服の着回しが苦手な人が上手にやるコツ。ファッションを楽しもう

ファッション 日々の生活最終更新日:2015年4月19日

オシャレはしたいけれど、洋服を何着を買うのはお金がかかります。
そこで、上手に着回しをすることによって、いつもの洋服をセンス良く着こなすことができます。

しかし、着回しは、「ただ同じ洋服を着ているだけ」ではカッコいい自分にはなれません。
そのため、いくつかコツを押さえておく必要があります。

では、具体的にはどのようなことを意識すれば良いのでしょうか。

1.「こうなりたい」と思う自分のイメージをいくつも作っておく

ただ機械的に違った洋服を組み合わせるだけでは、カッコイイ着回しのコーディネイトとは言えません。
洋服を着た時、「自分はこんな雰囲気になりたい」というイメージを明確にしておき、それを実現させるのが着回しコーディネイトです。

まずは、常日頃からファッション雑誌やファッション系のネット記事に目を通して、ファッションに興味を持ちましょう。
そして、「このコーディネイト、好きだなぁ」と感じたら、自分の中の「なりたい自分」という引き出しにストックしておきます。

もしできるのであれば、気に入ったコーディネイトの画像をノートにスクラップしておくのも良いでしょう。
自分の好きなコーディネイトを、一見してわかるようにしておくと、イメージを作りやすくなります。

又、好きなコーディネイトのバリエーションは、多ければ多いほど良いでしょう。
楽しみながら、たくさん探してみてください。

2.洋服以外の小物を上手に使いこなす

全く同じ組み合わせの洋服でも、アクセントに小物が入ることによって、イメージががらりと変わってきます。
アクセサリーやストール・帽子などを上手に使い、いつものコーディネイトにスパイスを加えてみましょう。
特にストールや帽子は、小物の中でも存在感があるため、イメチェンに大活躍してくれるアイテムです。

又、着回しでイメージを変えたい場合は、小ぶりな小物よりも、ある程度大きさがある小物を使った方が、違ったイメージをより作りやすくなります。

更に、靴やバッグも侮れないアイテムです。
組み合わせる靴やバッグによっても、コーディネイトのイメージは大きく変わります。

3.自分の全身写真を撮る習慣を付ける

着回しが上達するためのコツとして、「自分の全身写真を撮る」という方法があります。
洋服を着たら必ず全身写真を撮り、自分のコーディネイトの記録を付けるのです。

この記録を後からマメにチェックすることによって、「このコーディネイトは良かった」「ここはこう直した方が良かったかな」といった客観的な分析ができるようになります。
それを続けていくうちに、どんどんセンスが磨かれていき、着回しが自然と上手になっていきます。

自分で「良い」と思い込んでいるコーディネイトが本当に良いものなのか、改善点はないかということを、客観的に見る分析力が、着回し力を上げてくれます。

4.洋服を買う際は、奇抜さのないデザインのものを選ぶ習慣を付ける

奇抜な色や柄・形の洋服は、単品で見ると個性的でカッコいいものですが、「着回しが全くできない」というデメリットもあります。
持っている洋服を上手に使って着回しするためには、洋服を買う段階で「着回しがしやすい洋服」を選ぶようにすることがポイントです。

奇抜なデザインの洋服は避け、どんなアイテムで合わせやすそうな、シンプルなデザインのものを選びます。
その洋服そのものが少々物足りなかったとしても、組み合わせ次第・小物の合わせ方次第で、いくらでも遊ぶことができます。

コーディネート次第では、華やかなものに大変身することもあります。

5.洋服を買う際は、「この1着で、何通りの着回しができるか」を意識して買う

新しい洋服を買う際意識したいことは、「この1着で、何通りの着回しができるか」を必ず考えることです。
特に、今自分が持っている洋服と組み合わせたらどうなるか、ということを考えるのは大切なポイントです。

もし何もイメージが浮かばないようであれば、「その洋服は着回し向けではない」ということになります。

洋服を買う際に、毎回必ず「どれだけの着回しができるか」「着回しでどのくらい遊ぶことができるか」を意識すると、自然に着回し向けの洋服を選ぶセンスが磨かれていきます。

6.同じ洋服でも、メイクや髪形を変えてみると、イメージが変わる

同じ洋服ばかりで飽きてしまったら、メイクや髪形を変えてみましょう。
全く同じ洋服を着ていても、メイクの色使いや雰囲気・髪型のアレンジ次第で大変身することが可能です。
そうやってイメチェンしていくと、他の人は、「この前と同じ洋服を着ていることに気づかなかった」という嬉しい反応を示してくれます。

小物や靴・バッグ同様、メイクや髪形も着回しテクニックの1つに加えておきたいものです。

着回しを楽しむことが大切

着回しとは、「少ない洋服で何とかやりくりする」という節約だけでなく、「1つ1つの洋服の魅力を生かしきって遊ぶ」ということでもあります。
どんな組み合わせをしたらより素敵に見えるのかを常に意識し、楽しくコーディネイトしてみてください。

着回しとは「センスを生かした遊び」ですから、まずは楽しむことが大切です。

そのセンスが、そのままあなたの魅力に繋がります。

 

    「服の着回しが苦手な人が上手にやるコツ。ファッションを楽しもう」への感想コメント一覧

  1. 1. 優子2018/05/14(月) 19:47

    おしゃれって難しい。
    ひとつ間違えると派手すぎたり、場所に、そぐわなかったりして。
    確かによく考えて画像とかチャックして考える事が必要ですね。

この記事への感想を書く