彼氏を怒らせた時に、仲直りする方法4選

最終更新日:2016年4月12日

付き合っているとさまざまな事が有りますよね。

決して仲良しの楽しいことばかりではありません。

他人同士なので衝突することもたくさん有るでしょう。そこでキチンと解決をしていかないとどんどん溝ができてしまい破局を迎えてしまうなんてことも無くは有りません。もし彼を怒らせてしまったら、その時その時にしっかり解決をして仲直りしましょう。

1.何が彼を怒らせてしまった原因かよく考えて伝える

彼を怒らせてしまって険悪なムードになってしまったからと言って、直ぐに謝るのは絶対にやめましょう。

何に対して怒らせてしまったのかハッキリしていない状態で彼氏のご機嫌を取るだけの謝罪は逆効果だからです。例えば何が原因か分からないまま謝罪するとします。そこで彼から「俺が何で怒ってるかわかる?」と言われたときに、キチンと説明出来なければ本当に分かっているのか?と彼はとっても怒りますし、話す事も嫌になるでしょう。

分からないまま謝罪していると、どんどん溝が深まり相手をするのも馬鹿馬鹿しいと思われます。

そんなことにならないために、出来事を時系列で書いていって下さい。どこで彼を怒らせてしまったのか直ぐに分かるでしょう。頭で考えるだけだと自分の都合の良いように解釈してしまって、なんの意味も有りませんからキチンと紙に書いて何がいけなかったのか明確に分かってから彼に謝罪をしてください。

ただ誰でも言えるような謝り方をせず「○○してごめんなさい」や「○○なこと言ってごめんなさい」など彼が怒った原因について分かりやすく謝罪し仲直りしましょう。

2.怒る彼に対して泣いて謝り仲直りする

男性の多くは、彼女を泣かせてしまったら戸惑ってしまいます。

彼を怒らせてしまい冷たい態度や怒られたら、しくしくと涙を浮かべてください。泣くなんて卑怯じゃないかと思う方も大勢居ると思いますが、彼からしてみれば怒っていることに落ち込んで泣いているように見えますから、逆に「そんなに落ち込まなくて良いから、次から気を付けて」と慰めてくれるでしょう。

ふてぶてしく反省の色も見せない女性よりは、泣いて謝って居る女性の方が可愛らしく思われます。それに簡単に仲直りしてしまった方がのちのち楽です。

しかし注意点として泣いて謝る方法はあまり多くは使えません。直ぐに泣く女と思われ泣いていることに価値が無くなります。なので、普段あまり彼と衝突することが少ない人におすすめです。

それに泣いて許してくれた事に対して絶対に同じことを繰り返さないようにしましょう。彼は彼女の誠意を持った態度や涙で許してくれたのですから、同じことを繰り返してしまうのは反省したとは思われずまた喧嘩になってしまいます。涙で解決するのは、簡単に許してくれると言うメリットも有りますがデメリットもあるので使い方を間違えないようにして仲直りしましょう。

3.お互いに頭を冷やす時間を作る

彼氏もカッとなっていますし、自分も混乱しているでしょうから、お互いに頭を冷やそうと提案しましょう。

しかし、そのままの言い方をしてはダメです。「貴方の事を今後も傷付けたり怒らせたりしないように、頭を冷やして反省する時間を作ります」と言う言い方をしましょう。

そうすることによって彼氏もカッとなっている状態から少し冷静になれますし、自分も頭を冷やす時間を作る時間の中で彼の事をもっと知って怒らせないようにしようと心に誓うことが出来ます。冷却期間はそれぞれですが、相手から連絡が来ない限り最低1週間は距離を置きましょう。

そして、一週間後に連絡が来たときに素直に謝って下さい。

きっと彼は怒っている事よりも彼女と離れていた時間の方が気になってすぐに許してくれるでしょう。そこで一言「1週間色々考えたけどこれからは、ちゃんと相手の気持ちも考えて行動するからこれからもよろしくお願いします」と伝えて下さい。そうすることによって、上手く仲直りすることが出来ます。

4.怒った彼と仲直りするためにサプライズプレゼント

怒らせてしまったときに、ただ謝っても何をしてもダメそうなときはサプライズで彼の欲しかった物をプレゼントしましょう。

物でなくとも、お菓子を作るなど何でも良いです。人間誰でも失敗するものです。カップルだとはいえ、その失敗に対して物で詫びるのもたまには良いことなのでは無いでしょうか。「貴方の事怒らせちゃって反省したけど、これで少しは機嫌を直してくれたらなぁ」と言ってみてください。

物で釣るのかと思うかもしれませんが、素直に機嫌を直してと言うことで彼的には不器用な奴だなと逆に可愛く思われるでしょう。そして、可愛く「仲直りして。」と言うことで仕方ないなぁと思いつつまんざらでもない彼氏が仲直りしてくれるでしょう。

付き合って行く上で喧嘩はつきものです。しかし、バランスもとっても大切なことです。自分が悪くないと思えば主張も大切ですし、指摘され悪いことをしてしまったなと思えば素直に謝罪をしなければなりません。普段お互いに尊重し合って付き合って行くことが喧嘩をしたときに仲直りしやすい環境を作ることが出来ます。我慢しすぎることも、相手を振り回しすぎる事をせずバランス良く付き合っていきましょう。