30代で独身のままでいる女性の特徴3つ。結婚は勢いと理解すること

女性の特徴最終更新日:2019年7月12日

初婚の平均年齢が年々上がっている昨今。

30代を迎えてなお独身のままという女性も増えてきました。

しかし、子供を持つためには年齢的な制限があるのも事実です。

独身を選ぶ彼女らの共通点とは一体何なのでしょうか。

今回は30代で独身のままな女性の特徴をご紹介します。

結婚への理想が高すぎて独身のままでいる

結婚への高すぎる理想がゆえに婚期を逃してしまっている女性はかなりの数に登ります。

女性も年齢を重ねるうちに男性を吟味する目が育ってきて「ただこの人が好きで、これから先ずっと一緒にいたいから」という勢いだけでは結婚に踏み切れなくなってしまいます。

中には「少女漫画にもいないよ」という完璧超人を求めている人もいますが、多くが現実的な観点から結婚から遠のいています。

30代ともなれば、自身の収入や社会的ステータス、持っているスキルも高くなっています。

そのため結婚相手に自分と同等かそれ以上の人をと望んでしまうことで、相手の絶対数を減少させてしまいます。

もっと年齢を重ねてから、そうしたしがらみから離れた本当の意味での人生のパートナーをみつけることも多いタイプです。

また、結婚相手への理想として、高身長で安定した職があり給料も良く、顔も良い男性を求めている方の中には結婚が遠退いている方も多いです。

結婚は一生に一度の大切なイベントであり、理想の相手を求める事は悪い事ではないのですが、年齢も30代になれば20代の頃に比べて縁の幅も狭まっています。

一度決めた理想の中で最も高い理想のみ、一つに重点を置けば出会える範囲が広がるのですが、理想が高すぎる女性は、何一つ妥協をしたくない特徴があります。

いつかは巡り合えるかもしれませんが、理想を追い求めるあまり、刻々と時間が過ぎていき、気付けば40代、50代になっていることがあり得ます。

キャリアがあり過ぎる女性程、自分以上の男性を求めてしまうため、多少は妥協できる人間になれれば紹介などでも縁を掴めるチャンスがあるでしょう。

自立心旺盛で、芯が強い

いくら男女平等の時代とはいえ、女性が一人で生計を立てて生きていくのはまだまだ難しいことです。

それを成し遂げるだけの自立心を持って30代を迎えた芯の強い人は、特に支えとなる伴侶を必要としていないので、結婚に対して消極的になります。

彼女らは、一人でここまでやって来られたという自信も大きいでしょうが、その苦しみもまた十分に味わってきたはずです。

その分人に対する優しさや包容力も身につけていて、たとえ本人に結婚の意思がなくとも、多くの同性異性に囲まれているタイプの人たちです。

わざわざ相手を探さなくても大切な人達が傍に居れば幸せを感じられるのです。

そんな人達に囲まれた状況は自分にとって満足のいく日常となり、自ずと結婚願望も遠退いて行きます。

プライドが高く男性に頼らない

上述の通り、30代まで未婚を立て通してきた女性には「仕事の上で男性と肩を並べてやってきた」とか「辛いこともあったけど、これまで一人でなんでもこなしてきた」という確固たる実績があります。

