仲間はずれにされる夢の意味とは【夢占い】友達付き合いが苦手なのかも

最終更新日:2016年9月18日

会社の同僚や、友達グループから無視されたり、自分だけ誘われないなど、仲間外れにされる夢を見た時。

それは、あなたの心の奥の叫び声かもしれません。

今回は、仲間外れにされる夢を見た時に考えられる深層心理を紐解きます。

1.過去に仲間外れにされたり、いじめられた経験がある

遥か昔、小学生の頃だとしても、いじめなどに遭ったことがある人は、そのトラウマから立ち直ることが難しいです。

子供であればあるほど、相手の気持ちを考えられない未熟な精神のため、いじめは残酷な内容のことが多いようです。

そして、いじめられる側も相手の気持ちを推測できない子供ですのですから、いじめる側がどんな気持ちで自分を虐げているのか理解できず、心に深い傷を負ってしまいます。

この経験は、大人になって「あの時のいじめは自分は悪くない、被害者だ」と納得できても、心の奥底では拭いきれない恐怖心などが残ってしまいがちです。

仲間外れにされる夢をよく見る人は、女性の集団が怖かったり、ひそひそ話をしている人を見ると不安になったりすることは無いでしょうか。

自分が悪く言われる理由なんてないのに、いつも心のどこかで仲間外れにされる可能性に怯えているのでしょう。

こんな闇を抱えているなら、彼氏、親友、誰でもいいですから、一人だけでも絶対的な自分の味方を作って下さい。

周囲の誰に見放されても、たった一人の味方がいると思えば、不安な気持ちが和らぎます。


2.逆に、過去に仲間外れにしたり、いじめをした経験がある

先ほどのケースとは逆に、いじめる側にいた経験がある人も、自分の周囲から人が去り、仲間外れにされる夢を見ることがあります。

いじめの首謀者だった場合は、大人になるにつれて、自分がしてきたことが酷いことだと理解し、その罪悪感に悩まされます。

子供の頃は小さな世界で頂点に君臨していた気分でいたのに、大人になって自分が大した人間ではないことを思い知ることもあるでしょう。

また、いじめをしていたことを昔の知り合いに暴露されることに怯えている心理が、夢に表れているのだとも考えられます。

首謀者ではないにしろ、いじめに加担していた経験がある場合は、いじめられっ子を助けたら自分もいじめられるとか、いじめっ子に逆らったら自分がターゲットになってしまうなど、不安定な立場にいた経験が心に重く残っているのです。

「いつ自分がいじめられるかわからない」と、そんな不安を抱えて子供時代を過ごすと、やはり心に傷を負うことになります。

こんな経験のせいで悪夢を見るだとしても、自分への罰だと思って受け止めるしかないのかもしれません。


3.無理な人間関係に晒されている

過去の経験ではなく、今現在の人間関係により、仲間外れにされる悪夢を見るのも多いことです。

今、会社などで付き合っている同僚たちの多数と、反りが合わなかったり、好きになれなかったりしていませんか?

しかも、それを無理して隠し、自分を偽って仲良くしているのではないでしょうか?

自分の本来の姿を偽ってでも近くにいる人と仲良くしたいと思う心理は、仲間外れにされたり、相手にされなくなることへの恐怖心から起こるものです。

ありのままに振る舞うと嫌われる、でも、自分を偽るのも疲れる。

そんな板挟みの心が、あなたに夢を見させることで警告を与えているのです。

ですから、現在の人間関係に無理が生じていることを自覚して、相手に合わせすぎるのを控えた方が、長い目で見て、万人と良い付き合いができます。

自分を殺しすぎると、もちろん自分自身が疲れてしまいますし、相手も違和感を感じることになり、「あの人の本心が見えない」と思われて、結果的に良くないです。


4.人を信用できないのに、友達の多さにこだわり過ぎている

友達がいない人や、友達が少ない人のことを見下したり、恥ずかしいことだと思っていませんか?

人望が厚いことはもちろん素晴らしいことですが、信用ならない人間を周囲に集めて、ただ人数だけを稼いで友達の多さを稼いでいるようなら、その人付き合いには無理が生じてしまいます。

人数こそたくさんいますが、いつ裏切られるかわからない浅い友達ばかりだったり、打算抜きで助けてやりたいと思う大事な友達が一人もいなかったり。

こんな友達付き合いを続けていると、相手への不信感を抱えているのに、縁が切れないように気を遣い過ぎて、精神的に消耗してしまいます。

自分が相手に心を許していないからこそ、その裏返しで、周囲のみんなに手のひらを返されるかもしれないと、心配する気持ちが、夢に出てしまうのでしょう。

自分がこのタイプだと思ったら、友達は量より質、人数は少なくても、信頼できる人とだけ付き合うようにすると良いでしょう。

仲間はずれの夢はきちんとした友達付き合いができていない証拠かも

自分に当てはまるものはあったでしょうか。

子供の頃ならまだしも、成人すると、仲間外れにされることなんてなかなか起こりにくいものです。

ですから、こんな夢を見る人は、子供の頃の経験を引きずっているか、現在大人の友達付き合いができていないという可能性があります。

大人になってしまえば、仲間外れにされる方よりもする方に問題があるのですから、そんな夢を見ても、「もう大人なんだから」と言い聞かせ、気にせず大きく構えて行きましょう。