O型男性の恋愛傾向とは。ほめてくれる大和撫子タイプの女性が好き

最終更新日:2015年12月23日

O型男性はどのような女性が好きなのでしょうか。

いまだ根強い人気を保ち続けている血液型占い。

コミュニケーションツールのひとつとして欠かせないものと認識されていることは確かです。

O型男性はどんな女性を好むのかご紹介します。

1.ほめてくれる人が好き

O型男性はいつまでも子供のような人なので「すごーい」と言ってもらえれば素直に喜んで気をよくします。

やる気も出ますしパフォーマンスも上がります。

おだてられれば社交辞令とわかっていても気分がよくなります。

親分肌なので、頼られると嬉しいのです。

頼ってくれた人には何かしてあげたい、期待に応えたいという気持ちを強く持ちますから、好感度も高くなります。


2.甘えさせてくれる人が好き

O型男性は子供のような部分を受け止めてくれる、母親のような愛情をくれる人が好きです。

ほんわかした癒し系には弱いでしょう。

さみしがりやな部分がありますので、かまってくれる人が好きです。

3.従うだけの女性には惹かれない

基本的にO型は狩猟民族です。

追いかけるのが好きです。

追いかけて追いかけて、そして手に入れることに喜びを感じます。

何をやっても言いなりでうしろをついてくるだけの女性では、親分と子分の関係になってしまいます。

それでは恋愛対象ではなく仲間の一人としか見られません。

一生懸命になって手に入れるだけの価値のある女性であると認識しなければ、そもそも追いかける気になりません。

母親のような安心感と、狩りに行くというある意味危険を求めるような気持ちは、一見矛盾しているように見えます。

ですが、危険を犯しに行くためには安全な帰る場所、ホームが必要です。

O型男性はその両方を恋愛相手の女性に求めているのです。

ひとりの女性に両方求めるのは重すぎないか?いえいえ、複数の女性に別々に求めることになったら、とんだ浮気症になってしまいますね。

もしくは、実の母親からいつまでも離れられないということに。

実の母親以上に安心感をくれる存在はなかなかいません。

それでは困るので本能的に、両方を与えてくれる人を好きになります。


4.大和撫子タイプは好き

O型男性の理想のひとつは外柔内剛、基本的には受身で大人しい女性。

自分を立てるところはきちんと立ててくれる。

かつ芯は強く、自分をきちんと支えてくれる。

大雑把なところがあるので、そこをさりげなくフォローしてくれるタイプなら最高です。

口やかましく注意すると面倒くさくなってしまいます。

束縛がキツすぎても面倒くさくなってしまいます。

O型とA型が相性がよいと言われるのは、O型がリーダーシップをとって推進力となり、A型が軌道を修正して計画性の部分を担うという、凸凹がはまるように役割分担がちょうどよくわかれるためです。

恋愛の相性でも同じことが言えます。

A型でなくてもそのような役割をしてくれる相手なら、自分と合っている、自分に必要な人なのだとO型は感じます。

5.いっしょに盛り上がれる相手が好き

もうひとつのO型男性と気が合うタイプは、気持ちが突っ走ったときにいっしょに突っ走ってついてきてくれる女性です。

並走して同じものを追いかけることができる相手なら、純粋に楽しいと思えるのです。

変に白けさせられるようなことを言う女性では「あれ?楽しくないの?」とブレーキがかかってしまいます。

マイペースだとよく言われるO型ですが、まったく相手の態度を意に介さないというわけでもないのです。

実行力を上げるためにマイペースであるという手段をとった結果の、この性格です。

O型とB型が相性がよいと言われるのは、このテンションが上がったときの盛り上がり方がとても合うからです。

B型のノリの良さのおかげで気分の波を妨げられずに付き合うことができます。

また、落ち込んだときにはほどよく放っておいてくれる部分も合うと言えます。


6.素直な人が好き

気に入られようとして頑張ってO型好みの女性を演じてみても、あまり効果はないかもしれません。

何かの拍子にボロが出たら、冷めるのが早いのもO型の特徴です。

裏表のない人なので、自分を偽らずに接してくる人の方が共感を得やすいです。

ストレートな性格なので、微妙な恋の駆け引きを仕掛けられてもかみ合わなかったり意味がわからなかったりします。

変に嘘をついたり、無理をして相手に合わせようとするよりは、素直に、自分を高める努力をしている人が好き。

これは血液型に関わらず人間として魅力的な人の条件かもしれません。

O型男性の恋愛傾向を知っておこう

O型男性の恋愛傾向をご紹介しました。

もちろん、O型の中にも色々な人がいますので、型にはめすぎず、先入観を持たずに相手と接することが大事ですね。

「あなたは●型だから●●なんでしょう?」なんて言われたら気分を害する人もいることを忘れずにいましょう。