彼氏とのデートを上手に断る方法5つ

彼氏の悩み 恋愛最終更新日:2016年4月12日

大好きな彼氏からせっかくのデートのお誘いなのにどうしても行かなくてはいけない用事がある。
そんな時はデートを断る必要があります。

しかし変なふうに断ってしまったら彼氏から「デートしたくないだけ?」「会いたくないの?」「別れたいのかな」なんて誤解される可能性もあります。

そんな悲しい誤解を生まないように彼氏にデートを誘われた時に出来るだけ傷をつけずに断る方法をご紹介します。

1.なぜ行けないのかを明確に話すこと

彼氏からデートに誘われてつい理由をきちんと話すのが面倒で
「用事があって無理」や「友達と先約がある」だけだとデートする気がないと思われます。

それどころかもしかしたら浮気しているなんて余計な疑惑を持たれる可能性があるので
デートの誘いを断るときはきちんとなんで行けないかの理由を明確に出す事が大事です。

例えばその日は久しぶりに学生時代の友達との集まりがある場合も
そのようにしっかり伝えることで彼も安心して、嫌な気持ちにならずに納得してくれることでしょう。

2.本当に申し訳ない口調・態度を出すこと

もしあなたがデートを断るくらいでそんな神経質にならなくても~と気軽に考えているかもしれませんが
最近の男性はナイーブな人が多いので、ちょっとした言い方で傷つけてしまう可能性があります。

そのため、彼とのデートが行けないことをとても残念に思い、本当に申し訳ないということを
本音は思っていなかったとしても口調と態度を見て表しましょう。

そこまですればさすがの彼も本当行けないだけなんだなと安心してくれることでしょう。

また、そんな可愛い態度のあなたを見れば早くまたデートしたいと思ってくれて
近々またデートのお誘いがあることでしょう。

3.別日を提案する

彼とデートに誘ってくれた日はどうしても用事があって行けない場合も
「●日は無理なんだけど、●日はどうかなー?」とすぐ提案してくれれば
彼もデートをすることが嫌なわけではないと安心してくれます。

仮にあなたが提案した日が彼が都合が悪かったとしても
あなたに一度誘ってもらえたという安心感があるので
あなたの予定に対して文句は言わないはずです。

こうして別日を作っておいたほうがあなたも気兼ねなく先約の用事に集中できるので
別日を提案するようにしましょう。

4.甘えながら謝る

もし最初にあなたが彼にその日は用事が会ってデートが出来ないことを伝えて
彼が怒ってしまったり、すねてしまった場合は手っ取り早く甘えるということが効果的です。

彼も最初はすねたままかもしれませんが次第にあなたが甘えてくる姿を見て
「しょうがないな~」と許してくれることでしょう。

この時に彼に抱きつきながら上目遣いで「本当にごめんね?」と悲しそうな顔をすれば
ほとんどの男性は許してくれるはずです。

そのままくっつきながら「あー本当に会いたかったのにー」などあなたが可愛くいえば
早く会いたい!と思ってまたすぐ別の日にお誘いがあるでしょう。

5.用事に対して怒っているように見せる

これは一体どういうことかというと
例えばもし楽しみにしていた職場の同僚たちの飲み会が入ったとします。

彼からその飲み会の日にデートのお誘いがあった場合は
「あーもうーその日は本当は行きたくないんだけど、会社の人たちとご飯に行かなくちゃいけないんだよね。
断りたいんだけど、私の上司も来るって言っていったからもし行かなかったら何言われるか分からないし。本当やだー」と行きたくないけどどうしても行かなくてはいけない用事に対して文句を言っていれば彼も無理強いはしないでしょう。

逆に「仕事の付き合いだと大変だよね」と同情してくれるはずです。

嘘をついて上司がくるかもしれないってことにしておけば、男性も仕事をしていれば上司がいるんだから行かなくてはいけないという
ことくらいは分かるはずなので、その後無理に追求してくることもないでしょう。

上司が本当は来ないとしてもそんなこと彼氏に分かるはずがなく
「結局上司ドタキャンして来なかったんだよね、じゃあ行かなきゃよかったよー」と言っておけば特に問題はありません。

彼には申し訳なく感じるかもしれませんが、これが一番面倒なく、スムーズに断る方法などで
嘘が顔に出やすい人は辞めておいたほうがいいかもしれませんが、彼に心配をかけないためにもいい方法です。

嘘をつきすぎてはいけない

最近は男性もヤキモチ焼きな男性が増えてきたので
デートのお誘いを断る言い訳は色々考えておいて損ではありません。

ですが、あまりにもひどい嘘をつきすぎていると
「それこの前も言わなかったっけ?」なんて嘘がばれてしまい、信用を失う可能性があるので
あまり大きな嘘をついて断るのは辞めましょう。

また、嘘をつかなくても言い方次第で彼の気分を損なわないように断る方法はいくらでもあるので
本当に申し訳ないという気持ちを表して、彼との長い付き合いのためにも適当にしないことが大事です。

 

    「彼氏とのデートを上手に断る方法5つ」への感想コメント一覧

  1. 1. yuki2018/04/28(土) 21:00

    彼が、私が女友達と遊ぶだけでも拗ねてしまうタイプなので困っています。
    友達と遊ばないわけにもいかないし、どっちが大事とかじゃなくて、先に約束していた方を優先するのが当たり前と思うんですが…

  2. 2. 名無しのイケジョさん2018/05/31(木) 15:05

    断ったとき、1度すごく怒られたことがあって、それから萎縮してしまっています。次の予定を提案したりもしたのですけれども。ポイントをおさえつつ、きちんと断れるようにしたいです。