話し合いをしたい女性
   

彼氏とまともに話し合いができない時の対処法5つ

彼氏の悩み 恋愛最終更新日:2016年4月12日

彼氏とケンカになってしまった時
ちゃんと話し合いをしたいけれど、彼氏がまともに話し合いをしてもらえない時があると思います。

そんな時、ちゃんと彼氏と話し合いができるようにするには、どうしたらいいのか対処方法をいくつかご紹介します。

1.話し合いたいことを明確に彼氏に伝える

どんなに話し合っても、ちゃんとした話し合いができないのならば、どんなことについて話し合いたいのかを、明確に彼氏に伝えることが大切です。

どんなことについて話し合いたいのかを理解できたのならば、ちゃんとした話し合いができるはずです。
それでもちゃんとした話し合いができないのであれば、紙にどんなことについて話し合いたいのかを書いて、彼氏の目の前に置いて、話し合いを進めたり、度々「○○についての話し合いだよ」と、話し合いたいことを伝えましょう。

2.まともに話し合いをしようと、はっきりと伝える

まともに話し合いたいのに、話し合えない時って、本当にイライラしてしまうと思います。

そんな時はケンカになりやすくなってしまうので、ケンカになる前に「これ以上まともな話し合いができないのならば、イライラするだけだし、ケンカになってしまいそうだから、ちゃんと話し合いをしよう」と彼氏に伝えることが大切です。

誰でも彼氏彼女とケンカするのは嫌なはずですから、ケンカになるくらいだったら、真面目にちゃんと話し合いをしようと思うはずです。

3.話がずれていたら、指摘をする

ちゃんと話し合いをしようとはしてくれているけれど、話題がどんどんずれていって元々話したかったこととかけ離れた話し合いになってしまっているということもよく起こる事態です。

話し合いたいことの話がなかなか進まず、解決もしないままになってしまうので、そんな時には「今そのことについて話しているんじゃないから、話を戻そう」と、はっきりと彼氏に伝えることが大切です。

そう言ってしまうと、少し彼氏も嫌な気分になるかもしれませんが、はっきりと伝えないまま、違うことについて話し合いをしていると、後々モヤモヤした気分になってしまうので、はっきりと伝えることが大切です。

4.落ち着いて話をしようと、前もって彼氏に伝える

話し合いをすると言うことは、重要なことではない限り話し合いまでにはならないので、場合によっては、カッとして怒ってしまったり、ケンカになってしまったりなどあると思います。

そうならないようにするためにも、話し合いをする前には、前もって彼氏に「今から○○のことで話し合いたいんだけど、ケンカしたくないから、落ち着いて話し合いをしよう」と伝えることが大切です。

前もって言っておくことによって、彼氏もケンカはしたくないはずなので、落ち着いて話し合いをしようと思うので、まともに話し合いをすることができます。

5.時間をあけて、また話し合うようにする

話し合いをしても、何を言ってもまともに話し合いができないのならば、
時間をあけて話し合いをすることが大切です。

話し合い中は、お互いカッとしてしまったりもあると思うので、時間をあけて、お互いが落ち着いてもう一度話し合いができる環境をつくりましょう。

,  

    「彼氏とまともに話し合いができない時の対処法5つ」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。