「全部好き」と言う彼氏の心理は?「どこが好き」と彼女が聞いた時の答え

彼氏の心理 恋愛最終更新日:2014年9月30日
全部好きと答える男性

「私のどこが好き?」「全部好きだよ」なんて付き合いたてのカップルの良くある光景ですが、
こんなラブラブの会話にも、彼氏の方にはいろいろな気持ちが潜んでいる場合があるんです。

そこで今回は「全部好き」という彼氏の心理についてご紹介します。

1.回答することが面倒くさい

「私のどこが好き?」女性は良く聞きがちですが、実はこれは結構めんどくさい質問だったりします。

下手なことを言えば、そんな風に思ってたの?とケンカの種にもなりかねません。

こういう質問をする時の女性には、実は求めている答えが決まっていたりしますよね。

それと違う答えが返ってくれば、何それ?となるのは目に見えています。
彼女を怒らせたくはない、でも何かしらは答えないと結局怒られる。
それなら…ということで出した答えが「全部」だったりすることがあります。

そんな質問ばかりしていると、だんだん面倒くさい女と思われるようになることもあるので、注意が必要です。

2.答えが見つからなかったから

すぐに出てくる答えがなく、苦し紛れに言っているパターンです。

気持ちが冷めてしまっている場合もありますが、反対に彼女のことがとても大切で無くてはならない存在になっていることもあります。

あまりに一緒にいることが当たり前になっていると、
いちいちどこが好きか等と考えなくなるものです。

完全に気持ちが冷めてしまっているケースの場合には、
この質問をすることで既に好きなところが見つからなくなっている状況に気づき、
決定的なものになる可能性もあるでしょう。

3.好きなところが多すぎて言いきれないから

質問をされた瞬間に思い付く答えがたくさんあると、
それをまとめて「全部好き」と答えることがあります。

この場合には、「例えば?」と突っ込んで聞いてみると、
「○○なところ」「△△なところ」といくつも出てくることでしょう。

4.ホントに全部好きだから

前のパターン同様、彼女を好きな気持ちが強く、
好きなところがどこと言うより、むしろ嫌いなところが見つからない状態です。

実際には長く付き合っていけば、直してほしいところの1つや2つ出てくる方が自然なため、
こういう心境にあるのは付き合いたてで、まだ良いところしか見えていない時期に限定されるのかもしれません。

5.好きなところを言うのが恥ずかしいから

シャイな男性だったり男が甘い言葉を言うのは恥ずかしいと思っているような男性の場合、
こういう質問をされても答えられない場合があります。

本当は伝えたい気持ちがあっても言葉に出来ないため、
ぶっきらぼうに「全部」と答えるのが精一杯なのかもしれません。

男性のタイプによっては、答えが出てきたことだけで満足するべきかもしれません。

付き合っている状況や男性のタイプによって違うことも

同じ質問への答えでも、付き合い初めのラブラブ期と長く付き合ってお互いのいろいろなところを知ってから、
また気持ちが冷めて来ている時と状況によって、そこに込められている思いは違ってきます。

男性のタイプによっても、そう答える心理は変わってくるものでしょう。

「全部好き」という答えにただ満足してしまったり、反対に具体的な答えが出るまで問い詰めたりするのではなく、質問した時の反応や、答える様子から、どんな心理の言葉だったのか、推測してみる必要がありそうです。

 

    「「全部好き」と言う彼氏の心理は?「どこが好き」と彼女が聞いた時の答え」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。