初デートから2回目デートまでのベストな間隔は1週間!素敵な出会いにつなげよう

最終更新日:2016年2月23日

初回のデートがうまくいき、2回目のデートの約束をすることができた場合、初回から2回目のデートまでのベストな間隔はいったいどのくらいでしょうか。

今回はそんな初回のデートから2回目のデートまでのベストな期間についてご紹介します。

1.1週間開けるのがベスト

初回のデートを終え2回目のデートの約束をするという事は、お互いが相手に好意を持ったという大前提があっての事です。

もちろん好意と一言に行っても、「ちょっと気になる」くらいから、「一目ぼれ」くらいまだ幅があります。

また初回のデートで、同じくらいの好意をお互いが持った場合でも、人により「慎重なタイプ」と「イケイケなタイプ」があります。

お互い同じくらいの好意を持ったのに「少し頭を冷やしてみたい人」と「明日からでもお付き合いしたい人」がいるという事です。

この「好意のレベル」と「性格」がさまざまに組み合わさるため、ややこしくなります。

そこで初回のデートから2回目のデートの間隔は「1週間空ける」ということをお勧めします。

学生も社会人も基本的に「1週間」を単位に生活しているので、翌週の同じ日に会う約束をするのはもっとも自然で、違和感がありません。

男性にいろいろと考えさせてしまうリスクが低いのです。


2.短すぎると焦っていると思われるリスクがある

もし女性が初回のデートで男性の事を気に入ったとしても、2回目のデートが「次の日」や「三日後」と提案するのは危険です。

男性から「女性が彼氏が欲しくて焦っている」と思われるリスクがあるからです。

または「軽い女」と低く見られてしまうリスクもあります。

もちろん、運命の出会いのように気が合った場合は別かもしれません。

しかし、前述の通り、2回目のデートの約束はできたとはいえ、「好意のレベル」「性格」の問題があります。

逆のケースで考えてみましょう。

女性が男性に対して、まずまずの好意を持ったとします。

そして2回目のデートをしてみようかなと思った時に男性が「明日会いたい」、「三日後に会いたい」と言ってきたらどう思うでしょうか。

「彼女ができるなら誰でもいいのでは」「恋愛に対して真剣に考えていないのでは」と警戒するのではないでしょうか。


3.長すぎると乗り気じゃないと思われるリスクがある

では「2週間後」「1か月後」と提案した場合は相手はどう思うでしょうか。

男性は「それほど自分に好意を持っていないのではないか」と思うかもしれません。

それはやはり先述したとおり、生活の基本をたいていの人は1週間で組み立てているため、それ以上長すぎると違和感を感じるのです。

「なぜ来週じゃだめなんだろう」と深読みする男性もいるでしょうし、場合によっては「これは遠回しに2回目のデートを断っているんだ」と思ってしまう男性もいるかもしれません。

最近の男性は感受性が強く傷つきやすいので、こうした事態になっても不思議ではありません。

もちろん、仕事の関係などでどうしても2週間後でないと無理だという、男性が納得する理由がある場合は別です。

これについても、自分が男性から大した理由も明かされずに「2週間後」「1か月後」にデートを設定された場合を考えてみると良くわかると思います。

「本当はあまり乗り気でないのではないか」「誰かもう一人同じような人がいて、比較されているのではないか」などと悪い方に深読みしてしまうのではないでしょうか。


4.頭を冷やす時間も必要

初デートから1週間後というのは、頭を冷やすためにも有効です。

1週間の間、彼とのデートという「非日常」から仕事や学生生活やバイトなどの「日常」に戻れるからです。

その間に、友人や会社の同僚や、両親などと生活をすることで、あなたはまたニュートラルな考え方に戻ります。

それでも「やっぱり会いたい」と思えれば、初回のデート後に感じたあなたの感情と、2回目のデートをするというあなたの判断は間違っていないことになります。

男性の側も、同じようにこうした時間を過ごしてもらう事で、自分に対しての思いを整理してもらう事が出来ます。

もし、相手がそれで乗り気でなくなったら、その時はがっかりするかもしれませんが、長い目で見れば無駄な時間を過ごさなくて済むわけです。

無理に付き合って、お互いが傷つくというリスクも避けられます。


5.好きなら会いたくて仕方なくなる

そして、もしもこの1週間で、ますます彼に会いたくなった場合は、この1週間と言う待ち時間が長く感じるはずです。

こうした待ち時間が恋や愛を育てていきます。

とても楽しい時間です。

そして、次に彼に会う時はわくわくした気持ちで会う事が出来るでしょう。

もちろん彼のあなたへの好意が本物だった場合も、同じように彼はもどかしい待ち時間により恋心を育てて、あなたに会いに来るのです。

そしてそんな二人が2回目のデートをした場合は、多分初回のデートよりも楽しくて、もっとお互いを理解できるようになっているはずです。

初回と2回目とのデートの間隔は1週間が適切

このように初回のデートから2回目のデートまでの間隔は「1週間」がベストだといえます。

これより短すぎても長すぎても、相手は不信感や違和感を感じてしまうからです。

お互いの「好意のレベル」や「性格」がわからないので、生活リズムの基本単位である「1週間」間隔を空けることが最もリスクが少ないのです。

この期間に自分の心を見つめて、2回目のデートをより素敵なものにしましょう。