彼氏と一緒にいるとストレスが溜まる時の対処法。自分の時間やルールを作ろう

最終更新日:2016年4月12日

彼氏と過ごす時間は一緒に笑ったり、たくさん話したりと楽しい時間でしょう。

しかし彼氏とはいえども男女間の違い、考え方の違い等様々な理由から意見が食い違ったり、喧嘩になることも時としてあります。

ここでは彼氏といるとストレスがたまる時の対処法をご紹介します。

1.1人の時間を作る

まずは一人の時間を作ることでストレスを回避しましょう。

もちろん彼氏と居て、お互いにストレスを感じないことがベストです。

しかし人間関係においてはいい時もあれば疎ましく感じることもあります。

彼氏にストレスを感じる理由は様々ですが、もしかしたら彼と長い時間一緒に居ることで視野が狭くなってしまっている可能性があります。

そこで意図的に1人になる時間を作るのも大切です。

家で一人でこもっていると自分と彼のことばかりに気を取られ、さらにイライラしたり別れという決断を急いでしまう可能性もあります。

できれば1人でできる趣味や外に出て通う様な習い事などを始めてみましょう。

スポーツジムに入会したり、ヨガや今までやりたかったことをあえてこの時期に始めてみましょう。

そうすることで彼への関心や一緒に居る時間が短くなり、一緒に居ることができる時間をありがたく感じる可能性があります。

又外に出て多くの人に出会うことで自分がリフレッシュし、相手のことで嫌だと思っていたことも受け入れることができる様になるかもしれません。

1人になってストレス解消できることがあればそれも効果的ですので、彼には「今日は1人で趣味の時間に使いたい」と伝え、インターネットや携帯電話から離れた生活をしてみることもお勧めです。


2.ルールを作る

彼にストレスを感じる理由にもよりますが、お互いが譲ってルールを作るというのも1つの方法です。

例えば毎日メールで今日一日の報告をしてほしいという彼を、あなたが束縛されている感じている場合や、自分の趣味ばかりを優先する彼氏と居ると確かにストレスと感じてしまうでしょう。

ここで大切なことはルールを作ると言っても「もう~しないでほしい」「次に~したら別れる」と極端な決断をしないことです。

3日坊主とはよく言われますが、実は新しいことを始める時に長続きしないことには理由があると言われています。

あなたが英語の勉強を再開しようと「今日から全く手を付けていなかったテキストを10ページずつやろう」としても、大きな変化を恐れる脳が元に戻そうと働きかけてしまうと言われています。

その為最初は1ページでもいいからやること、それが続けば今度は毎日5ページにする、最後には10ページにする、という風に変化をつける為には少しずつ段階をあげることが大切なのです。

彼も自分だけが禁止されることはストレスに感じていまい、反発して全くルールが意味がないものとなってしまう恐れがあります。

メールの回数が多い彼には「メールは毎日するけれど、回数を減らしたい」、自分の趣味ばかりを優先する彼氏には「趣味を優先してもいいけれど、週に1度は2人だけの時間を作ってほしい」という風に少しだけお互いが歩み寄る様にルールを作ればお互いに少しの努力は要しますが、無理せずに良い関係を築くことができると言えるでしょう。

3.グループでの時間を作ってみる

次に考えられる方法は、彼との2人だけの時間だけでなく共通の友人を含めたグループでの時間を持つことです。

彼と2人でいるとついお互い自分の意見が譲れずに喧嘩になることや、お互いがいることが当たり前にになり「~してくれて当たり前」と相手の存在に感謝できないでいる可能性があります。

それでは彼氏と居ることでストレスを感じて当然です。

その為2人だけでなく共通の友人を含めて会食をしたり、自分の友人を呼んでみる、彼の友達に会ってみる等してグループでの時間を作ってみましょう。

彼の友人の前ではいつもと違う表情を見ることができるかもしれませんし、自分の友人の前で彼が見せる紳士的な態度を見て、「付き合い始めの頃は自分にもこんなに紳士的だったけど、それを当たり前だと感じていたな」と反省させられるかもしれません。

グループでバーベキューをしたり、旅行したりもいいでしょう。

彼もあなたには甘えてしまい、自分のダメな所は分かっていながらもついあなたの注意には耳をかさない様になっているかもしれません。

しかし同じ注意でも友人から言われたら素直に聞いてくれたり、逆にそれが彼のいいところで彼があなたをどれほど心配しているかを友人から聞かされる等意外な意見を聞くこともできるかもしれません。

彼にストレスを感じるからにはお互いに何か甘えているところや思い込んでいることがあるのかもしれません。

グループで会う時間を作り、新鮮さを取り入れましょう。

ストレスが溜まっても簡単に別れないようにしよう

嫌だと感じている時には思い込んでいることもあるので、別れるなどの大きな決断はしない方が無難です。

その後に後悔しないためにもまずはできることをやってみましょう。

意外にもストレスだと感じていることを彼は気づいていないだけかもしれません。