赤リップを上手に塗る方法とは。メイク術を学んで女子力アップしよう

メイク最終更新日:2016年2月23日

最近は、赤リップが流行っていますよね。ハッキリと発色する赤リップは塗るのが少し難しいところがあります。

そんな赤リップを上手に塗るメイク方法とは、いったいどんなものでしょう。そのメイク方法についてご紹介します。

1.チークの色に合わせた赤を

口元だけ真っ赤では、少し浮いてしまって、せっかく綺麗に赤リップを塗れたとしても、顔全体を見た時に、口元が馴染みません。なので、赤リップを塗る時はチークの色に合わせた赤を選ぶと赤リップを上手に塗ることができます。

薄めのピンク系のチークなら、ピンクがかった赤リップ、オレンジ系のチークなら少しオレンジ系の赤リップを選ぶようにしてみましょう。アイシャドウと合わせる事も大切ですが、チークもまた、赤リップを上手く塗るためには重要になります。

口元と頬は近いので、チークと赤リップの色が合うと、グッとメイクに統一感が出て、上手く仕上がるのです。なので、赤リップとチークの色を合わせると、赤リップを上手に塗ることが出きるのです。

2.唇の元の色を消してから塗る

唇には元から色がついていますよね。どれだけ濃い色の口紅を塗っても僅かながら、元の色が浮き出てしまうのです。その唇の元の色を消してから塗るというだけでも、赤リップの仕上がりは随分変わってきます。

唇の色を消すには、リキッドやクリームタイプのファンデーションを唇に塗るかコンシーラーを唇に塗りましょう。塗るときの注意点は唇の縦縞にファンデーションやコンシーラがなるべく入り込まないように指でトントンと塗るようにしましょう。

綺麗に塗れたら、赤リップを乗せてみてください。そのまま塗るよりも赤リップの発色が自然になり、きつい印象を取り払ってくれるのです。なので、赤リップを上手に塗る為には唇の色を消すのも効果的です。

3.グロッシーに仕上げない

唇にリップグロスを重ね、グロッシーに仕上げると、唇がぷるんとして見えるので、とても可愛くなりますよね。ですが、赤リップを塗る場合にグロスを重ねると、唇は主張しすぎになってしまいます。赤リップはマットに仕上げるのが一番上手く塗れる方法なのです。

リップライナーでしっかりと唇の輪郭をなぞり、その上に赤リップをリップブラシに取り、塗り拡げていきます。塗る時は、下から上に唇の縦縞をなぞるように塗りましょう。塗り終えたら、赤リップを塗った唇をティッシュで軽く押さえましょう。

そうすることで、赤リップはマットに仕上がって艶が主張しすぎることもなくなり、赤リップを上手く塗ることができるのです。そして、何より一度ティッシュで押さえておくことで、赤リップは崩れにくくなり発色を長時間キープ出来ます。

赤リップにが口ヴィルの下地作りも大切

以上、赤リップを上手に塗るメイク方法のお話でした。赤リップを上手く塗るには唇の下地作りも重要なのです。リップを塗る前には、スティックタイプのリップクリームを一塗りしておくだけでも上手く塗ることができます。

 

    「赤リップを上手に塗る方法とは。メイク術を学んで女子力アップしよう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。