一目惚れをされた時の対処法。男性からのアプローチをどう返す?

最終更新日:2015年2月18日

恋愛には様々な始まり方があり、一目惚れもそのひとつです。
言葉だけ聞くとロマンチックですが、はっきり言って全く知らない人に惚れられるというのは戸惑うもの。
自分が実際一目惚れをされた時、どう対処すべきなのか考えておくのもよいかもしれません。

1.自分のどこが好みだったのか尋ねる

今まで見たこともない人から「あなたに一目惚れをしました」と言われて、嬉しい反面戸惑わない人はいないはずです。
それに一目惚れ=外見が好みだったととらえて、相手は自分の中身ではなく顔だけに惚れたのだと警戒してしまうかもしれません。

まず一目惚れをしたと告白された時は、相手が自分のどこに一目惚れしたのかを尋ねましょう。

また、一目惚れから告白される場合、相手が自分の知らない人物である場合が多いです。
ストーカーによる被害も少なくはない今の世の中。

会ったこともない人からずっと見られていたというのは、女性からしてみれば怖いと感じてしまっても不思議ではありません。
相手が自分をどこで見かけてどのような所に一目惚れをしたのか、把握しておくことが初対面の人物から告白された時の対処と言えるでしょう。

2.メールでやり取りをする

あまり親しくない人物ゆえ、まず相手のことを理解する時間が必要といえます。
一目惚れから告白された相手のことが少しでも気になる場合は、まず連絡先を交換するとよいでしょう。
親しくなるにはまず文字から。

顔を会わせないので緊張もしにくく、また文面からならお互いのことを効率的に尋ね合うことができますよ。
メールという手段からは相手のプロフィールだけではなく、性格を分析することも可能です。
もしメールを返してくるのが早ければ真面目な印象を受けますし、ごちゃごちゃと長い文章を一通ごとに送ってくる人は面倒くさい人だと感じるでしょう。

少しの間やりとりし、相手と自分の話が合いそうか判断しましょう。
このメールでの交流をしないうちにいきなり相手と会う約束をしても、告白された時点では相手の性格が一切分からないので、実際に会った時に後悔する可能性があります。

まずデートをする前に、メールで相手の性格や心理を探った方が無難なのです。

3.きっぱり断る

もし一目惚れをしたと言われて、この人とはこの先付き合うことはないと判断した時は、きっぱり断りましょう。
あいまいな返事しかせず中途半端に交流が生まれてしまうと、相手は拒絶されていないと感じてますますアピールしてくる可能性があります。

また、ある程度仲良くなってしまえば断りにくくなってしまうかもしれません。
最悪の場合、「思わせぶりな態度をとられた挙句にふられた」と相手を怒らせてしまう可能性もありうるのです。

関係が浅いうちなら縁も切りやすいもの。
これから先交流する気がないのなら、最初のうちに断っておいた方がよいですね。

4.人目の多い所でデートする

見ず知らずの人から告白されることに戸惑いつつも、一目惚れから恋愛関係に発展し、そのままゴールインしたというカップルも数多く存在しています。
絆を深めるには、より多くの時間を2人で過ごすことが大切。

もしも相手に好印象を持った場合には、一度デートをしてみてもよいでしょう。
ここでひとつ注意したいのが、デート先は人目の多い場所を選ぶこと。

どんなに相手の印象が良くても、まだ知り合って間もないことを忘れてはいけません。
もしかしたら今は良い人のふりをしているだけで、2人きりになった途端に豹変するかもしれないのです。

そんな時に後悔するのは、迂闊だった自分自身。
まだそこまで親しくない相手とのデートは、人の目が多い遊園地やショッピングセンターなどにしましょう。

デートを終える時間も早めに設定し、暗くなる前に切り上げるようにして下さい。
信用できる人と判断するまでは、警戒心を強めに保っておくことをおすすめします。

5.時間が経って縁が切れるのを待つ

突然の告白に驚き、その時点では相手とこの先交流があるかを判断できない人もいるかもしれません。
連絡先を受け取り別れたものの、返事を伝えるには連絡するしかない。

しかし見ず知らずの相手に自分の連絡先を知られたくない…と考えてしまうこともあるのではないでしょうか?
相手が知らない人の場合は、向こうがどんな人物か分からないゆえに告白されてもその場ですぐ断るのは難しいですよね。

もしも自分の連絡先を相手に教えたくない時は、少々失礼にあたっても返事をしないまま時が経つのを待った方が無難でしょう。
相手は告白の返事を待っているかもしれませんが、1か月も返事が来なければ諦めるはず。

迂闊に連絡先を教えて執着され、迷惑メールや電話に悩まされるよりは、そのままフェードアウトした方が被害は少ないのです。
告白後、相手に返事を伝える手段が連絡するしかない人は、本当に自分の連絡先を教えていいのか考える必要があるでしょう。

信頼できる人と分かるまでは警戒をとかないこと

若い女性の犯罪被害が多い今、一目惚れしたと嘘をついて近づいてくる可能性も否定できません。
結局、本当に自分の身を守るのは自分自身の判断。
あまり親しくない相手には、この人は信頼できると確認するまで警戒を解いてはならないのです。

とはいえ純粋に一目惚れをして、告白する人がいるのも確か。
時間をかけて相手の本心を見極め、これからどう付き合っていくかじっくり考えることが大切ですね。