その実績は、自信と同時にプライドに変化していきます。

「私は男性に頼らなくても生きていける、強い女性である」というプライドが「男性に頼ってはいけない」という枷にもなってしまいます。

こういう生き方は、彼女らには思いも寄らないところで本人を苦しめてしまうことにもつながりかねません。

周囲としても、こうしたプライドの高い女性というものは扱いにくいと感じさせられることが多くなる可能性をも含んでいます。

ピンと張った糸は切れやすいものです。

誰か肩肘を張らずに付き合える男性が見つかれば少しは緩むことができるのですが、プライドが邪魔をして身近では見つけられないことが多くなります。

もしこのような女性が伴侶を見つけるのであれば、仕事以外の趣味サークルなどで出会いが生まれる傾向にあります。

出会いがないのを生活環境のせいにする

生活環境が自宅と仕事の往復の場合、結婚願望があっても出会いに繋がる縁がありません。

職場に意中の相手を見つけても30代男性は結婚をしていたり彼女持ちの方が多くなります。

そのため日常での出会いの幅が自然に減っていく年齢です。

女性の周りも結婚をして、家庭を持っている人がいると合コンや飲み会の数も減って来ます。

どうしても自然な出会いを求めてしまう方や、自分から何も行動に移さない方の多くが、生活環境を理由として独身のままで過ごしています。

このタイプの女性は自分から行動はせず、結婚相談所やアプリの利用をすると恥だと考えています。

あくまでも自然な恋愛で相手を探してしまうため、結婚までの道のりが長くなってしまう特徴があります。

結婚願望が強すぎて逆に独身のままになる

早く結婚をしたくて結婚願望を出し過ぎてしまい、相手に負担を与えてしまうタイプです。

最初から結婚を前提とした交際や、お見合いで出会っているのであれば自然な流れを待てば結婚への道は開けます。

しかし年齢的にも30代になると周囲が結婚して自分だけが取り残される感覚に焦りを覚える女性もいます。

焦る気持ちが先走ってしまい、婚姻届けを役所で貰って来たり結婚指輪のパンフレットを取り寄せてしまうなど暴走してしまうケースもあります。

この場合は男性側が女性の両親に挨拶をしておくなど、結婚の意思があると行動に移しておけば暴走は抑えられます。

また、女性側も一人の男性に拘り過ぎずに、本当に結婚をしたいのであれば、すぐにでも結婚できる相手を探すために行動に移せれば良いのですが、年齢的にも今の相手を逃した後にチャンスがあるのかが不安で行動に移せない女性が少なからずいます。

夢中になれる趣味を持っており結婚が遠のく

仕事も充実して、ある程度稼げて余裕のある女性は恋愛よりも趣味に没頭している人が増えています。

恋愛や結婚をするより、アウトドアやアイドルの追っかけ、スポーツなどの趣味を生きがいにしています。

恋愛は二の次であり、趣味を楽しみ、その先に出会いがあればラッキーと思っている程度の女性もいます。

夢中になれる趣味があるからこそ、30代でも焦りがないので結婚願望が強い女性に比べて比較的出会いの幅が多い傾向ではありますが、最優先が趣味の為、異性を見ても友人どまりになる事が多いでしょう。

同性、異性問わずに共通の趣味友を作る事の方に喜びを感じているため、結婚は多少遠のいたとしても、趣味を通した自人脈があれば自然と共通の知り合いからの紹介や、趣味を通した出会いがあります。

結果として似た価値観の人とあっさり結婚をする事があります。

7.相手を探すのを面倒に感じている

あまり良い恋愛をしなかった方や、一度も恋愛をしたことがない方、出会って恋をして少しずつ関係を深める事に邪魔くさいと感じている方が当てはまります。

結婚は多少でもしたいと願望があっても、実際に行動に移すの際には腰が重いと感じてしまったり、今まで恋愛と無縁だった場合には、臆病になっている方もいます。

この場合は衝撃的な出会いが自然に訪れると恋愛意欲や願望が沸き上がりますが、人からの紹介でさえ面倒に感じて大事な縁を逃してしまう事もあります。

少しのやる気次第で縁を掴めるので、背中を押してあげる方が傍にいると安心です。

ただし、既に老後を見据えて貯金を始めている方、一人で生活するためのマイホームの購入を検討している方もいるため、必要以上にお節介に接しないようにすると良いでしょう。

結婚へは勢いが必要なもの。それがないと30代でも独身のままでいることになる

結婚というものは少なからず勢いが必要なものです。

少しした弱さや欠点などもお互いに補い合えると思える相手をみつけるということは、働き盛りの30代ともなればなかなか難しいものになってしまうのかもしれませんね。

行動力があれば出会える幅は広がり結婚への道は開かれます。

結局は周囲の環境を変えるのには自分の力が必要不可欠です。

多少でも結婚願望がある場合は、自分で行動するだけではなく人脈を頼る事も忘れないようにしましょう。

 

    「30代で独身のままでいる女性の特徴3つ。結婚は勢いと理解すること」への感想コメント一覧

  1. 1. ロミ2018/06/05(火) 20:22

    妥協よりも理想を追い求めることを優先する人は、やはりそれなりに何をするにも時間がかかってしまいますよね。自分一人で何でも出来てしまうと、人によっては伴侶の必要性が薄れてきます。こればかりは人それぞれなので何とも言えませんが、結婚したい人は妥協も必要なのかもしれません。

  2. 2. tom2018/06/05(火) 20:25

    ちょうど年齢的にも、友達のことを思い浮かべてしまいました。アラサーで独身の女性は、仕事もプライベートも充実している人が多く、うらやましく思うこともあります。
    この記事の内容もなるほどなと納得しました。

この記事への感想を書く