若く見えるメイクのポイント6つ

最終更新日:2016年2月23日

メイクは、しみやコンプレックスを隠すだけでなく、メイクで年齢よりも若く見えるポイントがあるのです。

あなたも若く見えるメイクに変え、いつまでも美しくいましょう。

もっと自信がつき、毎日楽しく過ごせるはずです。

1.ピンク系のベース

ピンク系のベースは、色白の人が使う物、と思っている女性も多いでしょう。

ピンク系のベースを使うと、年齢よりも若く見えるのです。

ピンク系のベースは良くありますが、できればパール入りなど多少の輝きがあるものを使いましょう。

そうすると、ベースで、くすみやシワが目立たなくなるのです。

しっかりと顔全体にまんべんなくベースをつけましょう。

つけるときは、指で少しずつ塗っていくか、キメの細かいスポンジでつけましょう。

シミやそばかすは、ベースでなくファンデーションやコンシーラーでしっかり消せるので、ベースでは、顔を明るくするために、ピンク系のベースにしましょう。


2.リキッドファンデーションを使う

ファンデーションにはいろいろなタイプの物がありますが、若く見えるためには、できるだけ、リキッドタイプのファンデーションを選びましょう。

リキッドファンデーションの特徴は、リキッドなので、伸びが良く、毛穴などの顔の凹凸にファンデーションが埋まります。

付け方は、手で少しずつつけるか、スポンジにリキッドファンデーションを含ませ、ポンポンと優しく塗っていきます。

毛穴が目立つ、鼻や頬、シミの目立つ目の周辺は、少し多めにつけますが、ムラができないように塗りましょう。

凹凸がなく、毛穴やシミが見えないと、若く見えるのです。

さっそく普段メイクをファンデーションから変えてみましょう。


3.コンシーラーでしみを消す

普段、ベースとファンデーションですませてしまう女性もいるでしょう。

若く見えるメイクのポイントは、ベースとファンデーションにプラスして、コンシーラーを使うことです。

コンシーラーは、先の細いペンシルタイプの物を選ぶとよいでしょう。

面倒くさいかもしれませんが、コンシーラーでしみを一粒ずつ消していきましょう。

時間はかかりますが、全体的にコンシーラーをつけてしまうよりも、ピンポイントにしみを消せるので、仕上がりがとてもキレイです。

その結果、しみのない肌で、若く見える効果があるのです。

普段、コンシーラーを使わない人は、若く見られるために、コンシーラーを使ってみましょう。


4.ピンク系のチーク

普段、チークを使わない女性もいますが、若く見えるメイクのポイントは、ピンク系のチークを使うことです。

ピンク系のチークは、可愛らしい雰囲気を作るだけでなく、顔の印象をワントーン明るくしてくれるので、若く見えます。

ピンク系のチークを選ぶときは、できるだけ薄めのものを選びましょう。

その方が肌に自然になじみます。

パーティーや食事会に参加するときは、さらに少しラメが入っている物や、少し濃い物を用意しておくとよいでしょう。

付け方は、頬の一番高い部分に、楕円形にチークを入れましょう。

まん丸に入れてしまうと、可愛くなりすぎてしまいます。

鼻の近くから、目じりの近くまでに楕円形を描くようにしましょう。

そうすると美人で若々しい印象になります。


5.丸くふっくら見える唇を作る

歳を取ってくると、自然にたるみが出てきてしまいます。

筋肉の衰えがそうさせるのです。

唇のはりも年齢を重ねるうちに、膨らみがなくなってきてしまいます。

丸くふっくら見える唇を作ることで、若く見えるのです。

口紅の色は、真っ赤や濃いピンクは避けましょう。

唇のくすみが気になるからといって、濃い色を使ってもふっくらした唇はできません。

まず唇に潤いをキープするためにリップを塗ります。

その後、口紅を専用のブラシで塗っていきます。

色は、薄めのツヤのあるピンクかベージュっぽい色が少し含まれているものにします。

塗るときは、まんべんなくムラなく塗ります。

その後口紅よりワントーン明るい色の、リップグロスやリップライナーで、上唇と下唇の一番高くなっているところに、丸く色を足すように入れます。

立体感のある、丸くふっくらした唇が完成します。


6.ブラウン系のアイライナー

目をぱっちりさせるために、アイライナーを使う人は多いでしょう。

アイライナーには、マスカラやまつ毛に色を合わせ、黒を使いがちですが、ブラウン系のアイライナーを使うと、目の印象がきつくなりすぎず、若く見えるのです。

アイライナーはまつ毛の間を消すように入れましょう。

できるだけ、細めに入れましょう。

アイライナーをブラウンにすることで、ピンクなど薄めのアイシャドーを塗った時にもなじみがよくなります。

もちろんアイシャドーを塗らなくても、十分に目がぱっちりしてきます。

普段のアイライナーをブラウン系に変え、若く見せてしまいましょう。

若く見えるメイクは簡単にできる

若く見えるメイクのポイントは、普段のメイクを少し変えるだけで良いのです。

特に重要なのは、年齢とともに気になる、シミや毛穴などを上手く隠すことです。

まずはベース、ファンデーション、コンシーラーをしっかり使いこなしましょう。

それに加え、アイライナー、リップ、チークも顔を明るくする要素をプラスすれば、若く見えるメイクが完成します。