彼氏にずっと大切にされる女性の特徴

最終更新日:2016年2月21日

付き合ってすぐはあんなにお姫様扱いされていたのに、だんだん適当な扱いになっていませんか?

釣った魚にエサはあげないという言葉もあるように、自分のものになった彼女は付き合い始めのころのような勢いがなくなるものです。
それが恋から愛に変わった証拠ともいえますが、女性としてはいつまでも大切にされたいですよね?

いつまでもお姫様扱いされる女性の特徴をご紹介します。

1.彼のことを否定しない

彼が話した内容をまずは一度しっかり受け止めています。
「そうね」「そうだよね」「わたしもそう思う」という言葉で彼の話したことを受け止めているのです。

逆に大切にされない彼女は「でもさ、」「それ違くない?」「なにそれ?!」という言葉で彼の行動や言動を否定してしまう傾向があるようです。

反論したいことがあったり彼が愚痴や不平不満しか話さなかったとしても「そうね!」「そういうこともあるかもしれないね!」と受け止める返答をすることで、いつまでも大切にされる彼女になれるのです。

2.自分をちゃんと持っている

「否定しない」と「自分をきちんと持っている」ことは一見矛盾しているように感じますが、実はまったく別物です。
否定しない=自分の意見を言わないということではありません。

彼から大切にされる彼女は、彼の意見を否定はしないものの、自分のスケジュールや自分の信念、考え方は決して曲げることはありません。
もちろん彼の考え方が尊敬できるものであれば徐々に近づいていくこともあるかもしれません。

しかし本当に大切にされている彼女の考え方に彼が合わせていっているのが現状です。

3.感情を表に出して喜ぶ

彼がしてくれたことすべてに大げさに喜びます。
レストランに連れていってくれたことだけでなく、そのレストランの食事がいかに美味しかったか、レストランの雰囲気や装飾があなたを楽しませてくれたことなど、細かく丁寧に何度も喜びます。

特に「初めて」というキラーワードを盛り込む努力も怠りません。

4.清潔感がある

彼からいつまでも大切にされる彼女は、体の関係になったり付き合いが長くなったとしても、だらしない格好や服装はしません。
これくらいならいいよね?という妥協を決してしません。

常に背筋をピンとさせて颯爽と歩き、疲れた表情を彼に見せることはありません。
清潔「感」が非常に重要なポイントです。

実際に毎日清潔にしていても、猫背だったり睡眠不足で顔色が悪かったりすると、途端に清潔感がなくなります。
つまり清潔感とは健康で元気がある状態のことをいうのです。

健康でいるためには、栄養バランスの取れた食事や適度な運動、規則正しい生活が求められるのです。

5.品がある

服装の清楚感である程度の品を出すこともできますが、やはり一番品格が出てしまうのが「言葉遣い」です。
いくら着飾ろうとも言葉遣いが粗野であれば途端に品がなくなってしまいます。

早口だとガサツな雰囲気を与えてしまうので、ゆっくりめに話すのがポイントです。
たとえば皇族の方の話し方を思い出してみてください。

国民に対してわかりやすい言葉でゆっくり丁寧に話されていますよね?もし早口だとしたら、いくら素晴らしいことを言っても、雰囲気で半減されてしまいます。

6.美味しそうに食べる

美味しそうにニコニコ食べる女性は、誰が見ても幸せそうな表情に思えます。
彼の前でニコニコ美味しそうに食べる女性はいつまでも大切にされるだけでなく、ずっと一緒にいたいと思わせる効果もあります。

食べながらニコニコするのが苦手な人はいつもより多めに「美味しい♪」と言ったり、「…本当に美味しい」と感慨深げに言うなど、アレンジしてみてください。

7.彼の意思を尊重する

彼がしたいと思うことすべて全力で支持します。
デートの日に仕事が入ってしまったら、決して文句は言いません。

むしろお仕事がんばってね!と応援しましょう。
彼が片道6時間かけて家まで送りたいというのであれば、急ぎの用事がなく時間が許すのであれば彼に送らせてあげましょう。

彼があなたと電話したいと連絡してくるのであれば通話することは可能ですが、あなたから連絡することは彼のスケジュールを考慮していることになりませんし、あなたが話したいと思ったタイミングが、彼の話したいタイミングではないこともあります。

つまりあなたから連絡することは、彼の意思を尊重していないことになります。
彼の意思を最大限に尊重するためには、あなたから連絡する頻度は彼からあなたへ連絡する頻度を超えることがあってはいけません。

彼の気持ちを精神的に満たすことがポイント

彼から本当に大切にされるために尽くしてしまう女性が大半かと思いますが、実は逆なのですね。
物理的や肉体的、経済的に尽くすのではなく、精神的に満たすことが何よりも重要となります。

恋愛に見返りを求めるとそれは途端に依存する関係となり、大切にされなくなってしまうのです。