秋葉原でデートをする時のオススメデートスポット

最終更新日:2015年6月18日

デートではどんなときでも楽しく盛り上がって、すてきな思い出を作りたいものです。

なじみのない場所に行くとなるほうが、その思いは強くなります。

秋葉原では、どんなところに行けば、楽しい思い出が作れるでしょうか。

秋葉原でのデートスポットをご紹介します。

1.秋葉原と言ったらやっぱり家電量販店めぐり

秋葉原と言ったら、やっぱり「家電の街」というイメージが強いのではないでしょうか。

いますぐに使いたい家電はとくにないのだけれども、というときでも、めぐって楽しいのが、家電量販店の魅力です。

家電を探しに行くときは、毎日の生活に密着するものを買う訳ですから、どうしても真剣な表情をしてしまいがちです。

ですが、必要な家電を買いに行くという訳ではなく、今後使ってみたいな、という家電を下見に行くときは、リラックスしてあれこれ商品をゆっくりながめるこころの余裕があります。

デートに大切なのは、こころの余裕です。

あれこれ家電をながめて、彼との今後を想像して楽しむのもいいのではないでしょうか。

冷蔵庫や洗濯機をながめて、彼との今後の生活に思いを馳せるのも楽しいものです。

くれぐれもデートで真剣な買い物をしようと考えないでください。

こころの余裕がなくなってしまいます。


2.近年の秋葉原の象徴であるメイドカフェに行ってみる

近年の秋葉原は、「家電の街」から「会いに行けるアイドルの街」へと変貌を遂げています。

いままではテレビで報道されているのをながめていただけだったというかたも、一度は話のタネにメイドカフェを訪れてみてはいかがでしょうか。

秋葉原の新たな顔を発見するとともに、自分の新たな表情も発見できるかもしれません。

最近では、海外からの旅行客のかたが秋葉原のメイドカフェを体験するという事例も珍しくなくなっています。

海外からのお客さんをおもてなししているメイドさんに、メイドカフェ流のおもてなしを受けるというのもまた楽しいのではないでしょうか。

かわいらしさを売りにしているメイドさんの服装や表情やしぐさなどから、今後彼氏にアピールできる自分のかわいらしさを研究するという気持ちで、メイドさんをながめてみるのもいいかもしれません。


3.AKB48の劇場に行ってみる

「会いに行けるアイドル」としていまや様々な世代から支持を集めるAKB48ですが、彼女たちの原点と言える劇場を見に行ってみるというのも楽しいでしょう。

熱狂的なファンのみなさんがいるので、公演を見るということは難しいと思いますが、劇場の外観を見て、AKB48の成長やいまの成功への道のりを感じてみるのも、またおもしろい経験になるでしょう。

男性のファンのかたばかりで近づきがたい雰囲気があるのではないか、と思われるかたもいらっしゃるでしょうが、AKB48には、女性のファンのかたもいるので、劇場に近づきがたい雰囲気があるということはありません。

AKB48の、ファンとの交流を大事にするというアイドルグループとして新しいイメージを打ち出した、親しみやすいアイドルの雰囲気だけでも感じてみましょう。

小さな劇場からいまや何千人もの観客を楽しませられるアイドルグループに成長したAKB48の軌跡を感じてみるのも、秋葉原ならではの経験になるでしょう。


4.土日祝日に行われる歩行者天国を歩いてみる

秋葉原名物である、歩行者天国を歩いてみるのも楽しい経験になるでしょう。

道の両脇には、秋葉原ならではのアニメやアイドルグッズ関連のお店が立ち並んでおり、歩行者天国を歩きながら、それらのお店をながめていくのもおもしろいでしょう。

車に注意を払わなくてもよいので、ゆっくり安心してお店をながめながら彼氏とのおしゃべりに専念することができます。

「あんなお店がある」とか「このお店はおもしろそう」とか、非日常の風景のおかげで会話が弾むことでしょう。

非日常の空間での彼氏との会話のなかから、いままで知らなかった彼氏の表情を垣間見ることができるかもしれません。

ひとは歩いているときに、思考が回転し、いままで思いつかなかったようなことまで話してしまうものです。

歩行者天国を歩きながら、彼氏との会話にいそしみましょう。

普段カフェで会話しているときとはまた違った話題に発展するかもしれません。

秋葉原で気軽に楽しくデートをしよう

ここまで、秋葉原でのデートスポットをご紹介してきましたが、彼氏と行ってみたいと思う場所はありましたか。

いままで知らなかった彼氏の表情を見たいと思ったら、非日常の空間へ行くことをオススメします。

非日常と言ったら、東京ディズニーリゾートが思い浮かびますが、東京ディズニーリゾートへ行くと思っていた以上に出費がかさんでしまうということはありませんか。

同じ非日常空間と言える秋葉原では、値の張る買い物でもしない限り出費は抑えられます。

日常の煩わしさから逃れて、非日常空間で彼氏と楽しい思い出をたくさん作っていきましょう。