あざとい女性の特徴。男性の前で態度を豹変させる

最終更新日:2016年2月21日

あざとい女性という言葉はよく耳にします。

特に同性から嫌われる女性の上位は「あざとい女性」というアンケート結果もよく見かけます。

常に計算高くて自分を良く見せようと必死な女性であるのは間違いありません。

あざとい女性の主な行動パターンをご紹介します。

1.泣けば許されると思っている

オーソドックスではありますが、ぶりっ子アピールが強い為、弱みを握られると泣き落としをすれば許されるという考えがあります。

若い頃や新人さんの頃ならばまだ許される行為ですが、いい年齢のおばさん世代になってもずっと悪びれもせずにこの様な行動を取り続けるのです。

同僚や周りはドン引きしていても、本人は全く気にしていません。

明らかに自分に非があるという様な場面においても泣きの演技を徹底します。

泣けば見方に付ける事が出来ると考えているイタイ面があります。


2.超がつくほどのぶりっこ、男性の前では態度が変わる

女性だけの前ではせっかちで仕事も喋り方も荒々しく、ドッタンバッタンと音を立てながら仕事を行うのですが、いざ、気になる男性や若い男性が近くに来ると突然女をアピールしだします。

そこに男性が来るまでは、おばさん口調丸出しで「あいよ」などという江戸っこ風な口調で喋っていたのに、急に態度がガラッと変わり鼻につく声で上目使いをしながら意中の男性に聞こえる様に喋り出すのです。


3.プライドがやたらと高く常に上から目線

やたらとプライドが高く、常に上から目線で自分を攻撃する様な人間に対しては悪口を徹底的に言いまくります。

プライドを傷つけられる行為を許せません。

他人から見て大した事がないという場合でも、このタイプの女は自分に絶対的な自信を持っています。

なので、自分よりも優れた能力を発揮する人がいたり、自分が欲しい物を持っている人を見ると許せないという思いが働き、その様な人間をターゲットにして負けない様にしようとします。

また、これとは違う話ですが、自分にはやたらと甘く他人には厳しい面があるので、いわゆるクレーマーになりやすいのもこの手のタイプに多くいます。

少しでも納得が出来ないとお客様センター等にアポを必ず取り、交換させるまで追い詰めます。

この辺りもあざとさを感じる一面です。


4.自分をわざと過小評価しているふりをする

あざとい女性はプライドがやたらと高いので、あえて自分を過小評価するかのような発言をしたりします。

心の中では全く思っていない様な事で自分を卑下する言い方をしたりしますが、実は周りからの「そんな事はないよ」という言葉を期待しているのです。

周りの視線を自分に集めたい一心で常に行動をします。

気をひきたくて仕方がないのです。

わざと自分をけなして周りから「そんな事はないよ、可愛いよ、キレイだよ」と言ってくれる事を常に期待しています。

気を使わせる様に無言の圧力を与える自己中な女です。

なのでどちらかというと、周りは自然と女性から離れていきますが同じ事を繰り返すのです。


5.自分の写真が大好き。自撮り大好き

あざとい女性というのは、自分がとても大好きです。

自分をとても可愛い、美人な人間だと思っています。

それゆえに自分の写真が大好きです。

とても写真や画像に執着をしていて自分が少しでも写りこんでいる写真や画像があろうものなら、必要以上に執着をして転送してとしつこく迫ってきます。

自分の可愛いと思ている画像をいつまでもとっておいて見せびらかすのです。

自分撮りをするのもとても大好きです。

自撮をしていてその画像をやたらと見せたがりコメントを貰いたがるというあざとい部分があります。


6.計算高く、いつも頭の中に綿密に考えられた台本がある

とにかくこの手の女性は365日の寝ている間以外のほとんどは自分の台本通りに行動をします。

自分の得になる事ばかりを考えて自分をアピールしていくのです。

自分を良く見せたいという願望が大変強いので損になるような事は絶対に避けてきます。

自分には無理だ、周りが気付いてしまうだろうという様な時は大胆な行動は控えます。

自分が恥じをかいたり、失敗をした場合の事までをよく考えておりその時の言い訳は常に頭の中に事前に用意をしている用意周到な面を持っています。


7.気になる男性がいるといないで態度を豹変させる

ぶりっ子はあざとくなくても出来ます。

女性ならば意中の男性の前で態度が変わってしまうのは仕方がないでしょう。

しかしあざとい女性はこの行動が手に取る程に著しく、誰が見てもわかるくらい豹変してしまうのです。

照れる恥ずかしいから大人しくするのではなく、気になる男性が目の前に現れた途端に「か弱い女性、可愛い女性」を演じ始めます。

声のトーンも全く変え始めます。

意中の男性がいない同性の中だけでは、演じるプレッシャーから解放されため込んだストレスを吐き出さんばかりに色々な人の悪口や愚痴をまくし立て始めます。

この様に明らかに状況により態度を豹変させるので特に同性からは嫌われやすい特徴があります。

あざとい女性にならないように気をつけよう

さり気なく女性らしさを見せたり、貪欲さも他人の目に余らない程度のものであれば良いのですが、あざとさを全面に押し出してしまうと確実に同性からは敵対心を持たれて相手にされなくなってしまいます。

自分だけが気付かないイタい女性にならない様に気を付けたいものですね。