かわいくないのに彼氏がいる女性の特徴。美人じゃなくとも彼氏は作れる

最終更新日:2016年2月21日

カップルや夫婦はお互いに似ている人を選ぶと言われますが、自分に合っている相手かどうかに関わらず容姿がいい異性には自然と惹かれてしまいます。

もちろん多くの女性は好きな男性に好かれる為に容姿を磨きますが、同性からしたら「あまり容姿が良いわけではないのに、なぜ」と思うような、容姿はそれほどいいわけではないのに彼氏が絶えずいる女性もいます。

ここではそんな容姿が良いわけではないのに、なぜか彼氏がいる女性の特徴についてご紹介します。

1.手が届きそうだと感じさせる女性

容姿が良い女性は男女にかかわらず憧れの対象であると言えます。

あんな人と付き合えれば、と感じる男性も多いでしょう。

しかしあまりに美しい女性に対して男性は、「自分でなくてもあの人にはもっといい人がいるだろう」「多くの人が彼女を狙っていて、自分が選ばれる可能性は低いだろう」と感じる可能性も高いのです。

そんな時に容姿はそれほど良くないけれど、話があったり気立てが良かったりして一緒にいて楽しいと思える女性がいれば男性は、高嶺の花には手は届かないけれど彼女とならいても楽しいかもしれない、と思い付き合うことを意識し始めているのかもしれません。

時に美しい女性やあまりに容姿が良い女性は強く見え、それにより「自分がいなくても彼女なら大丈夫」と男性は思わされます。

これは男性の女性や子どもなど自分よりも弱い存在に対する「守護本能」に反してしまうのです。

もし容姿が良くない女性がそれゆえに周りから良い扱いを受けていないと感じた場合、「彼女のことは自分が守ってあげなければ」と男性が感じれば、それが守護本能を刺激するのです。

容姿が良いわけではないのに、彼氏がいる女性はこういった経緯で男性の守護本能を刺激し、自分にも手が届きそうだし自分が守ってあげなければと、自然に男性に感じさせているのかもしれません。


2.仕草や話し方がかわいい女性

次に考えられるのは、その人が男性にはないものを持っている女性であることです。

男性と女性では得意なものが一般的に異なります。

例えば男性は地図を読むのが得意であったり、人と話している時もだらだらと話さず、ポイントを明確にする話し方の人が多いのが特徴です。

一方で女性は話をするのが好きで何時間でもカフェやレストランで話をできますし、人と話しながらメールをするなど、1つ以上のことを同時に行うことができます。

これを男性脳、女性脳と言います。

実際には右脳と左脳、どちらが優位かで決まっていますが、男女の違いは脳の構造の違いなのです。

男性はどちらかというと直感的に物事をとらえますので、女性の髪形が少し変わった、ネイルが変わった等細かいところだけをとらえるのは得意ではありません。

これはよく男女の間で喧嘩が発生する原因とも言えます。

しかし女性はそれに比べて論理的な考え方をすると言われており、ネイルが変わった、今日は新しい服だ等、細かいところに目が行くと言えます。

つまり女性から見ればこのパーツが良くない、メイクが上手くない、等細かく同性を分析しているのに対して、男性は全体の雰囲気で直感的に判断している為、男女がかわいいと思う人も異なります。
容姿だけでなく洋服や仕草、言葉遣いまでもが男性にとっては判断する素となっているのです。

容姿がかわいくないと女性が思うのに対して、仕草や話し方が女性らしい等男性の直観的なかわいいという判断にかかる要素を多く持っている人かもしれません。


3.容姿以上の魅力がある女性

最後に考えられるのは、容姿以上の魅力がある女性です。

もちろん美しい女性は魅力的ですし、多くの人が惹かれるでしょう。

一緒にデートをするにはたのしいですし、きっと周囲にも自慢できるはずです。

しかし実際に生活したり、その先に結婚を考えた時に相手に求めるものは容姿だけではないはずです。

料理が上手であったり、いつもニコニコしていて安心できたり、話が聞き上手である女性は、男性としてもその先もずっと一緒にいる様子が簡単にイメージできると言えます。

容姿はもちろん判断基準として大切ですが、あたり前の様に男性を立ててくれる女性には、男性も居心地よく感じることができるでしょう。

容姿が良くないのになぜか彼氏がいる女性は、男性にしか分からない魅力がある女性かもしれません。


4.趣味や興味が同じである女性

最後に考えられることは興味や趣味が同じである等、容姿意外に大切だと感じている部分を持っている女性であることです。

人は同じことをしたり、同じものを好きな人に好感を持つと言われています。

その為男性の趣味が例えばスポーツ観戦である場合、一緒にスポーツを観戦できる女性や一緒に同じスポーツを楽しめる女性がいれば、男性は興味を持ち、理解されていると感じる可能性があります。

趣味が読書、映画鑑賞という人は多いですが、その中でもコアなところまでお互い話ができたり、特定の著者や俳優などの部分まで理解しあえる人は、男女関係なく数が多いとは言えません。

女性と付き合うことにおいて容姿が一番大切であると感じている男性であれば容姿がいい女性を選びますが、趣味が一番、自分を理解してくれる人が一番と感じている男性であればそういった部分に惹かれているのかもしれません。

男性は容姿だけで彼女を選ばない

容姿が良い女性には誰しもが惹かれますが、それが付き合う上で一番とは限りません。

そのため内面を磨くことによって彼氏を作ることは誰もが可能なことなのでしょう。