今日は生理だと彼氏へ上手に伝える方法5つ

彼氏の悩み 恋愛最終更新日:2016年4月12日
生理を伝えようとする女性

あなたは彼氏に生理だとどうやって伝えますか?

大半の女性は「言いにくい」「恥ずかしい」「気づいてくれたらな」と思うのではないでしょうか。
生理という言葉もあまり使いたくないと思う女性も多いのではないでしょうか。はっきりと「今日、生理だからしんどいの」と伝えられたらいいのですがなかなかストレ-トには言いにくいですよね。

また相手の反応も気になってしまうところです。そこで、彼氏に生理だと上手に伝える方法をご紹介したいと思います。

1.女の子の日だからと言葉を変えてみる

ストレ-トに生理という言葉に抵抗がある人は、「女の子の日」と言ってみてください。男性からすると、鈍い人は言葉自体を知らない人もいるかもしれませんが「ほら、あれ」と言葉を濁すと伝わるかもしれません。

また、生理という言葉より、女の子といった表現の方が
可愛く思えて、女性的にもいいやすい言葉かもしれません。

女の子の日なんだ~と可愛く言ってみてください。彼氏が急に優しくなったりするかもしれません。

2.お腹にカイロしてるんだと言う

どうしてもお腹が痛かったり、しんどい事を伝えるには、お腹にカイロをしてるんだと伝えてみてください。必ず「なんで?」と聞いてくると思います。

その時に実は体調がよくなくて生理でつらいんだと伝えましょう。男性は言葉の表現だけでしんどい事を理解するのは、結構難しいのです。

男性には生理がなく痛みもどんな痛みなのかが見当つかなくて、聞き流してしまいがちですが、お腹を温めていると伝えると見た目にも痛そうに見えるので、少し心配してくれます。

3.目の前で痛み止めなどを飲む

食事の後に、彼氏の前で薬を飲むところを見てもらいます。そうすると、「どうしたの?」と聞いてくると思うので、その時に実は生理でお腹が痛くて薬を飲んでいると伝えるのです。

それまで、気づかなかった事実に彼氏は心配してくれたり
気にかけてくれるようになります。

4.カバンに女の子の日のものが入ってるからと言う

カバンを彼氏が持ってくれることがあったら、さりげに「恥ずかしいからカバンの中身は見ないでね、生理用品が入ってるの」と伝えましょう。

あぁ、そうなんだと気づいてくれますし、意識をしてくれるはずです。あまり男性は女性のカバンを見たりはしませんが
今日はカバンに入ってるんだと意識が働いて、優しくしてくれるかもしれません。

5.手が冷たいからさすって

血流が悪くなって手足が冷えたりしますよね。彼氏と手をつないでいる時や、ふとした時に「手が冷たいからさすって」と言ってみましょう。

そのタイミングで「今日は生理だから、血流が悪いみたい」とさりげに生理をアピールします。男の子からしたら
よくわからないけど、そんなに大変なんだったら守ってあげなくちゃと思います。また触れ合うことで、耳を傾けてくれるチャンスになります。

言葉だけではなく、行動も一緒につけると男性は耳を傾けてくれやすくなります。

ストレートに言わずとも生理を気づいてもらうことはできる

直接ストレ-トに言うには抵抗がありますがふとした何かについでや、いい方を変えてみたり、行動で表現する事で
男性に理解しにくい生理について伝えやすくなり、また気にしてもらえるようになります。一度試してみてはいかがでしょうか。

 

    「今日は生理だと彼氏へ上手に伝える方法5つ」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。