歯が抜けた男性

歯が抜ける夢の意味とは。前歯・奥歯・八重歯・虫歯で意味が異なる【夢占い】

最終更新日:2016年10月10日

歯が抜ける夢を見た時はなんだか不安になりますよね。

自分の体の一部でもある歯が、たとえ夢であったとしても抜けてしまうというのは、あまり良い気分ではありません。

目覚めた時に、歯が抜ける夢のことを思い出して気になったり憂鬱になったりする人もいるのではないでしょうか。

一体、歯が抜ける夢にはどのようなことが暗示されているのでしょう。

今回は、歯が抜ける夢を見た時、それが指す意味や深層心理についてご紹介します。

1.体調に不安があり歯が抜ける夢を見る

歯が抜ける夢を見た時、目を覚まして嫌な気持ちになったり不安になったりすることがあります。

現実の自分自身を振り返って、体調面で不安なことが起きている可能性があります。

そのため歯が抜けた夢を見た時には十分な注意が必要です。

例えば、本当に歯の調子が悪いということが考えられます。

虫歯はもちろんのこと、歯周病や歯肉炎、口内炎といった口の中に関するトラブルに遭っていることもあります。

もし、思い当たる節があるのならば、そんな状況が歯が抜ける夢を見た原因かもしれません。

早めに歯医者へ行き、適切な処置をしてもらうことが大切です。

こうした時の歯が抜ける夢は歯医者へ行けという暗示と言えます。

他にも歯以外の体のどこかに不調が隠されていることがあります。

風邪や発熱等はもちろんですが、胃腸の具合が良くなかったり疲労が積み重なっていたりする可能性もあります。

もし少しでも不安に感じる場合は、かかりつけの病院へ診察を受けにいきましょう。

「歯が抜ける夢を見て不安で…」と言うのが恥ずかしい場合は「なんとなく体調がすぐれなくて」などと言ってみましょう。

そうすると、何か悪い箇所がないかを診察してくれます。


2.大切な人や物に関する不安を抱えている

歯が抜ける夢を見た時不安に思うのは、生えそろっているはずの歯が欠けてしまうということに対する嫌な気持ちがあるからです。

これは、乳歯から永久歯へと生え替わるという当たり前の現象とは違い、たとえ夢であったとしても、本来抜けるはずのないものが抜けてしまう夢だからでしょう。

自分自身の中にあって当然のものともいえる歯は、特に夢の中においては、自分自身の家族を暗示するものでもあります。

これが抜けてしまうということは、自分自身にとって大切な家族の誰かがいなくなってしまったりするのではないかという状況への不安を表しています。

大切な家族に関して、ひどく不安を抱えていることはありませんか。

その不安感が夢の中に表れてきている可能性があります。

ですから、思い当たる節があるのならば、不安感の原因となっている家族との関係を見つめ直してみましょう。

不安感が収まれば、歯が抜ける夢は見なくなるのかもしれません。


3.抜ける歯の位置や状態ごとの意味

歯が抜ける夢は基本的には不幸や不吉なことを表す夢です。

しかしその中でも抜ける歯の位置や本数によって意味合いが異なってきます。

前歯が抜けた夢の意味

前歯が抜けた夢は、自分の社会的な評判が落ちることを暗示しています。前歯は、口を開けた時に一番目立つポジションです。

つまり自らの顔の印象を左右する場所でもあります。

そのような前歯が抜ける夢を見るということは、自分の印象を下げることが起こるという意味になります。

奥歯が抜けた夢の意味

自分の精神的な支柱をなくすことを暗示しています。

奥歯は何かを頑張る、踏ん張る時に噛みしめる箇所です。

そこが抜けるということは、自分の大事にしているものがなくなってしまうということを意味します。

例えば家族や大事にしているコレクションなどがこれに該当します。

八重歯が抜けた夢の意味

八重歯が抜ける夢は、自分の武器となるものがなくなる、もしくは自分のコンプレックスが解消されるという意味もあります。

八重歯はチャームポイントとなることもあれば、コンプレックスとなることもある部分です。

自分が八重歯をどのように思っているかによって意味合いは異なってきます。

もし自分の八重歯は素敵でチャームポイントなのだと思っている場合には、そのような武器となるものが失われてしまうということになります。

