男性の好き避けサイン。脈ありか見抜こう

最終更新日:2015年7月13日

シャイな男性や草食系男子と呼ばれる男性の多くは、大胆に行動することがなかなか出来ず、好きなのにも関わらず、相手を避けてしまう「好き避け」な行動にでることがしばしば。

具体的に、そういう男性はどのような行動に出るのか、好きだからこそ避けてしまうパターンをご紹介します。

1.目線をそらす

好きな人を見ていたいと、男女問わず思うものですよね。

しかし、男性は不器用であり、計算がなかなか出来ないために、目があった瞬間に驚いて目を背けてしまう行動に出る人が多いです。

まさか、相手の女性が自分のことを見るであろうという予測もしていなかったために、急に目が合ってしまうと、照れと驚き、また好きという気持ちがバレてしまうのではという気持ちから、咄嗟に目線を女性からそらすことが多いのです。

目があったからと言って話しかけることも出来ないし、かといって視界に入っているときは常に見ていたいという思いが葛藤して、結局目があった瞬間、避けてしまうような行動に出てしまいます。

アクションを起こせないタイプの男性に見られる行動パターンでしょう。


2.不愛想になってしまう

相手を意識しすぎてしまうために緊張し、何を話せばいいのか内心ドキドキしている状態に、こうした不愛想な態度になってしまう男性もいます。

女性から見ると、「なぜ自分にだけ愛想が悪いんだろう」「私が何か悪いことしたのかな」と感じるほど、不愛想になる男性も見られるため、女性に誤解を与えやすいのも事実です。

しかし、その女性だけに意識が行っているため、頭の中ではどんな会話をすべきなのか、話すきっかけはどうすればいいかと必死に考えている可能性が高いです。

頭の中で色々試行錯誤しているため、常に頭の中は悩んでいる時と同じ状態。

他のことすらも考えられなくなり、つい真剣な表情になります。

真剣な表情をすると、笑顔を見せることも少なくなりますし、愛想よくふるまうには頭の中が混乱状態な為、結果的に不愛想になってしまうのです。


3.やきもちから場を離れる

男女複数人で食事をしたり、遊んでいる場合、女性が他の異性と話すことも見かけるのは当然です。

しかし、男性は他の異性と話していることにやきもちを焼いてしまうもの。

そこで「話すな」とは言えず、場の空気を保つためにも、その場から一旦自分が離れるという行動に出る男性も少なくありません。

他の異性と仲良くしているところを視界に入れたくない、見ていられないという気持ちから、居ても立っても居られない状況になり、一緒にいれるはずのその状況から立ち去ることもあるのです。

一見、楽しくないのかなと感じてしまうこともありますが、気持ちの整理がついたら、再度また戻ってくるものです。

女性のことが気になるし、他の異性に狙われても困るという心理が、離れて考えてる最中に湧き上がってくるからです。

他の男性と仲良くしているときにその場から逃げるという行動は、ある意味現実逃避でもあり、自分へのショックを軽くする行動ともいえるでしょう。


4.会話すらしない

好きな気持ちが強すぎて、あまりにも緊張が強く意識が強いと、会話すらしない場合も見受けられます。

よく女性の場合でも、好きな芸能人にあった時、いざとなると何を話していいのか分からず、ただただ見て終わるというパターンの人もいるかと思います。

それと同じで、男性は好きな気持ちを相手に知られたくないと思ってる時や、嫌いになられたくないという強い意識を持っていると、変に距離を置いてしまい、会話も出来ないという男性も中にはいるものです。

本当は話したいという欲求の葛藤と戦いながらも、自分が出来る精いっぱいの行動として、出来るだけ近くにいて視界に入るように行動しますが、いざ話すとなると、とても勇気がいるもので、会話は出来ないのです。

そんな男性には、女性の方から話しかけてあげることで、きっと笑顔を見せてくれ、徐々に会話も出来るようになってくるでしょう。


5.他の人が来るといなくなる

二人きりの時には会話が出来る男性でも、他の人がその場に一人でも来ると、その場から離れてしまうタイプの人です。

それが男性でも女性でも関係なく、他の人が会話に混ざることが気になり、自分から立ち去ります。

こうした男性に秘められいる感情は、他の人に自分の気持ちを悟られたくない、二人だけの空間を楽しみたい、他の人が入ることで会話の方向性が変わってしまうなど、色々な気持ちの表れです。

他の人に、自分の気持ちを知られてしまうと、面倒なことが起こったり、冷やかしを受けたり、女性に自分以外の所から気持ちがバレてしまうのではないかという思いから、二人きり以外の空間ではあまり接しないという行動に出ることもあるのです。

自分でこの気持ちをどうにかしたいと思っている人に多い行動かもしれません。

男性の好き避けパターンを見抜いて気持ちを探ろう

このように、好きだからこそ避けてしまうパターンには、その男性の気持ちの葛藤から起こることが多いのです。

肉食系男子のように、思ったことをすぐに口に出したり行動したりすることが苦手で、どうしても自分に素直になれず、結果的に避けるという行動に出てしまい、後悔することも日々あることでしょう。

しかし、こうしたシャイで草食系な男性のこうしたしぐさや行動を目にすることがあったら、観察してみるとその人の気持ちを探れるかもしれません。