付き合って2ヶ月記念日に贈ると喜ばれるプレゼント

最終更新日:2015年6月4日

付き合いたての頃は、小さなことでもお互いに共有したくなったり、相手のことがもっともっと知りたいと思ったり、相手が何をしたら喜ぶだろうかと考えたり…。

恋愛がとっても充実している頃ですよね。

そんな時彼と付き合い始めて2カ月になる頃。
記念日をお互いに意識して、これからもずっとよろしくねという意味をこめて、彼に贈り物をしてみるのはいかがでしょうか。

1.ペアの時計

既にカップルになっているとはいっても、まだまだ付き合いたての二人です。

明らかなペアものやアクセサリーなどを持つことには、まだ抵抗のある時期かもしれません。

そこで、仕事でもプライベートでも使える、腕時計をお揃いでもってみるのはいかがでしょうか。

全く同じデザインというものではなく、少し色やデザインが違っているようなペアものこそ人気もあります。

気恥ずかしさがあまりなく、でもペアものをもらった時の少しだけはにかんだ彼の様子も見られるかもしれません。


2.お花のアレンジメント

花束でもいいですが、花瓶を持っている彼はなかなか少ないですよね。

最近はどのお花屋さんにいっても、かごやケースに入った、卓上にそのままおけるタイプのアレンジメントがあるので、そのままプレゼントしましょう。

意外とお手入れも楽ちんです。

男の人に対してのプレゼントでお花というのは少し斬新ではありますが、逆に、男の人にとっては、こんな機会でもなければお部屋におくこともないものなので、あなたとのお付き合いのことを、しみじみと実感してくれるでしょう。

季節のお花で、来年の同じ時期に思い出してもらってもいいですね。


3.ペアで小さなサボテン

ガラスのいれものに、可愛い色の砂や石でデコレーションされたもののように、かわいらしいデザインのサボテンもよく売っています。

小さなものだと場所もとらないし、お部屋のアクセントにもなってとても素敵です。

自宅の部屋でなくても、いつもの会社のデスクに置いても和み効果が十分にあります。

また、お花が咲くタイプのサボテンだと、お互いに「そっちにはどうなってる?」などと二人で写真を送り合ったり、会話にも花が咲くでしょう。

一緒に住みはじめたら、並べて飾っても可愛いですね。

そんなに世話がいらないのも、プレゼントとして喜ばれます。


4.もちろん手書きの、お手紙

古風かもしれませんが、こういうメールやLINEでの連絡が一般的になってしまっている今こそ、たまに書くお手紙は間違いなく喜ばれるでしょう。

意外と相手の書く文字って、知らないものなんですよね。

思っていたよりもキレイだったり、可愛かったり、達筆であったりしたらいいところを見せるチャンスでもあります。

しっかりした文章でもいいし、甘えたような内容でもいいでしょう。

次の記念日には、彼からお返事がくるかもしれません。

何年かしたあとに発見して、こんな時期もあったねと笑いあえるのも楽しいです。

あまり自分が恥ずかしくなりすぎてしまうような内容は、一応やめておきましょう。


5.大切な思い出の写真アルバム

一緒にいったデートの写真や食べたものなど、今までの日々を振り返えることができる写真アルバムで思い出を共有しましょう。

長年連れ添った相手に対しての空気のような感じもまだでていなく、純粋にラブラブであること間違いなしの頃です。

携帯の写真ばかり撮っているのをたまにはプリントアウトして、お気に入りの一冊をしあげましょう。

まだまだ写真があまりなくてもいいのです。

これから増やしていく前提で、アルバムの10パーセントも埋まっていなくても、今後の二人の写真を足していく二人だけの宝物となります。

もし予算があれば、デジタルフォトフレームで、スライドショーのようにするのもいいでしょう。

たくさん増やしていかないと、すぐに同じ写真ばかりになってしまうので、気合いをいれて写真集めに励むこともできます。


6.アロマキャンドル

これも好きな男性は多くいるはずですが、なかなか男性ご自身では買わないもの。

炎がゆっくり無規則な動きで揺れていくのを、ただただじっくりと見ているだけで、二人ともとても穏やかな、温かい気持ちになります。

キャンドル自体も、スイーツのようにかわいい形になっているものや、綺麗なグラデーションになっているものなど、たくさん種類があって選ぶのも楽しいですね。

わざと部屋の電気を消して、部屋でDVDを見るときにキャンドルだけつけておくのもオシャレです。

また、人は思い出の中に意外とその時に感じた嗅覚ものこっているそうです。

大好きな香りと関連付けて、二人の思い出を刻んでみませんか。

2ヶ月目のプレゼントで素敵な思い出を

きっと、何を贈っても喜んでもらえますし、実際に何を選んでもあなた自身も楽しいはずです。

大事なのは、ただ記念日というイベントを楽しみたいというのではなく、あなたがこれからも彼とずっと一緒にいたい気持ちや、彼のことが大好きでもっともっと仲良くしていきたいという気持ちが相手に伝わることです。

2ヶ月目のプレゼントで素敵な思い出をつくりましょう。