浴室のカビを掃除する方法。浴室をキレイにしよう

最終更新日:2016年2月23日

定期的に掃除しているのに、気付いたらまたカビが生えている、なんてことありませんか。

一生懸命カビを掃除しているのに、なぜ消えないのか、掃除するのも困ったものです。

今回は、効率よく簡単にカビの掃除が出来る方法をご紹介します。

1.まずは簡単に水洗いする

早速掃除しようと思い、いきなりカビ取り剤を吹き付けてはいませんか。

浴室にはカビ以外にも汚れがたまっています。

人の垢やシャンプーなどの石鹸汚れもこびりついています。

最初に軽く水あらいするだけで、ちょっとした汚れは落ちてしまいます。

カビの表面についているような石鹸汚れをきちんと取っておいた方が、いざカビ取り掃除をした際に効率よく除去できます。

ただし、水洗いしたあとにそのままカビ取り剤も吹き付けるのもよろしくありません。

カビ取り剤は乾いた場所への噴射のほうが、効果が薄まる心配がありません。

水洗いしたら水気をとるようにしましょう。

面倒な場合は、日頃よりお風呂を使い終わったら、浴室全体を水で洗い流すだけで石鹸汚れは防止できます。

温水の方が効果があるというデータもありますが、カビは湿度を好むので、汚れを落としたい場合は温水、カビ予防は冷水と使い分けてみると良いかもしれません。


2.カビ取り剤を吹き付けたら放置する

カビ取り剤をシュッシュしてはこすり、シュッシュしてはこすり・・・なんてやってはいませんか。

実は、こすってとれるカビにカビ取り剤をつける必要はそんなにないのです。

こすってとれるカビは、水洗いだけで簡単に取ることができます。

水洗いでとれないカビには、カビ取り剤を用いましょう。

その時、吹き付けてすぐにこすってはいけません。

カビ取り剤を吹き付けたら、そのまましばらく放置しましょう。

多くのカビ取り剤の効果は、殺菌と漂白です。

吹き付けてすぐにこすってしまうと、効果が効く前に落としてしまっていることになります。

殺菌と漂白が済むまで、数十分から長くて数時間放置してしまって大丈夫です。

そのあと、柔らかいスポンジなどでかるくこするだけで、十分にキレイになります。

硬いスポンジなどを使ってしまうと傷ができ、小さな傷にカビが生えてしまう原因になるので控えるようにしましょう。


3.カビ取り剤をラップなどでパックする

黒カビは空気に触れていると死滅しないと言われています。

また、どんなに良いカビ取り剤でも塩素系の洗剤は乾きやすいのがネックです。

カビの根を除去するには、半日必要とも言われています。

そこで、カビ取り剤を吹き付けたら、キッチンペーパーやサランラップなどでパックしてしまいましょう。

そうすることで空気との接触をさけ、乾燥も防ぐことができます。

また、壁などに吹き付けても垂れてしまう場合、パックすることで垂れるのを防ぐこともできます。

パックしてしばらく放置したら、キッチンペーパーやラップを取り除いて流すだけです。

ゴムパッキンのカビや、より濃いカビがある場所だけにパックするのも効果的です。

ただし、ゴムパッキンはこすると取れてしまうこともあるので注意が必要です。

また、パックしている状態は洗剤の濃度も高いままキープされています。

窓を開けたり換気扇を回すなど、換気は必ず行いましょう。


4.天井のカビ掃除は専用道具を使う

多くのカビ取り剤では、目より高い位置への噴射に注意を促しています。

カビ取り剤は強い洗剤のため、皮膚はもちろん目や口などに吹きかかってはいけません。

とはいっても、目線より高い場所や、天井も掃除が必要です。

いくら浴室を掃除してもカビが生えてくる場合、天井に原因がある可能性があります。

カビの胞子は空気に乗って落ちてきます。

天井をきちんと掃除していないと、キレイにした浴室はもちろん、人間にもカビの胞子が降りかかっているのです。

カビの胞子が床に落ちれば、またそこにカビが生えてきてしまいます。

そんなときは、天井専用の掃除道具を使いましょう。

家にない場合は、ハンディタイプのワイパーやタオルなどでも代用が可能です。

天井にカビ取り剤を吹き付けると、そのまま自分の顔に降ってきてしまうので、最初から掃除道具やタオルなどに吹き付けてしまいます。

カビ取り剤を含んだ道具で、優しく天井を拭けば天井の掃除は完了です。

ぱっと見汚れていないように見えても、実は天井には汚れがたまっている事が多いようです。

サビ取り剤を使わなくても、水洗いするだけでも天井のカビ汚れは十分に落ちます。

掃除したことがない方は、是非試してみてください。

浴室のカビを掃除しよう

カビの掃除は面倒くさい、と思いがちですが、後回しにしてしまうと市販の洗剤では落とすのが難しくなってしまいます。

日頃から浴室の汚れがたまるのを防ぎ、軽くカビ取り掃除ができるような環境を保っていきましょう。

カビが生えにくくなってしまえば、大掛かりな掃除もしないで済みます。

キレイな浴室でゆっくり体の疲れを癒してくださいね。