彼氏いない歴=年齢の20代女性が彼氏を作るためのポイント3つ

素敵な人と出会う最終更新日:2014年11月1日

まず、大前提として理解してほしいポイントは「容姿の善し悪しは必ずしも恋愛経験と比例しない」ということです。

モデルのような容姿・スタイルをもってしても恋愛経験が無いと言う方も大勢います。

素敵な恋愛をする為に必要な事とはどんなことなのでしょうか。

1.男性から見て「一緒に居たい」と思わせる

「容姿はモテに関係が薄い」とは言いますが、容姿によって左右される部分が大きいことは確かです。

とは言え彼氏が出来るかどうかは「男性から見て、その女性と一緒に居たいかどうか」が大きく影響してきます。

例えばトップアイドルのようなタレント性のある女性の場合、見た目の要素の確かにありますが「その女性の彼氏であることでステータスを得られる」と言うメリットの方が大きいと言えます。

誰に見せても恥ずかしくないからこそ、付き合いたい・結婚したいと言う感情が生まれてきます。

しかし、一般女性がトップアイドルに対抗するのは無謀です。それ程のタレント性を持っている方はほんの一握りだからです。

つまり、ステータス以外の部分で勝負する事になりますが、それが「一緒に居たいと思わせるかどうか」という事です。

家庭的であるとか趣味が合うと言うのは非常に大切ですので、そう言った部分や女性的な魅力で勝負すると良い結果に繋がりやすいと言えます。

2.自分を卑下しない

他の部分はさておき、彼氏いない歴=年齢の恋愛経験が無い女性の多くは「恋愛に対してのコンプレックス」を抱いている事が多いです。

しかし20代女性で恋愛経験が無い・少ないという事は全くデメリットになりませんし、むしろ男性から見るとメリットになる事も少なくありません。

その為、逆に自分のセールスポイントとして活用する方がよっぽど効果的です。

ただし、容姿が悪くない場合は「性格に難があるのでは?」と懸念されてしまうこともありますので、普段の生活の中で「素の自分」を出して相手の不安を消していく必要があります。

恋愛にコンプレックスを持っている女性は、「どうせ私なんて」と思っている事も多いです。

そのネガティブな印象が男性に伝わってしまうと重いと感じてしまうことが多い為、一緒に居たいと思いづらくなり、結果的に恋愛から遠ざかってしまう可能性があります。

そこで、積極的に自分の良い所をアピールしていく事が必要になってきます。

3.恋愛に対して積極性を持つ

彼氏いない歴=年齢という恋愛経験の無さを意識するあまり、「どうしても男性に対して積極的なアピールが出来ない」という20代女性が多いです。

しかし、余程容姿が良いとかアピールポイントがあると言う場合でなければ、男性から告白されるのを待つと言う方法は適切ではありません。

むしろ、それが原因で恋愛から遠ざかってしまっている可能性もあります。

出来るだけ自分から積極的なアピールを行っていく事は抵抗を感じるかも知れませんが、基本的に恋愛に発展させるためには「いずれかの積極性」がなければ非常に発展しづらいのが事実です。そこで、意中の男性に向けて「私はあなたの事が好きです」という積極的なアピールを行っていく事が必要になります。

積極的なアプローチが大切

実際、異性から好きと言われて悪い気がする男性はあまりいません。どんな相手であれ異性に好かれるということは、男性にとってステータスを意識するうえで非常に重要です。

「最初は嫌いだった相手と結婚した」と言う話が少なくないのと同様に、最初の印象はあまり意味が無いという事を理解し積極的なアプローチを行っていく事が大切です。それによって少しでも意識してもらうことが出来れば、次第に20代であるあなたの魅力を感じとり恋愛に発展する可能性が出てきます。

「あばたもえくぼ」という言葉がある通り、恋愛に対して劣等感を感じる必要は全くないという事です。

,  

    「彼氏いない歴=年齢の20代女性が彼氏を作るためのポイント3つ」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。