しっかりしているイメージな女性の特徴。バランス良く行動をしよう

最終更新日:2016年2月21日

いろんな女性の中でも誰からでも信頼されてしっかりしているなあと思れている人いますよね。

今回はそんな”しっかりとした女性というイメージを持たれる女性”の特徴をご紹介します。

1.仕事ができるけどその事をひけらかさない

言われた仕事はてきぱきとどんな面倒くさいことも嫌な顔一つせずてきぱきとこなす。
そんな女性はできて当たり前だけどものすごく頼りになるというイメージがあります。

上司から見て何か雑用を頼む時この子には頼みにくいな・・・なんてイメージを持たれるようではいくら仕事ができても女性としてはハテナマークがついてしまいそうです。

お茶を出す時に味が薄すぎたり濃すぎたり湯呑みを片手で持って差し出したりとする女性は、PCの扱いは上手くてもしっかりした女性とは思われないでしょう。

2.自己管理ができる女性

自己管理と言ってもそんな大げさな事ではありません。
まず勤め先での机の上ここがきちんと整理整頓されていないと仕事はさばけません。

この間配られた資料どこにいったかな?と机の上や引き出しの中をやたらとさがしているあなた。
周囲はあなたの事何か頼むのに他の人より時間がかかりそうだな…というイメージを抱いているかもしれません。

〇時までこの雑用を済ませておいて〇時からミーティングルームで会議なので、15分前には席についておく女性。
当たり前のことを涼しい顔をして仕上げてくれるというのは周囲から見たらかなりしっかりしているというイメージになるでしょう。

スケジュール帳を見てみるときちんとスケジュールが書き込まれていて備忘録が記録されている。
おまけに毎日の使ったお金の管理もしてあったら本当に素晴らしいですね。

3.周囲に嫌な印象を与えない

何気ない世間話を聞く時もせかせかせず相手に合わせて笑顔で聞くことができる。
仕事まっしぐらもいいけど少しばっかりは余裕を持って世間話もできる。

地味ですがかなり大切なことになります。

例えば先輩の男性社員が野球の話をしている時「私って野球分からないんですよ」とあっさり話を切るのはあまりお勧めできません。

「わからないけど少しわかるようになってきました」とか「今朝新聞の見出しでその話題出ていましたね」とか一言付け加えるだけでも思いやりのある女性に見られるものです。

しらけた女性にならないように気を付けましょう。
つまらない事だと思えるような内容でも”話をうなずいて聞く”これだけでもしっかりとした女性に見られます。

4.他人様の労をねぎらうことができる

例えばお得意様との交渉で疲れて帰ってきた同僚や先輩の社員がいたとします。
さりげなくコーヒーを出してあげたり飴玉をさし出して「お疲れ様です」と一言添えてあげる。

この一言で疲れも吹き飛びやる気がわき起こるものです。
そういう気遣いのできる女性は継続して人気が出ます。

特に流し場の水道の蛇口など普段お掃除しないところをほんのいつも拭いてくれる人見えないところで頑張っている人をほめる。
あるいは人に褒められるからとか見返りを期待するのではなくそうした行為ができる女性って老若男女を問わず好かれるでしょう。

5.電話の応対や言葉使いがきちんとしてる

電話の応対の際に電話の相手には敬語を使い自社側の人間には敬称を用いない等、当たり前のマナーができないようでは電話に出るのにも周囲はひやひやしているかもしれません。

「あの人の応対は丁寧で親切だから良いよね」と思われる女性はさすがです。

忙しいからと言って相手にせかせかしている雰囲気が伝わるようでは電話の応対マナーとしては失格かもしれません。

会社の評判は製品がいいからではなく電話の応対が良かったから契約が取れることだってあるのです。
その辺を重々心得ておきましょう。

6.びっくりするような事があっても落ち着いて対応できる

例えばお得意さまからのクレームや納期が遅れそうなピンチとなる場合があります。

この時に驚いて動かないのではなくすぐ切り替えて前向きに対処する人はしっかりした女性というイメージを持たれます。
周りがパニックていても今できる最善の事をする女性って頼りになって本当に貴重な存在です。

後から周囲から「ありがとう助かったわ」と言われたら「わたしも本当はうろたえたんですよ」と本音をポロリと言うと更にイメージアップに繋がります。

バランスがとれた女性がしっかりしたイメージを持たれる

自立していて責任感があり仕事もできるけど自分は欠点もある女性だという謙虚さも持ち合わせた女性素敵ですよね。

そうしたバランスの取れた女性こそ周囲の人がつきあいやすくしっかりしていると認める女性と認める人だと思います。
皆さんもどうか賢くてしなやかな女性にをめざしていきましょう。