何事にも奥手な彼氏と上手に付き合う方法。個性の一つと考えて彼女から積極的にいこう

最終更新日:2016年4月12日

女性なら、男性のほうからぐいぐいリードされたいと思いますよね。
けれども現実には、草食男子と呼ばれる奥手な性格の男性が多いです。

もし、付き合った彼氏が奥手で何もしてくれない、そんな時に上手に付き合っていく方法をご紹介します。

1.こちらからぐいぐい押す

その彼氏は彼女のほうからぐいぐい来てほしいタイプなのかもしれません。
手を繋いだり、キスをしたり、彼からの行動を待っているのでは中々してもらえません。

もうこうなったら自分からしちゃえばいいのです。
一緒にいる時に思い切って行動してみましょう。

ストレートに「キスして」など大胆な言葉でもいいです。
彼もまんざらでもない様子なら、女性からきてもらいたいタイプということです。

彼氏には男らしくひっぱってほしいと思っていた女性にとってはちょっとがっかりもする事実かもしれませんが、慣れれば女性側も楽しくなってきます。

また付き合いたての頃は恥ずかしさなどもあって奥手なのかもしれません。
できるだけ一緒に過ごす時間を増やして、早くお互いに慣れることで段々と彼も気持ちを表現しやすくなります。


2.こういうことをされると彼氏に嬉しいと教える

これまでにあまり女性との交際の経験がなかった男性にとって、女心を理解することは至難の業です。
彼女を大切に思っているからこそ、何をしたら喜んでくれるか分からないし逆に嫌がられたらどうしよう…とマイナス思考にもなって気持ちを表現できずにいるのかもしれません。

彼女の方が年上だったら、余計に男性は自信がなくなってしまいます。

女性側にとっても、彼氏からしてほしいことは人それぞれですよね。
自分はこうして欲しい、ということをはっきりと彼に教えてあげれば、彼も行動しやすくなります。

直接そういう風にいうのが白々しくて言えないという人は、ドラマや漫画のワンシーンなどを例にして「こういうシチュエーション憧れるな」「この男性キャラの性格が好き」など参考材料を与えてあげることで、彼もどういったことをすればいいかイメージしやすくなります。


3.交換日記をする

携帯やパソコンなど、これだけ便利になった世の中であえてアナログなやり方はいかがですか。
子供のように、毎日は無理ですがデートの度にちょっとした交換日記を書くと一緒にいた時の彼の考えていることがわかるし、メールとは違って返事がくるまでのちょっとした時間もわくわくしておもしろいでしょう。

可能であれば、イラストを加えた絵日記などもいいですね。
手書きの文字や絵からは温かみも感じますし、普段彼が口に出せないことがつづられているかもしれません。

女性側からも、もっとこうして欲しい、などとリクエストも書きやすいですし、彼も彼女の思いを理解したり受け入れやすいです。

二人で選んだ可愛い日記帳などにすれば、形として思い出にも残りますね。


4.彼の考えを受け入れる

上手に付き合っていくためには、彼の考えを尊重してあげることも重要ではないでしょうか。
自分ばかりがこうして欲しい、ああしたいなどと要求するのでは、「俺のどこが好きになったんだろう?」と彼に不信感を抱かせてしまう場合もあります。

彼にとって、感情を表にださないのは小さな時から普通のことで、今さらどうしていいかわからないのかもしれません。
必要以上に言葉や行動で表現しなくても、自然に気持ちが伝わる関係のほうが心地よいと思っている男性もいます。

自分にとって当たり前と思っていることが相手にとっては違うことって多くありますよね。
彼がどうして奥手な考えになっているのか、本人に話を聞いてみるのもいいでしょう。

ただ、二人で一緒にいる以上は自分ばっかりが我慢はしたくないですよね。
たとえば「別れ際には必ずキスをしよう」など、ひとつだけ二人のルールを決めたりすることでお互いいい具合に気持ちを譲歩できるでしょう。


5.酔わせて本音を聞き出す

普段は真面目でしゃきっとしている彼も、お酒を飲んでよっぱらった時にはどうなるでしょうか。
酔った時には素がでるなどと言います。

たまには一緒にお酒を飲んで彼を酔っぱらわせてみてください。
彼もお酒の力を借りれば、普段言えないことやできないことが伝えられるようになるかもしれません。

ただし、酔った状態で何か嬉しいことをしてくれたとしても、シラフに戻ればもう覚えてない可能性が高いです。
「あの時◯◯って言ってくれたじゃん!」など、責めたりちゃかしたりしてしまうともう一緒に飲んでくれなくなるかもしれないので要注意です。
本音が聞き出せたらそれは自分の胸にだけしまっておきましょう。

彼の奥手な性格も個性の一つと考えよう

できることなら、表現豊かな肉食男子になってほしいと思うかもしれませんが、奥手なのも彼の個性のうちの一つです。
無理に彼を変えようとしてはお互い辛い思いをするだけです。

彼の気持ちも理解してあげながら、奥手な彼が素直に気持ちを表現できるよう、彼女のほうがうまくリードしてあげましょう。