逆にコンプレックスで悩んでいたという場合には、何か嫌だと思っていたことが解消される暗示となります。

上の歯が抜けた夢の意味

前歯や八重歯といった箇所でなく上の歯が抜けるということは、人間関係の悪化を意味します。

一般的に上の歯は、社会の外面を表しています。そこが抜けるということは、社会におけるコミュニケーションが上手くいかなくなるということを暗示します。

下の歯が抜けた夢の意味

上の歯と逆に下の歯は自分の内面を表します。

そのため下の歯が抜けるということは自らの内面の問題が悪化することを意味します。

例えば精神面で疲れていることや、将来の不安といったことを暗示しています。

全ての歯が抜けた夢の意味

自分の全ての歯が抜けてしまう夢の時は、自分の存在全てが消えかかっていることを暗示しています。

人間関係の悪化や身内の不幸などにより、自分の存在そのものがフワフワとしてしまいどこに向かっているのか分からないという気持ちの際に見ることがあります。

抜けた歯が虫歯だった場合の意味

抜けた歯が虫歯だった場合は、これまでと異なり良い意味であることが多くなります。

虫歯の様な悪いイメージの歯が抜けるということは、これまで自分が背負ってきたコンプレックスや問題が解決することを表します。

今まで悩まされてきた事柄が解決する暗示になります。

例えば仕事で抱えていた困難な障害が解決することや、身内の健康状態が回復するなどといったことが考えられます。


4.物事がもうすぐ落ち着く予兆を意味することも

歯が抜ける夢を見た時、どうしても不安を感じることが多いですよね。

しかし、心配になるのはただの杞憂かもしれません。

逆に、自分自身を取り巻く状況や取り組んでいた物事に一区切りがつこうとしている暗示の可能性もあります。

一区切りつけば、更に新たな段階に進むことになります。

すなわち、これまでの自分とこれからの自分との違いが、夢に繋がったのかもしれません。

つまり、これまでの自分のことを抜けた歯が暗示しています。

また、その歯が抜けることによって、新たなこれからの自分が始まるということを意味しています。

ですから、不安がるよりも、気持ちをリフレッシュしてみるようにしましょう。


5.身内に不幸が起こる暗示

歯というのは基本的に一生つきあっていくものになります。

そうした歯が抜けるということは、大事な身内に不幸が起こることを暗示しています。

あまり普段は考えたくないことですが、だからこそ夢の中で歯が抜けるという形でイメージがされていきます。

こうした時には、身内で健康に不安がある人がいないかを調べ、もし体調不良にも関わらず病院などへ行っていない場合には、一度診察を受けてみることをオススメしてみましょう。


6.自分自身に対する自信を喪失していて歯が抜ける夢を見る

歯が抜ける夢を見た時、どうしても目覚めた時には憂鬱感が生じてしまうものです。

しかしこの歯が抜けた夢の喪失感や憂鬱感は、実生活での憂鬱感を表していることがあります。

現実の生活において、自分自身に対する自信を喪失してしまうような状況に陥っていませんか。

歯が抜けた状態というのは、心に穴が空いたようなしっくりと来ない違和感を抱えます。

本来、生えている場所から歯が失われてしまうからです。

これが夢の中で引き起こされているとしたら、自分自身の心が反映されているのかもしれません。

夢だからこそ、自分では気づいていない自分の気持ちや感情も夢の内容に移し込まれている可能性があります。

例えば、仕事上の失敗やミス、学校で受けるテスト結果が良くない等が考えられますよね。

そういった場合には、心にずっと落ち込んだ感じが溜まってしまいやすいのです。

そんなストレスが大きく深くなってくると、夢の中にもその影響が表れているのかもしれません。

歯が抜ける夢の意味を知っておこう

今回は歯が抜ける夢を見た時、それが指す意味や深層心理についてご紹介しました。

歯が抜ける夢は、これまでの自分を振り返られる良いチャンスです。

夢を見て目覚めた後、不安感や憂鬱感を抱きやすいものですよね。

しかし、過剰に心配する必要はありません。

これからの新たな自分がどうあるべきか、改めて考え直す良い機会にしてみませんか。