生涯独身になる女性の特徴。生活力がありこだわりが強い

最終更新日:2016年2月21日

結婚したいと思っているのになかなか出会いがない・いい人がいない…と感じている女性も多いのではないでしょうか。

結婚を夢見る女性にとって一番避けたいのが「生涯独身」でしょう。

そこで今回は生涯独身になってしまう女性の特徴をご紹介します。

1.男性に頼らなくてもなんでもできる

女性が生涯独身でいるためには、経済的・体力的に男性に頼ることなく生きていける能力が必要です。

確かに、結婚すると男性の収入で女性は生活をしていくことが多くなります。

男性は女性よりも年収的にも安定していることが多いですし、出産や育児などがないので病気さえしなければ体力的にも定年まで働き続けることができます。

ですが、最近では女性の社会進出が進んでおり、有能な女性は男性よりも給料をもらって、定年まで働くことができ、しっかりと退職金をもらうことができます。

さらに、手に職を付けていたり、体力を使わないような職業の場合は男女の体力差は少なくなってくるのかもしれません。

つまり、男性に頼らなくても十分な生活をできる女性と言うのは「生活をしていくために結婚をしよう」と追い詰められない女性になります。

そのため婚活相手に妥協ができなかったり、仕事に時間を取られて気が付いたら結婚相談所などで男性から敬遠されてしまう年齢になってしまっていた…なんてこともあります。

さらに、男性に頼らなくても生きていける女性と言うのは生涯結婚をしなくてもお金はあります。

そして仕事で成功している人と言うのは人間関係に充実していることが多く、結婚には恵まれなくても人生としては勝ち組なので結婚に焦らないという特徴もあるのかもしれません。


2.こだわりが強い

結婚をするにあって重要になってくるのが「妥協と我慢」です。

そのため、リモコンはこの位置じゃないと嫌・お風呂の後は必ず拭き掃除をしないと嫌…などといったような自分ルールにこだわってしまう人は結婚することが難しく、最悪の場合は一生独身になってしまうことがあります。

こだわりが強い人というのは結婚のパートナーに求める条件も多いようで、理想が高すぎるだけでなくその理想にこだわって結婚相手を妥協して見つけることができず、その結果独身でいることにつながってしまうのです。

こだわりが強い人というのは自分のこだわりをやめるくらいなら「結婚を諦める」という選択をする人も多いようで、一生独身でもいいと考えている人も多くいるのかもしれません。


3.慎重すぎる

結婚というのは人生において一番と言っていいほど大きな選択でしょう。

そのため、結婚に関するさまざまなリスクを背負うことになります。

例えば、結婚後に旦那からのDVにあったり、義理の実家とうまくいかずにいじめやセクハラに会うなどの危険性も考えられますし、配偶者となった旦那さんが借金などをしてお金に苦労することになったり…結婚をすることによって不幸になってしまう人も数多くいるのです。

そのため、結婚をする前はとても慎重になってしまいますよね。

彼の本性や借金の有無、彼の両親や兄弟のこと、彼の仕事のことや住む場所のこと、子供の有無や老後の計画など自分ができるだけ幸せな生活を送れるような相手を選びたいものです。

ですが、結婚はタイミングとよく言うように、たとえカップルでもタイミングを逃してしまえば結婚まで至らないことも多くあるようで、その慎重さ故の一瞬の躊躇が致命傷になってしまいます。

さらに、友人などとの結婚を逃してしまうと婚活パーティーや結婚相談所などのさらに素性のわかりにくい男性との結婚を考えなければならなくなってしまいます。

実際に婚活パーティーや結婚相談所を利用した結婚詐欺なども横行しており簡単には結婚に踏み切ることができなくなってしまいます。

慎重なことは自分の身を守るためにとてもいいことですが、少しの大胆さがないと結婚というタイミングを逃して独身のままずるずるとチャンスが少なくなってしまう年まで過ぎてしまうようです。


4.両親が結婚を望んでいない

実家がとてもお金持ちで、男性と結婚しなくても何不自由なく暮らせる女性と言うのは男性につくして家事をしたり育児をしたりするよりも実家でのんびり過ごしているほうが楽だと感じているのかもしれません。

両親も娘を嫁に出してしまうよりもそばにいてもらう方がいいと考えている場合もありますし、最近では未婚のシングルマザーと言って結婚はせずに独身のまま子供を育てていくケースもあります。

実家がお金持ちで子供も不自由なく教育を受けることができるのであれば男性と結婚して尽くさなくてもいいというのは女性にとってある種の幸せの形なのかもしれません。

生涯独身になる女性の特徴を知ろう

生涯独身になってしまう女性の特徴が一つでも当てはまったでしょうか。

独身でいるのが嫌であれば少し改善してみると良いでしょう。