走っている夢を見た時の意味とは【夢占い】マラソンなど走る理由で暗示するものが異なる

最終更新日:2016年10月15日

あなたは走っている夢を見たことがありますか?坂道を転がるように走りぬけたり、マラソンで延々と走りつづけたり、一生懸命走っているのになかなか前に進まず苦しんだり・・・。

いろいろなタイプの走る夢があり、きっとあなたも1度や2度は走る夢を見たことがあるのではないでしょう。

そこで今回は走っている夢をみたときの意味や深層心理についてご紹介します。


1.走る夢の基本的な意味は活力がみなぎっているということ

走っている夢が意味するのは基本的には「みなぎる活力」と言うイメージです。

走っている夢には、あなたの意欲の高まりや、生き生きと忙しく生きている毎日が表れていることが多いのです。

走るということは、孤独で地味な作業です。

スポーツ的にもさほど華やかではありません。

孤独に自分と向き合う戦いともいえます。

でもその先には、走った人にしかわからないゴールの喜びもありますよね。

ですから、走る夢というのは基本的には、何か目標達成というゴールにむかって必死で努力しているという意味が隠れていることが多いのです。


2.マラソンを走っている夢は、これからの人生への覚悟を意味している

マラソンというのは、辛くても長距離を走りきることが大切です。

まるで人生と同じです。

そんなマラソンを走っている夢というのは、あなたがこれから先の長い人生を生きぬこうという強い意志を深層心理に抱いていることを意味しているのかもしれません。

辛くても長いこと走り続けるぞ。

という意欲や活力に溢れている人が見る夢だとも言われています。

この夢をみた人は、自分が覚悟を持って長い人生を歩み続けていることを自覚しましょう。

そして、スタートにダッシュしてしまうと後が辛くなるので、たまにはゆっくり歩いたり、ちょっと休んだりしながらゴールすればいいのだということに気付きましょう。

人生もマラソンも、山あり谷あり。

ペース配分がなにより重要なのですから。


3.ひたすら順調に爽快に走っている夢を見た場合は、現在あなたが心身ともに安定して穏やかである証

順調に爽快にひたすら走っていけるという夢をみた場合は、あなたの人生が、現在とてもスムーズで順調に進んでいることを意味しているといわれています。

あなたが抱いていた夢や目標の達成も、そう遠くない未来に実現が見えてきているのではないでしょうか。

あなたが今、心身ともに安定していて、穏やかに前向きに毎日を過ごせているということは、何事にも自信をもって挑むことができるということです。

この夢をみたあなたは、ぜひ新しいことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

今のあなたであれば、きっとさまざまな可能性をもっているはずですよ。


4.走っていって、ゴールの喜びを感じる夢は、目的を達成したという意味

ゴールするまで走りきった喜びや充実感を感じるような夢は、そのままの意味ですが、目標達成を暗示する夢です。

努力が報われる喜びや、やりきった自身など、あなたは今、心理的にもとてもポジティブな状況と言えるでしょう。

もしゴールしたのが1位ではなくビリだったとしても、あなた自身が「やりきった」「達成できた」と嬉しくなる夢であれば、それは良い夢と言えるはずですよ。

もしこの夢を見たあなたは、ひとつのゴールに満足せず、次に自分は何がやりたいのだろう、この目標が達成したら、更なる高みを目指すにはどうしたらよいのだろうと考えてみましょう。

このように現状維持ではなく、更なる飛躍や成長を目指していけば、あなたは素晴らしい人間になれると思いますよ。


5.焦りながら、走る夢は、あなたが苦しんでいるという意味を持っている

何かに追いかけられたり、置いていかれたりして、一生懸命走っているのだけれど、なかなか進まずに焦ってしまったり、もどかしくなってしまい、苦しくなるような夢があります。

この夢は走っている夢の中でも、あまり良い意味ではない凶夢です。

この夢を見てしまったあなたは、今現在何か厄介なトラブルに見舞われていたり、長い間あなたを苦しめているトラウマを抱えていたり、やり場のない怒りをもったまま生きているのかもしれません。

また、近々そのようなことが起こるという暗示的な意味もあると言われています。

ですから、この夢を見てしまったら、何か自分を苦しめているものがないか、ふたをしている感情がくすぶっていないかなど、自分自身とよく向き合って、たな卸しをしてみてはどうでしょうか。

必死で何かから逃れようと走って逃げているような夢を見たら、現実でも同じようなことが起こっている可能性があります。

自分の生活や言動を振り返り、こうなってしまった原因はどこにあるのかを考えてみてもよいかもしれません。

また思うように走れないでもがくという夢も、同じようにあまり良い夢とは言えません。

自分の感情を抑制しすぎてコントロールができなくなったり、何かに強い怒りやジレンマ、不条理を感じているのかもしれません。

走っている夢の意味を知ろう

同じ走っている夢にも、前向きでエネルギー溢れる吉夢と、焦りや不安などが起因する凶夢があるのですね。

あなたが今度走っている夢を見たときは、目覚めてすぐにどんな夢だったかノートに記録してみましょう。

そのときのあなたの心理状況と夢を照らし合わせてみると、あなた自身に対して、何か面白い発見ができるかもしれませんよ。