初デートでピンとこない異性への対処法

初デート最終更新日:2016年2月23日

1回試しにデートをしてみたものの、「何かこの人、いまいちピンとこない」と感じてしまうことはありますね。しかし、だからと言って、いきなりその男性との縁をすっぱり切ってしまうというのも大人として良い対処ではありません。

では、そんな男性に対して、どのように対処していったら良いのかご紹介します。

1.しばらくデートをせず、連絡を取るだけのコミュニケーションに徹してみる

「1回めのデートがいまいちだったから、次こそは!」と力んでしまうと、かえってお互いにプレッシャーになって疲れてしまいます。なので、次のデートまでは、少し時間を置くことをオススメします。

その代わり、電話やメール・LINEなどで、コミュニケーションを取ってみましょう。そこで繰り広げられるやり取りの中で、相手の意外な良い面を発見するかもしれません。面と向かうと照れて言えないことも、連絡ツールを使ったやり取りならば、気負わずにできることも少なくありません。

2.連絡を取り合ううちに相手と打ち解けてきたら、もう1度デートをしてみる

電話やメール・LINEなどのツールで、ある程度相手と打ち解けてきて、「もう大丈夫かな」と感じたら、もう1度デートをしてみても良いでしょう。ちなみに「もう大丈夫」のポイントは、「緊張感なく、相手と自然にコミュニケーションできるようになった時」です。

打ち解けた後のデートは、初めてのデートよりもリラックスした雰囲気になるので、前回とは違った楽しみ方ができるようになっていると思います。本来、デートの楽しさと言うのは、初めてのデートではなく、2回目以降のデートで生まれてくるものなのです。

デートの楽しさは、「リラックス」がカギです。

3.それでもピンとこなかったら、きちんと相手に伝える

男女関係は「相性」というものがありますから、いくら緊張が解けた雰囲気になっても「異性としてピンとこない」ようでは、1対1の交際に発展することはありません。この場合は、その後の付き合い方を考え直す必要があります。

もし、「異性としては見られないけれど、友達としては付き合いたい」と思うなら、そのことをはっきり伝えましょう。又、逆に、「この人とは、やっぱりどうも合わないらしい」と感じたら、正直に相手に打ち明け、謝りましょう。

大切なのは、「相手にきちんと伝える」ということです。曖昧にしたままだらだらとデートだけを続けるのは、相手に対して失礼です。

初デートでピンとこなくとも相手の内面を見る努力をしてみよう

初めてのデートが、いまいちピンとこなかった場合でも、まずは焦らずに相手とコミュニケーションを取り、相手の内面を見るように努力しましょう。そして、それでもダメなら、誠意をもって、相手と話し合うことが大切です。

「デートがつまらなかったから、この人とは終わり!」と勝手に決めつけて、一方的に縁を切ってしまうような失礼な行為だけは避けなくてはいけません。
最後まで、相手に対する配慮とリスペクトを忘れないようにしたいものです。

 

    「初デートでピンとこない異性への対処法」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く