後はしっかりと保湿をしてカバーをしましょう。

正しくお肌の洗浄や保湿を行えば乾燥肌になるのを防ぐことができるのでわきのカサカサが気になる方は一度試してみてはいかがでしょうか。

3.皮膚科に受診する

肌のかゆみの原因としてアレルギー性の皮膚炎やアトピー性皮膚炎などがあります。

アレルギーによるものは特にアレルギーの原因になっているものを遠ざけないと治りません。

例えば使っている洗濯洗剤が肌に合っていなかったり、着ている服の繊維が肌に合わなかったり、今まで大丈夫だった石鹸に反応してしまったりと自分でアレルゲンを見つけるよりも、医師に相談し検査をしてもらった方が早急にかゆみを取り除くことができます。

アトピー性皮膚炎などは一度なってしまうと自然完治は難しいと言われているので医師と最良の方法でゆっくりと向き合って治療しましょう。

また、皮膚科では肌に優しい石鹸なども購入でき、医師からも乾燥肌にならないためのアドバイスなどももらえるため皮膚炎の疑いがなくても一度受診し相談してみてもいいかもしれませんね。


4.かゆみどめを塗る

応急処置として有効なのが「かゆみどめ」です。

クリームタイプのかゆみどめあドラッグストアなどで多く売られています。

メントールなどが配合されているものはスース―とした清涼感があり、かゆみを一時的に和らげてくれます。

かゆみが和らげばひっかいてしまって肌を傷つけるリスクが減るのでお肌を守ることができます。

ただし、かゆみどめはあくまでも一時的に使用すること。

長期的にかゆみが続く場合は肌にトラブルが起きていることが多いので皮膚科に受診して原因をつきとめてかゆみを根元から直しましょう。

脇のかゆみはお肌がSOSを出している証拠かも

かゆみは乾燥肌や汗を防ぐことで多くが改善できますが、かゆみは弱い「痛み」ともいえます。

痒みが出ているということはお肌がSOSを出している証拠。

長期的に続く場合は病院で治療することをおススメします。