彼氏の誕生日や記念日に贈る手作りアルバムの作り方

記念日・誕生日最終更新日:2019年7月28日

記念日や誕生日には手作りのアルバムを作ってみましょう。

データとして写真を残すことが当たり前となった今の時代だからこそ、手作りのアルバムは喜ばれます。

恋人への誕生日や記念日のプレゼントが決まっていない方は、ぜひ手作りアルバム作りに挑戦してみましょう。

アルバムの台紙を用意する

まず、アルバムの土台となる台紙を用意しましょう。

今は昔と違って、専用の台紙以外でもアルバムは作ることができます。

スクラップブックという新しいアルバムの形が生まれ、色々な素材を使って思い出を表現することができるようになりました。

台紙となる紙は、冊子の形をしているものなら何でも自由に活用できます。

しかしアルバム作りが初めてという方は、スケッチブックやノートなどの無地のものを使用しましょう。

クラフト紙などざらついた紙質のものを使ってもオシャレな雰囲気を出すことができますよ。

アルバム作り上級者となると、英字の印刷がしてあるものや絵本などもうまく取り入れる方もいます。

作りたいアルバムの雰囲気をよく考え、自分が作業しやすい台紙を選ぶようにしましょう。

彼との思い出の写真を集める

次にメインとなる写真を準備します。

2人が出会ってからの思い出をたくさん集めましょう。

普段スマートフォンで写真を撮っているために、紙としての写真が手元に無くて困っている方も慌てる必要はありません。

カメラの現像を行う写真屋さんでスマートフォンの画像を写真として簡単に印刷してもらうことができます。

また、最近では写真を印刷できるアプリもあります。

スマートフォンで撮った画像をコンビニなどで印刷することができます。

簡単な作業でできてお値段も手頃なので、お財布に優しいです。

学園祭や花火大会など、2人でイベントに参加した時の写真がアルバムにしやすくてオススメです。

出会った時さら最初のデートを順番にまとめていくのも、思い出を振り返る機会にもなるので良いでしょう。

また、選ぶ写真は必ずしも人が写っているものでなければならないということではありません。

2人で行った場所の風景や食べたものなど、思い出をイメージできるものが写っていればOKです。

写真を印刷することで、思い出すこともたくさんあるはずですよ。

人と物の写真のバランスをとりつつ、たくさんの写真を用意しましょう。

アルバムの飾りを用意する

写真を集めたら、次は思い出を彩る飾りを用意します。

手作りのアルバムが当たり前となった今、様々なデコレーションの素材を手軽に手に入れることができます。

100均でもたくさんの種類の飾りが売っていますので、色々と探してみましょう。

飾りの種類にはデコレーションシールやスタンプ、マスキングテープなど、見ているだけでも楽しくなる素材がいっぱいあります。

型抜きパンチもあると、写真の周りにかたどったものを散らせるので、より可愛い雰囲気のアルバムになります。

スパンコールもキラキラとしたアクセントになるのでオススメです。

雑誌の切り抜きなども工夫次第で十分デコレーション素材として活用することができますよ。

また、2人で行った旅行の地図や遊園地のチケットなど思い出の品を貼りつければ、アルバムを開くたびに楽しい思い出がよみがえってくるはずです。

チケットには、日付が入っているので、写真整理の時に順番が分からなくなってしまった時に残っていると助かるアイテムです。

男性はチケットなどを気づくとどこかへ無くしてしまっているものです。

そのアイテムを大事にとっておくことで喜ばれるはずです。

これらの飾りをうまく選んで、オリジナリティのあるアルバムを作ることができるように頑張りましょう。

写真を切り抜いていく

必要なものが揃ったら、いよいよ写真に手を加えていきます。

プリントした写真をそのまま貼り付けるだけでは、面白味にかけたアルバムとなってしまいますよね。

例えば、旅行に行った際の食事を切り抜いて貼ってみると立体感があってまるでメニューのような見栄えになりますよ。

写真は四角のままではなく、はさみなどで好きな形に切り抜くようにしましょう。

また、刃の形がギザギザや波のようになっているはさみも文房具屋などで売っています。

キレイに形を切り抜く自信がない人は、そのようなはさみで写真の周りをまっすぐに切るだけでも可愛くアレンジすることができますよ。

星やハートの形に切り抜くことができる型抜きパンチなども、手軽でオススメです。

雑貨屋や文房具屋にいけば、今回紹介した他にもアルバムに使える便利なグッズがたくさん揃っています。

それらをうまく活用して、動きのある可愛い写真をどんどん作ってしまいましょう。

写真をアルバムの台紙に貼りつける

そこまで終わったら、切り抜いた写真を台紙に貼りつけていきます。

ここで気を付けることは、写真同士の間隔を十分にあけることです。

あまり写真と写真の間を狭めて貼りつけるとごちゃごちゃした雰囲気になってしまいますし、何より余白に文字を書くことができなくなってしまいます。

後で何か書き込むことを想定して、余白のスペースは大きくとるようにしましょう。

また、最初からのりで貼りつけてしまわずに、台紙の上に写真を仮置きすることで失敗を防ぐことができます。

写真の位置を決めたら仮に置いてみて、完成図を十分にイメージしてからのりづけするとよいですね。

この仮置きをすることで、食べ物の写真だったらまとめた方が見やすいな、などの発見もできるのでとても大事な作業です。

切り抜いた写真を斜めに貼ってみても、動きのあるアルバムにすることができます。

この作業は、写真にのりをつけてしまったら引き返せません。

一度で成功するように、慎重な作業を心がけましょう。

アルバムにメッセージを書く

ここまで来たら、あとはメッセージを記入するだけです。

写真と写真の間にできた余白に、思い出や彼に伝えたいことを書き込んでいきましょう。

時々ペンの色を変えるようにするとカラフルでキレイなアルバムに仕上がりますが、あまりけばけばしくならないように注意しましょう。

また、メッセージそのものにもひと工夫するのもオススメです。

飛び出す絵本風に紙で扉を作り、開くと中にメッセージが書いてあるという演出などは、読んでいる人が楽しい気分になれますよ。

メッセージを書く台紙は、専用のカードでも良いですそ、画用紙、折り紙などの素材を使うのもオリジナル感が出て素敵に仕上がりますよ。

普段伝えられないような感謝の気持ちなど、手帳に書き込む要領でたくさん書いていきましょう。

余白を埋め終えれば、手作りアルバムの完成になります。

心がこもったアルバムを彼氏にプレゼントしよう

手作りのプレゼントには自分だけのオリジナリティを表現することができますし、何より心がこもっています。

手作りアルバムをプレゼントすることが中々ないあなたも簡単に作ることができるんです。

今までの彼氏との思い出がつまった手作りアルバムは、恋人同士にとって何にも代えがたいプレゼントになるでしょう。

例えば、将来結婚をすることになった場合は、結婚式のウェルカムスペースに置いて活躍させることもできます。

また、子どもが生まれて大きくなったら親の昔の姿を見ることができて話も盛り上がるでしょう。

こんなことも想像しながら作ることも楽しいですよ。

彼の誕生日や記念日には2人の思い出を詰め込んだアルバムを、是非手作りしてみましょう。

 

    「彼氏の誕生日や記念日に贈る手作りアルバムの作り方」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く