「元カノは特別な存在だ」と言う彼氏の心理とは

最終更新日:2017年3月1日

好きな彼氏から「元カノは特別な存在だ」と言われたら、ショックを受けたり傷ついたり、時にその言葉がトラウマになってしまうこともあるでしょう。

このように言う彼氏は少し無神経かもしれませんが、そこには未練以外にも考えられる思いが隠されていることもあります。

元カノは特別な存在だと言う彼氏の心理とは一体どんな心理なのでしょうか。

1.元カノがいたから、今の彼女と付き合っていると感謝の思い

元カノとの別れがあったからこそ、今のあなたと付き合えているという感謝の思いで、元カノを特別な存在だと言っているケースです。

例えば、あなたと彼が友達という関係でいる時に、元カノが浮気をし、裏切られた形で別れることになったということが考えられます。

ただ彼の中では、友達という関係でありながらもあなたのことを気になる人だと思っていたら、元カノが浮気をしてくれたことによって、あなたと付き合えることになったと感謝の思いを持つこともあるでしょう。

元カノの存在がなかったら、逆に今の彼女と会えていなかったかもしれない。

マンネリのまま付き合い続けて好きな気持ちに気付けていなかったかもしれない。

そんな思いから、元カノを特別な存在だと言っているとしたら、あなたにとって嬉しい言葉に変化するでしょう。

2.元カノのようになってほしい

元カノが自分にとってとても理想的な人だったり、未練を残すような人だった場合、無神経にも今の彼女に言ってしまうことがあります。

ただそこには「元カノのようになってほしい」「元カノに近づけるよう努力してほしい」という思いが隠されており、自分に元カノの存在を重ね合わせていることもあります。

こうした思いで言ってくる彼氏であれば、この先考えが変わったり、今の彼女を大切にするということは、よっぽどのことがないとないでしょう。

平気で元カノの話を出す、そして元カノへの思いを断ち切れていないことが分かる言葉を言う彼には、見切りをつけた方が良いかもしれませんね。

比べられながら、または理想の形として例に出されるようであれば、あなたを傷つけていること以上に、自分の思いが大切だということ。

そんな彼とはこれから続けていっても、関係が上手くいかないことは想像できるでしょう。

3.自分を変えてくれた恩人

「好き」「まだ忘れられない」という思いの他にも、元カノへの思いが残るケースがあります。

自分を変えてくれた「恩人」的な存在だと思っていれば、特別な存在になることもあるでしょう。

例えば、恋愛を全く知らない彼が、元カノの指導によって恋愛を楽しむことができるようになり、女性との関わり方を知り、一回り大きくなれた自分ができたら、それは元カノが自分を変えてくれたと感じるでしょう。

一緒に同じ時間を共有することで、楽しみながら成長できたと感じることができた人は、元カノへの思いがこんな形で残ることもあります。

また元カノと付き合いたいとか、久しぶりに会いたいという気持ちではなく、単に「こんな俺にしてくれてありがとう」とか「変えてくれて嬉しい」という思いであれば、彼女として今は気にすることではありません。

そんな成長した彼を好きになったあなたは、むしろ過去の彼がどんな人だったか知ったり、どんな成長を成し遂げたかを知ると、もっと彼の深い本質に気付けるかもしれませんね。

4.今までにいないタイプの人だったと思っている

良い意味でも悪い意味でも、これまでの彼の人生の中で「こんな人もう出会うことないだろう」と思える人であれば、元カノは特別な存在になることもあるでしょう。

例えば、自分が悪いことをしたり、嘘をついたとしても、笑いながら許してくれて、信用し続けてくれ、元カノから裏切られることもなかった。

大抵元カノ以外の女性であれば、どこかで愛想を尽かしたり、ケンカになったり、逆に仕返しとして裏切ってきたりと、痛い目に合うことが当たり前です。

元カノはまるで仏様のような存在で、他に類をみない存在だと感じていれば、特別な存在だと彼も言うでしょう。

出会ったことがないタイプの人、これからもいないようなタイプの人、存在したことが夢のような人には、このような思いから特別視するかもしれません。

「普通」じゃない元カノのことは、男性はよく覚えているもので、記憶から消えない存在となりやすく、時間が経ってもなかなか忘れられないもの。

「変わった人だったな」「これからもあんなタイプには出会わないだろうな」「変な奴と付き合ったな」くらいの思いであり、あなたが心配になる必要は今のところないでしょう。

元カノが特別な存在だと言う彼氏の心理を知ろう

「元カノは特別な存在だ」と言われたら、自分にとって良い意味で言われたとしてもなんだか嫌な気持ちになってしまうものですよね。

好きな彼が、自分とは違う人のことを「特別」と言っていたら、誰だって嫉妬ややきもちを抱くものです。

その言葉の真意を知ることで、気持ちが楽になれることもあります。

「それってどういう意味?」と少し彼の心理を訪ねてみると、不安が解消されるかもしれません。