色黒な女性が似合うメイクのコツとポイント。色黒な肌だからこそ映えるメイク術

メイク最終更新日:2019年7月7日

色黒の方はファンデーション選びも難しいですし、アイメイクもあまり目立たないといった悩みを抱えていませんか。

「濃いメイクをしたら、ケバく見えて失敗してしまった」なんてことにならないように、色黒女性はどんなメイクが似合うのかを知って実践してみましょう。

そこで今回は色黒女性に似合うメイクをご紹介します。

自分の肌の色味を活かしたファンデーションを選ぼう

色黒の女性は、自分の本来の肌の色味を活かせるようなファンデーションを選ぶことが大切です。

色黒だからといって「明るい色のファンデーションを使って、少しでも白く見せよう」と思ってはいけません。

なぜならば、もともとの肌の色味には合わない明るい色のファンデーションを使ってしまうと、首や耳などのほかの部分の色味から顔の色味だけ浮いてしまって、顔だけが白くなってしまうからです。

顔だけが白くなってしまうと、とても不自然な印象になりますし「色が黒いのを気にしているから、頑張ってファンデーションで隠しています」という感じが相手の方に伝わってしまい、相手の方からあまり良くない印象を抱かれてしまうという危険性があります。

そうならないためには、自分の肌の色味を活かせるようなファンデーションを選ぶことがとても大事なことです。

自分の肌の色味を活かすというのは具体的にどのようなことなのかをご説明しましょう。

まず、ファンデーションのお色は、きちんと自分の肌の色味に合うものを選びましょう。

デパートのお化粧品売り場などで、プロの美容部員さんにファンデーションのカラーを選んでもらうという方法が最もオススメです。

しかしそれができないという人は、首もとの肌の色味に最も近いようなカラーのファンデーションを選ぶようにしてみてください。

そうすれば、顔だけが白くなって不自然に浮いてしまうと言うことはほとんどないでしょう。

次に大切なのが、あまり厚くファンデーションを塗らないことです。

ファンデーションはあまり厚塗りしすぎずに、最低限見せなくないような毛穴などを隠し、少しの量のファンデーションで仕上げる程度で良いのだと思ってください。

まず、色黒な女性は、色白の女性と比べてみると、シミやくすみがそこまで目立つことがないという嬉しい特徴があります。

ですから、ベースメイクをしっかりと作って、その後に軽くBBクリームを塗り、パウダーで仕上げるくらいの方が実はナチュラルで美しい仕上がりになることが多いのです。

ニキビや毛穴はしっかりとコンシーラーなどで隠し、その後にコントロールカラーのシルバー系を使ってツヤを出しましょう。

そして、BBクリームを薄く使って均等な肌の色になるくらいになったら、最後にパウダーを使ってBBクリームをおさえれば、完成です。

このようにして、ファンデーションをあえて使わないというメイクができるのは、色黒な女性の大きなメリットです。

そもそも色黒の人は、ナチュラルメイクが似合うという場合が多いですので、普段からスキンケアをキチンとして、ベースメイクはできるだけ薄くすることを心掛けましょう。

チークはオレンジ系がオススメ

色黒な人のチークには、オレンジ系のものがとても似合います。

ピンク系などを使ってしまうと厚塗りに見えてしまって、ケバく思われてしまいますので、ピンク系よりはオレンジ系のチークを選ぶと良いでしょう。

オレンジのチークは、顔全体を健康的に見せてくれるため、明るい印象を相手に持ってもらえることが多いのです。

また、オレンジ系のチークと言っても、あまりラメの入っていないものを選ぶようにすることをオススメします。

先ほどもご説明したように、色黒の女性のメイクはナチュラルが最も映えますから、人工的なラメなどはあまり必要ないのです。

ラメで目立たせたりするよりも、頬が薄く色付く程度にチークを入れると良いでしょう。

チークの入れ方ですが、大きめのチークブラシを使って、頬骨の下辺りに入れるのがよいでしょう。

その際に、横長の形で入れるとより一層健康的に見えますのでオススメです。

アイシャドウは、グリーン系やブルー系などのカラーもオススメ

色黒な女性には、グリーンやブルーなどのアイシャドウが似合うという嬉しい特徴もあります。

色黒な女性のメイクには、クールなカラーがとてもよく似合うものです。

例えば、アイシャドウを塗るのにピンク系やレッド系などを選んでしまうと、色黒の女性にはあまり色が映えないという特徴があります。

そのため、そのカラーを目立たせようとしてアイメイクがどんどんと濃くなってしまい、結果的にケバく見えてしまうことがあります。

しかしグリーン系やブルー系のアイシャドウならば、色黒の肌にとても映えますので、あまり厚塗りをしなくても済むのです。

また、もし万が一少しアイメイクが濃くなってしまったとしても、グリーン系やブルー系のアイシャドウであれば、クールなイメージを持たれるために、そこまでケバい印象にもなりません。

アイシャドウの塗り方としては、少しだけ細かいラメが入っているような明るめのアイシャドウをまぶたの全体に塗り、その後にグリーンやブルー系のアイシャドウを塗り重ねていきましょう。

グリーン系やブルー系のアイシャドウは、目を閉じた時に見える位の部分に塗りましょう。

グリーンやブルーのアイシャドウは、リキッドタイプの発色の良いものを選ぶと、更に良いでしょう。

目を閉じるたびに鮮やかな色が見え隠れして、とても明るくオシャレな印象になります。

グリーン系やブルー系のアイシャドウは、色白の方にはあまり似合わないカラーですので、こういった色味のアイシャドウを使えるのは色黒の方の特権だとも言えるでしょう。

マスカラはブラックで引き締める

色黒の方にオススメなマスカラのカラーは、ブラックです。

色白の方であれば、ブラウン系などもやわらかい印象になって良いのですが、色黒の方がブラウン系のマスカラを使ってしまうと、肌の色味と同化してしまい、まつ毛があまり目立たなくなってしまいます。

そうなってしまうと逆効果ですので、マスカラは必ずブラックを使うようにしましょう。

赤いリップはNG

真っ赤なリップは、色黒の女性にはあまりオススメできません。

真っ赤なリップを塗ってしまうと、肌の色味と相まってどうしてもきつい印象やケバイ印象になってしまいがちだからです。

色黒女性にオススメなのがベージュ系やオレンジ系、コーラル系などのリップです。

こういったカラーを使えば、ナチュラルな美しさを強調することができますので、ぜひ試してみてください。

色黒肌の魅力を最大限に引き出すメイクをしよう

色黒な女性は「色白になりたい」と思う方も多いようですが、色黒女性には色黒女性にしかない魅力があることを忘れないことが大切です。

色黒だからこそ似合うメイクもたくさんありますので、自分なりのメイクのポイントを押さえて自分の肌の魅力を最大限に引き出すことができるようなメイクをすることが大切です。

肌の色味に自信を持てば、必ずステキなメイクができるはずですよ。

 

    「色黒な女性が似合うメイクのコツとポイント。色黒な肌だからこそ映えるメイク術」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く