品がある女性の特徴。清潔感があり内面を磨いている上品な女性になろう

最終更新日:2016年2月21日

「品がある」と周りの人から思われている女性は、仕事においてもプライベートにおいても好感度が高く、あらゆるタイプの人から好かれます。
そのため、品があると思われている女性は、人生の色々なところで得をする傾向があると言えるでしょう。

では、「品がある」と周りの人から思われている女性には、具体的にどのような特徴があるのでしょうか。

1.清潔感のあるメイクやファッションを心掛けている

全体的に清潔感がある女性は、一目見ただけで「品がある」と思われます。

何となくの全体的な雰囲気だけでなく、ファッションやメイクなど、常に清潔感を意識している女性は、「きっと、生き方全てが折り目正しくきちんとしているに違いない」と思われ、品がある女性であると見られます。

又、清潔感のあるファッションやメイクは、見ている人に不快感を与えることがありません。
彼女たちはそのことをしっかりと理解しているのです。

「人様に不快感を与えないような装いを」という思いやりをもってそのような装いをしているため、外見のみならず、内面にも品性を兼ね備えていると思われるのです。


2.しゃべり方がゆっくり

しゃべり方には、その人の内面が全て表れると言います。
そのため、しゃべり方がゆっくりした女性は、おっとりしていて鷹揚なイメージを人々に抱かせ、「品のある女性だ」と思われるようになるのです。

「しゃべり方がゆっくり」という行動の裏には、「焦りがない」「ガツガツしていない」「何があっても、冷静にゆったり構えていられる」という内面の様子が隠されています。
そのため「どこか余裕を感じられる」という印象に繋がり、「この人は品が良いに違いない」と思う人が多くなるのです。


3.感情を露わにしない

品が良いと思われる女性の特徴の中で外せないのが、「感情を露わにしない」ということです。
彼女たちにももちろん、喜んだり悲しんだり、怒ったり泣いたりといったことはあります。

しかし、必要以上にそれをアピールしたりしないのです。
必要以上に感情表現をしないという落ち着きが、「品の良さ」という印象に繋がります。

感情を露わにすると、どうしても幼稚っぽい印象は拭えません。
それだと、「人間的に洗練されていない=品性とはかけ離れた存在である」と見られてしまいます。

しかし、感情表現をし過ぎないという態度は、「自分の感情に振り回されない落ち着きがある」「自分の感情の渦に、人を巻き込まない」といったイメージに繋がり、「品がある女性だ」と思われるのです。


4.姿勢が良く、歩き方が美しい

いくら装いだけで「清楚キャラ」を演じたとしても、立ち方・歩き方が悪いと、残念ながら品のある女性には見られません。
周りから「品がある」と思われる女性は、自分の立ち方・歩き方も意識しているのが大きな特徴です。

まず、彼女たちは常に姿勢が良いということが挙げられます。
姿勢を良くすることで心を正し、内面から品良くあろうと、常に努力しているのです。

次に歩き方です。
両脚を揃えてまっすぐ歩くことを意識しているため、誰から見て好感が持てます。
ガニ股だったり、必要以上に靴の音をバツバツ立てて歩くことは品がないことがとわかっているので、決してそのような歩き方をしないように気をつけているのです。


5.笑顔は美しいが、必要以上に大声で笑わない

品のある女性は、美しい笑顔の大切さを日々意識しています。
そのため、彼女たちの笑顔はとても美しい、ということが大きな特徴です。

しかし、美しい笑顔の大切さはわかっているものの、笑う時に、必要以上の大声を出して笑うことは決してありません。
大声で笑うという行為は、下手をすれば、周りに迷惑です。
いくら嬉しいこと・楽しいことがあったとしても、周りにまき散らしたような大笑いをするということは意識的に控えています。

そのため、彼女たちが発する笑いや笑顔は嫌みがなく、誰から見ても微笑ましいものです。


6.食べ方・飲み方が美しい

品がある女性は、飲食の席でその魅力を発揮します。
食事のマナーをはじめ、他の人が顔をしかめるような「汚い食べ方・飲み方」だけは絶対にしません。
ほれぼれするくらい美しく飲食するのです。

彼女たちは、飲食の席こそ、清潔感が最も要求される場であることをわかっています。
飲食の場は、みんなが気持ち良く、楽しく過ごす場なので、汚い食べ方・飲み方はその場の食事がおいしくなくなり、他の人が気分を害するということを、しっかり心得ているのです。

品がある女性の飲食の美しさは、形だけのマナーではなく、そのような思いやりに基づいたものなのです。


7.ものを丁寧に扱っている

品がある女性は、自分の手に取るもの全てを大切に扱います。
がつがつ・せかせかとものを扱えば、ものはすぐに壊れてしまいます。
「ものなんか、壊れたら買い替えればよい」という考えは、彼女たちから見たら「品性に欠ける考え方」なのです。

そのため、壊さないように両手で扱ったり、ものを静かに置いたりします。
これらの行動は全て、ものへの慈しみから来るものですが、それが結果としてエレガントな雰囲気を演出し、「品がある」という印象に繋がります。

品がある女性は日々内面も磨いている

品がある女性の行動は、「ただエレガントな形を作り上げたもの」ではなく、内面の落ち着きや思いやりから生まれるものであることがわかります。
それらは皆、一朝一夕では身に付かないものですが、だからこそ、その内面の豊かさが品の良さに繋がっているのです。

品の良い女性を目指すのであれば、エレガントな仕草の勉強と並行して、内面を豊かにし、大人の余裕を心の中に育てることも必要です。