メイクを落とす女性
   

メイクを落とさないことのデメリットとは。最悪の場合眼病になることも

メイク最終更新日:2016年2月23日

夜遅くに疲れて帰ってきたりお酒の付き合いがあって
酔っ払って帰ってきたりしてメイクも落とさず入浴もせずそのまま布団に入ってしまうという事は、
ほとんどの人が一度くらいは経験することではないでしょうか。

朝起きた時のあの不快感はなんとも言えませんよね。
メイクを落とさないことのデメリットは実は大変な問題に繋がってしまう可能性もあります。

今回はそんなメイクを落とさないことのデメリットについてのお話です。

1.毛穴が詰まり肌荒れの原因になる

メイクを落とさないでいると、毛穴に汚れはどうしても溜まってしまいます。

毛穴に溜まったファンデーションや皮脂は放置していると毛穴の中で酸化してしまいます。
そして酸化してしまうと吹き出物や黒ずみに変化します。

その結果頑固な角栓になったり、
痛くて治りにくいニキビになってしまうんです。

それを繰り返しているとニキビ跡がシミになったり
毛穴が大きく開いた状態のままになったり、肌はどんどん劣化してしまいます。

そうならないためにはその日の汚れはその日の内に落とすことが重要です。
肌荒れを防ぐためにもクレンジングは必ずしましょう。

2.次の日の化粧ノリが悪くなる

メイクを落とさないで寝てしまって、朝急いでメイクを落としたとします。

勿論メイクは落ちているのですが、
実は肌の毛穴に詰まった汚れが落ちていないことがあります。

そして、そうなると夜にケアをしなかった事により化粧ノリが悪くなります。

夜に肌を清潔にしてからケアをして眠れば、
睡眠中に保湿成分をしっかり吸い込んでくれるので
翌朝の肌は健やかに保たれます。

ですが、朝に通常は夜にするケアをしても肌が十分に吸い込んでくれなくなります。
そうなってしまわないように、やはり夜にクレンジングや肌ケアをしておくのが大切です。

3.最悪の場合眼病の原因になる恐れが

メイクを落とさず、そのままでいると眼病の原因になってしまう恐れがあります。

アイライナーやマスカラが目の中に入って粘膜を刺激してしまいます。
その結果、結膜炎などの症状を引き起こします。

そして涙腺などにもメイク汚れが詰まってしまうこともあります。
ものもらいなどの原因になってしまうのです。

つけまつ毛をしている人は特に気をつけてメイクや糊を丁寧に落としましょう。

メイクを落とさないことのメリットはない

メイクを落とさないことのメリットはありません。
全てデメリットになってしまいます。

大事に至らないように疲れていてもクレンジングは手を抜かないようにしましょう。

 

    「メイクを落とさないことのデメリットとは。最悪の場合眼病になることも」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。