三十路になってもぶりっ子をする女性の理由。30代女性のぶりっ子女性の特徴や心理を知ろう

女性の特徴最終更新日:2018年4月28日

三十路の女性と聞くと、あなたはどんなイメージを持ちますか?正直なところ、あまり若くて素敵な女性という印象はそこまで高くないですよね。

世の中的に、いわゆる「おばさん」という世代はどの年代からかと言われれば、三十路を境とする考えを持つ人も多いです。

それなのに、三十路でいながら、まるで小さな女の子のようにぶりっ子をする人もいるものです。

そのような人は、なぜ三十路なのにぶりっ子をするのでしょうか?今回は、三十路でぶりっ子をする人の心理についてご紹介します。

実年齢を受け入れたくない

あなたの周りには、いわゆるアラサー、三十路と呼ばれる年齢でありながら、子供のようにぶりっ子をする女性はいますでしょうか?このような人は、実年齢を考えれば少し常識はずれなところが目立ち、会社などでは煙たがられてしまいがちです。

また、ただでさえぶりっ子と言えば、周りから嫌われてしまう要素が多いのにも関わらず実年齢が三十路とあっては、周りからドン引きされてしまうのも無理はありません。

三十路でぶりっ子をする人は、実年齢をそもそも受け入れたくないという心理からこのような行動を取る傾向があります。

実際は決して若くない年齢でも、気持ち的には少女の年齢のようなつもりでいるため、ぶりっ子を平然としてしまいます。

しかし、基本的に人は自分の年齢を受け入れ、年相応の行動をしていくものです。

実年齢を受け入れられず、年齢と行動が合っていない人は、自然と社会からあぶれてしまう傾向にあります。

自分はぶりっ子なことに満足いっていても、周りがその人の痛々しい姿を受け入れてくれないでしょう。

三十路はまだ若いと思っている

上のように三十路という年齢を受け入れられないという心理もありますが、そもそも三十路はまだまだ若いと思っている人もいます。

どの年齢を若いと思うか、どの年齢を中年と言うかの捉え方は確かに人それぞれです。

ですが、三十路と言えば「若くない」と考える人が多くを占めるでしょう。

多くの女性が三十路を迎えることで「おばさん」の仲間入りをしてしまったことを嘆くはずです。

三十路でぶりっ子をする人でも、そもそも三十路という年齢を若い年齢、ぶりっ子をしても許される年齢だと思っている場合、なかなかその癖は治らないでしょう。

その人が「もう年だからぶりっ子は無理かな」と思う年齢はいつ来るのでしょうか?その時は既に相当痛い人になっていることには変わりありません。

若々しくいたいという気持ちの表れだが行動が間違っている

若々しくいたいという気持ちはとても大切なことです。

三十路でありながらぶりっ子をする人は、単純に年をとっても若々しくいたいという気持ちの表れである場合もあります。

けれど、若々しくいるための方法が、一般的に考えて少し間違ってしまっているのだと言えます。

若々しくいたいと思うなら、若さを保つためのスキンケアを意識したり、食生活に気を付けるなどの方法はたくさんあります。

若さを保つことと、歳不相応の行動をすることはまた別物になります。

ぶりっ子をすることで若さを出そうとしているのかもしれませんが、それはただの年不相応な行動です。

若さを保つ方法がぶりっ子をすることではない方向へ向いたとき、その人は本当の意味で若々しさを保ち、三十路でいてもキレイな姿を保つことができるでしょう。

女性らしさはぶりっ子をすることだと思っている

女性らしさとは一体どんなものでしょうか?それは年齢にもよって異なってくるものです。

例えば小学生くらいの子供に大人の女性らしさは当然求められませんし、むしろ小学生くらいの子がかわいくぶりっ子をしている姿は、女の子らしくて魅力的でしょう。

三十路の女性が、女性らしさを発揮したいと考えるなら、艶のある女性を目指したり、落ち着いた雰囲気を出そうと努めたりするものです。

ですが、女性らしさ=可愛さであるということを年齢関係なく認識してしまっていると、可愛くあるためにはぶりっ子をすればいいという考えにもなります。

しかし残念ながら、三十路の女性に女性らしさを求めたとき、ぶりっ子をする姿を求める人はなかなかいないでしょう。

三十路というしっかりとした大人として、落ち着いた女性の姿を求める人の方が確実に多いはずです。

若い頃から人に媚びることが染みついている

若い頃から少しぶりっ子な性格だった人は、歳を重ねても同じようにぶりっ子の性質が抜けないところがあります。

男性と話すときは上目遣い、メイクはいつもたれ目メイクなど、若い頃から媚びることがその人の処世術なのだとすれば、例え三十路になってもそれは続いている場合があります。

若い頃からの性質はなかなか変わるものではありません。

体に染みついていることなので、年齢を重ねて少しは抑え気味になったとしても、一般的に見ればよく媚びる人だということが印象に残るでしょう。

この場合ぶりっ子という性質だけ体に残り、でも時は経って年はとった…ということになりますので、一度自分の年齢についてゆっくり考える時間を持たない限りなかなかそのぶりっ子体質は変わらないでしょう。

三十路なのにぶりっ子な理由を知ろう

今回は、三十路でありながらもぶりっ子をする人の心理についてご紹介してきました。

どんな理由があるにせよ、三十路にもなれば、歳相応の行動を取ってしっかりとした大人として生活していきたいものですね。

いつまでも可愛い少女のままでは、周りに痛々しいと思われてしまうのも無理はないです。

 

    「三十路になってもぶりっ子をする女性の理由。30代女性のぶりっ子女性の特徴や心理を知ろう」への感想コメント一覧

  1. 1. 名無しのイケジョさん2018/05/10(木) 18:31

    年を取ったという自覚がない人が多いと思います。いつまでも気分は若い頃のままで、チヤホヤされた過去を忘れられない人がやりがちですよね。

この記事への感想を書く