脇汗のシミがキレイにとる方法。シャツや服にできる脇汗対策をしよう

最終更新日:2016年5月8日

いよいよ初夏といわれるシーズンが到来しますね。

この時期の女子の悩みのひとつと言えば「脇の下の汗じみ」。

脇下の汗じみはそれだけで恥ずかしいものですが、それが洗濯したあともいつまでも服に脇汗のしみがついたままというのももっと恥ずかしいですよね。

そこで今回は、脇汗のシミがキレイに取れる方法をご紹介します。

1.酵素系漂白剤をつかって、汗ジミをとる

皮脂やたんぱく質を溶かす性質をもっているのがアルカリ性です。

酵素系漂白剤というのは、まさにアルカリ性の漂白剤です。

脇汗のシミをキレイにとるためには、この酵素系漂白剤を使えば良いでしょう。

しかし、汗をかいてからしばらくたったものは、衣類の表面にホコリなどの汚れがついており、汗ジミの汚れがコーティングされてしまっている状態。

そのまま酵素系漂白剤につけたとしても、あまり効果がありません。

まずは、普段使っているような台所用洗剤を脇汗のシミの部分にかけましょう。

色落ちしそうなものは、かけすぎに注意しましょう。

脇汗のシミの部分に洗剤をかけたら、歯ブラシで表面をやさしくこすってみましょう。

こうすると表面のほこりなどがとれ、シミついた黄ばみの汚れが浮き上がってきます。

それから40度から50度くらいのお湯に、酵素系漂白剤をよく溶かし、そこに30分ほどつけておきましょう。

そのあとは通常通り、洗濯機にかけてしまえばキレイになります。


2.頑固な汗ジミには洗濯用の重曹を使おう

酵素系漂白剤だけではたちうちできない、頑固な脇汗ジミの場合は、酵素系漂白剤と一緒に重曹を使ってみましょう。

まずスプーン一杯程度の酵素系漂白剤と重曹を1対1の割合でよくまぜ、ペースト状にしておきます。

表面の汚れを食器洗剤などをつかってキレイに落としたら、その脇汗のシミの部分にペースト状の重曹と酵素系漂白剤をまぜたものを塗ってあげます。

そこにアイロンをスチームにしてあてるか、ドライヤーで温風をあてます。

すべて終わったら、普通に洗濯機に入れて洗います。

酵素系漂白剤の成分は過酸化水素水です。

過酸化水素は加熱されると酸化力があがるそうで、洋服の汗ジミの原因となっている色素を除去してくれるので、ペーストをぬりつけたあとに、しっかり加熱することがとても大切です。

加熱といっても服を焦がしては意味がありませんから、40度程度で大丈夫ですよ。

酵素系漂白剤に重曹をまぜることで、より強いアルカリ性になるので、なかなか落ちなかった頑固な汗ジミや黄ばみにも効果的です。


3.固形石鹸を使ってみよう

お風呂で体を洗うときに使っている人も多い、固形石鹸。

この固形石鹸の中でも、殺菌効果が高いとされるデオドラント石鹸というものは、脇汗のシミにも効果を発揮してくれます。

デオドラント石鹸は、菌を殺菌したり、除去したりすることによって、汗や皮脂をどんどん分解してくれ、体臭や汗の臭いの原因ともなる菌の育成を抑える効果もあります。

ですから、これを洗濯に利用することで、皮脂の除去に効果があるとも言われています。

子供や男子の靴下もまっくろになっていたときなどに使うお母さんも多いようですが、その原理で脇の汗ジミや襟もとの黄ばみにも効果があります。

デオドラント石鹸をひとつもっていても良いかもしれませんね。


4.意外なすぐれものはこれだ

普段、洋服の洗濯になかなか使わないようなもののなかにも、皮脂汚れや汗ジミをキレイに落とす効果のあるものがあります。

例えば洗顔フォームやメイクおとしなど。

これらはそもそも皮脂汚れを落とす効果があるものなので、洋服のシミにも効果を発揮してくれることがあります。

また、ファンデーションをつけるときのスポンジ専用の洗剤もよく売られていますが、これも脇汗ジミにも効果があると思われます。

また、シャンプー、食器洗い洗剤など、油汚れを落とすものは試してある価値があるのではないでしょうか。

シミの度合いや箇所などによって、使うものを選んで試してみましょう。


5.そもそも汗ジミをつくらないようにするのが一番

ここまで説明してきたように、汗ジミは早い段階で適切な処理をすれば、キレイにおちることも多いです。

しかし、自宅で簡単に手入れできないような大切な衣類や、ドライクリーニング専用の衣類などの場合は、まず汗ジミをつくらないことが大切です。

ドラッグストアで売っているような脇汗パットを購入したり、脇パットがついている吸湿性にすぐれた下着を身につけたりすることで、できてしまった汗ジミを落とす時間の無駄がはぶけますし、清潔な状態で服を保つこともできますよ。

脇パットつきの下着などは、一回着たらしっかり洗濯し、臭いがつかないように気をつけましょう。

脇汗のシミをキレイにとろう

夏は明るい色の服が多くなりますよね。

白いシャツやTシャツの脇に黄色い汗ジミができていては、どんなにお気に入りの服でも2度と着たいとは思わないでしょう。

せっかくの服を無駄にしないためにも、あなたの女性としての評判を落とさないためにも、これからの季節、脇汗のシミには十分注意したいものです。

今回ご紹介した方法の中からいくつか試してみて、ご自分にあった方法をみつけてみてください。