赤リップを上手に塗る方法とは。自分に似合う赤色リップを見つけてカワいくなろう

メイク最終更新日:2019年6月18日

最近は赤リップが流行っていますよね。

しかしハッキリと発色する赤リップは塗るのが少し難しいところがあります。

そんな赤リップを上手に塗るメイク方法があります。

今回はそうした赤リップを上手に塗るメイク方法についてご紹介します。

1.チークの色に合わせた赤色を選ぶ

口もとだけ真っ赤では少し浮いてしまい。せっかくキレイに赤リップを塗れたとしても、顔全体を見た時に口もとが馴染みません。

こういったことを避けるために、赤リップを塗る時はチークの色に合わせた赤を選ぶことをオススメします。

そうすれば、赤リップを上手に塗ることができます。

薄めのピンク系のチークなら、ピンクがかった赤リップ、オレンジ系のチークなら少しオレンジ系の赤リップを選ぶようにしてみましょう。

アイシャドウと色味を合わせることも大切ですが、チークもまた、赤リップを上手く塗るためには重要になります。

口もとと頬は近いので、チークと赤リップの色が合うと、グッとメイクに統一感が出て上手く仕上がるのです。

ですから、赤リップとチークの色を合わせると、赤リップを上手に塗ることが出きます。

2.唇の元々の色を消してから赤リップを塗る

唇にはもともとから本来の色がついていますよね。

どれだけ濃い色の口紅を塗ってもわずかながら、自分の唇が元々持っている色が浮き出てしまいます。

赤リップを塗る際は、その唇のもとの色を消してから塗るようにしましょう。

唇のもとの色を消してから塗るというだけでも、赤リップの仕上がりは大幅に変わってきます。

唇の色を消すには、リキッドやクリームタイプのファンデーションを唇に塗るか、もしくはコンシーラーを唇に塗りましょう。

塗るときにはその塗り方に注意が必要です。

唇の縦じわにファンデーションやコンシーラーがなるべく入り込まないように、指でトントンと塗るようにしましょう。

そうすれば、唇の縦じわが変に目立ってしまうことを防ぐことができます。

ファンデーションやコンシーラーがキレイに塗れたら、赤リップをのせてみてください。

そのままじかで塗るよりも、赤リップの発色が自然になっていることがわかるでしょう。

こうすれば、赤リップが持つきつい印象を取り払ってくれるのです。

ですから、赤リップを上手に塗る為には唇の色を消すのも効果的です。

3.赤リップはグロッシーに仕上げすぎない

唇にリップグロスを重ねグロッシーに仕上げると、唇がぷるんとして見えるのでとても可愛くなりますよね。

ですが、赤リップを塗る場合にグロスを重ねると唇が主張しすぎてしまいます。

赤リップはマットに仕上げるのが最も上手く塗れる方法です。

リップライナーでしっかりと唇の輪郭をなぞり、その上に赤リップをリップブラシに取り、塗り拡げていきます。

塗る時は、下から上に唇の縦縞をなぞるように塗りましょう。

塗り終えたら、赤リップを塗った唇をティッシュで軽く押さえましょう。

そうすることで、赤リップをマットに仕上げることができます。

余計なツヤがなくなりますので、主張しすぎることもなくなるでしょう。

このようにしてグロッシーに仕上げすぎないことで、赤リップを上手く塗ることができます。

そして、何より一度ティッシュで押さえておくことで、赤リップは崩れにくくなり発色を長時間キープ出来ます。

もしもどうしてもグロスを重ねたいという場合には、ほかのパーツのメイクを薄くするなどして顔全体のバランスをとることが大切です。

グロッシーに仕上げた赤リップは想像以上に印象が強くなりますので、ほかのパーツはかなり薄いメイクに仕上げたほうがバランスもとりやすいでしょう。

しかしこのワザはかなりメイク上級者のレベルになってきますので、やはり赤リップはある程度マットに仕上げたほうが失敗することがなさそうです。

4.アイシャドウにブルー系を使わない

赤リップを塗る際に、アイシャドウにブルー系を使わないことも大切です。

赤リップとブルーのアイシャドウを組み合わせてしまうと、とても古臭い印象のメイクに仕上がってしまうからです。

ハッキリした赤リップにブルーのアイシャドウを組み合わせるのは昔の話で、現在ではこのような組み合わせをしている女性はほとんど見かけません。

お笑い芸人などがお笑い用のメイクアップでわざと使っていたりすることはありますが、こういった組み合わせはファッショナブルだとは言い難いでしょう。

どちらかというと「濃い化粧の代名詞」的な組み合わせになってしまいますので、気を付けましょう。

赤リップはそれだけで主張の強いメイクになってしまいがちです。

そのため、ほかのパーツのメイクとのバランスをとることがとても重要です。

せっかくキレイに赤リップを塗ることができたとしても、ほかのパーツとの相性が悪いとそれだけで「濃い化粧」になってしまうからです。

赤リップを塗るときには、アイシャドウは控えめで肌なじみの良い色を選ぶとよいでしょう。

例えばラメ感のある薄いピンク系や、ほのかに発色するブラウン系やベージュ系、かなり淡いゴールドやコッパー系など、なるべく肌そのものの色に近いような暖色系のカラーを選ぶようにしましょう。

ブルーやブラックなどの寒色系カラーと赤リップを合わせるのは至難のワザですので、避けておいた方が良いでしょう。

5.合わせる洋服やヘアスタイルとのバランスも考える

赤リップを上手く塗るには全体のバランスというものが本当に大切になってきます。

赤リップを塗る際には、チークやアイシャドウといったメイク全体のバランスをとることが大切だということは先程もお話ししました。

しかしそれだけではまだ完璧ではありません。

赤リップを塗る際には、合わせる洋服やヘアスタイルにも気を配ってみてください。

赤リップはとても主張が強いので、合わせる洋服やヘアスタイルとのバランスも大切です。

例えば、赤リップをつけて真っ赤なワンピースを着たりするのは避けた方が無難です。

全体の赤の分量が多くなりすぎますので、派手すぎる印象を相手に与えてしまいがちだからです。

反対に、ホワイトのTシャツにシンプルなジーンズを着て、あえてそこにセクシーな赤リップを合わせてみるなどのファッションがオススメです。

メンズっぽいファッションと赤リップを合わせることで、うまくバランスがとれ、逆にあなたの女性っぽい魅力が引き立つことでしょう。

また、ヘアスタイルにも気をつけましょう。

結婚式の二次会などのパーティーの席では華やかなアップスタイルと赤リップを合わせたりするのもステキですが、そうでない場合にはあまり気合いの入ったヘアスタイルと赤リップは合わせない方が良いでしょう。

どちらかというと肩の力が抜けたようなリラックスしたダウンスタイルなどの方が、赤リップとのバランスがうまくとれます。

赤リップをキレイに塗るには唇の下地作りも大切

赤リップを上手く塗るには唇の下地作りも重要です。

リップを塗る前には、スティックタイプのリップクリームを一塗りしておくだけでも上手く塗ることができます。

また、日ごろから唇のケアも欠かさないようにしておきましょう。

 

    「赤リップを上手に塗る方法とは。自分に似合う赤色リップを見つけてカワいくなろう」への感想コメント一覧

  1. 1. ちゃい2018/06/08(金) 21:34

    赤リップはアクセントになってとてもセクシーな印象になるのでよくメイクに合わせて使っていますが、いつもなんとなくで使用していたのでこれからはチークに合わせて使っていこうと思います。

この記事への感想を書く